ちょっとした近況

-----------------------------------------------
雑雑とした呟きとか、仕事の愚痴とか、後に残したらマズイだろうなという壊れた叫びとか、そういうコーナーです。
従って、ここで書いた内容は、保存はせず内容は日替わり、コメントも受付しません。
-----------------------------------------------

今年度は欧州遠征なし。
しくしく。

|

2016年7月18日 (月)

ミハイル・プレトニョフ 協奏曲の夕べ

協奏曲の夕べ
2016年7月1日(金) 19:00
東京オペラシティ コンサートホール

スクリャービン: ピアノ協奏曲 嬰ヘ短調
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18

皆さま、お久しぶりです。
しばらくブログ休眠状態でしたが、今月のプレトニョフがなかなか衝撃的だったので、なんとなくまとめておこうかなと。

多忙なこともあって、協奏曲とリサイタル、どちらにしようかなぁと迷ってとりあえず協奏曲に行ったのが7月頭。
協奏曲を2曲聴いて、これは何が何でもリサイタルも行かねばなるまい・・・と決心し、なんとかオペラシティに行って完璧に降参、勢いで翌日の東京文化会館にも行き、ついでに週末の豊田市コンサートホールまで遠征するという大事に。
予想外に、ミーシャ祭りに入ってしまいました。
いやだってTOCがホント凄かったんですもん。。。

協奏曲は、席のチョイスが若干悪くてピアノが聴きづらく、若干欲求不満に。
2Fバルコンでしたが、もうちょっとピアノの蓋が開いている方の延長線上に座るべきだったなと。
あと、オケもちょっと鳴らし過ぎだと思いましたが。

スクリャービンのピアノ協奏曲は初めて聴きました(すみません)。
スクリャービン、プレトニョフと相性が良い作曲家だろうとは思っていましたが、思った通り。
初っぱなから、マジカルな音の響きに心臓鷲掴み状態でした。
精彩な響きのコントロールと、音色の色彩感といった、プレトニョフ最大の美点が存分に発揮されました。

ラフマニノフの2番は、分散和音から始まり、全体的に重厚さがあまり感じられない解釈。
メロディの美しさが際立ち、音楽の流れも流麗ながら、どこか冷ややかさもあるのがプレトニョフ流、でしょうか。
ベタに甘い、情緒的な演奏に慣れている身としては、なんとも不思議な印象もありました。
やっぱり普通じゃないよね、この人。。。

オケはごくオーソドックスな演奏でしたが、ピアノとオケの奏でる音楽がもう別物。
どのくらい別物かというと、全く違う音楽が同時に鳴ってるような気がするくらい。
拍がズレてるとかそういうことではなくて、そもそも指揮者&オケとピアニストが見てる世界が違う、ということなんだろうと思うのですが。
リハはしているんでしょうけれど、プレトヨフの独特のフレージングにオケがすぐに反応できるものでもないのでしょうね。
プレトニョフはその変のギャップはどこ吹く風という感じで、悠然とやりたいようにやってる、という風に見えました。

技術的には、プレトニョフの全盛期(ピアニスト引退前)の演奏を基準にしてしまうと、やや晩年様式か?と思うようなところもなくはないですが、メロディアスで甘美、それでいてどこか突き放した感もある演奏は、やはり唯一無二のものだと思いました。
この突き放したような感じ、ある意味とりつく島が無いようにも聞こえますが、プレトニョフは独特の歌い回しを織り交ぜながら、旋律の美しさをクリアに浮き上がらせていました。
とことん繊細な弱音のコントロールは見事としか言いようがなく、特に中高音域の響きの麗しさはもはやマジックの領域。
いかにもロマン主義的な感情、パッションの発露とは一線を画したスタイルで、演奏を通じて奏者の感情の動きを読みとるのは非常に困難ですが、出てきた音楽の「形」が、とにかく素晴らしい。
ちっとも感情移入できないのに、どうしてこんなに心動かされるのだろうか、と思います。
音楽の極めて純粋な形、奏者によって注意深く練磨された類い稀な美しさに触れることによる感動、ということになるんだろうと思います。

アンコールはラフマニノフのエレジーop.3-1でした。

リサイタルに続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

Piotr, Happy Birthday!

April 4 is (was) Piotr Anderszewski's 47th birthday.
Happy belated birthday!!
You are a gift to the world.
I hope you have a beautiful day and this is the begining of your greatest, most wonderful year ever!


またちょっと遅れてしまいましたが、ぴおとるさん、お誕生日おめでとうございました。
ヨーロッパはまだ4月4日なのでお許しを。
今サバティカル中のようですが、いつ頃お戻りでしょうかね~。
この機に少しレパートリーを増やしていただければ嬉しいです。
何はともあれ、ハッピーで充実した1年をお過ごしいただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

Happy Birthday Mr. Zimerman !!

5th December was Krystian Zimerman's birthday.

Happy belated birthday, Mr. Zimerman !!
Wishing you joy, success and happiness in life!

I am looking forward to the next concert in Nagoya, and more.

まだヨーロッパは5日だし、と思ってのんびりしてたんですが、ツィメルマンさん、ツアー中で日本にいらっしゃるんですよね。
というわけで、遅ればせながら、お誕生日おめでとうございました。
12月5日に59歳におなりですね~。
健康で幸せな1年をお過ごしいただければ、と思います。

来週、名古屋に参りますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月30日 (月)

WEEKEND PIANO SERIES 休日に燦めくピアノの響き クリスチャン・ツィメルマン

WEEKEND PIANO SERIES 休日に燦めくピアノの響き クリスチャン・ツィメルマン
2015年11月29日(日)17:00開演 所沢ミューズ アークホール

オール・シューベルト・プログラム
7つの軽快な変奏曲 ト長調
ピアノ・ソナタ 第20番 イ長調 D959
ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D960

ツィメルマンの所沢公演、皆勤賞更新中です。
2006年、2007年(クレーメルとのデュオ)、2009年、2010年、2012年、2013年、そして今回2015年。
いやはや、我ながら偉い、というか酔狂と思う。。。

さて、所沢ミューズ公演、まぁなんだ、色々ありました。
まず、隣の人が前半盛大に寝こけてて、寝息がやかましくて辛かったというのが一つ。
寝るなとは言わんが、うー、結構耳障りだったんですよねぇ。
起きたと思ったらチラシをバサバサ落とすし、色々残念な感じでした。
あと、21番の2楽章で、1階中央あたりで尋常じゃない大いびきをかく人あり。
ホールの方も大分バタバタしていたけれど、結局最後までいたのかな?
終演時には救急車が来てましたが、大丈夫だったんだろうか…。
あとは鈴を鳴らす人がいたり、アメの袋を開けるガサゴソが響き渡ったりで、なんだかんだと集中できず。

さて、プログラムは、シューベルトの軽快な7つの変奏曲、ソナタ20番(D959)、21番(D960)。
1曲めは、素朴で愛らしい主題が美しく伸びやかに、時に哀愁を帯びて、軽やかに、そして典雅に、表情豊かに変奏していきます。
いきなりソナタの大曲から始まるより、この一曲でお互いウォーミングアップした方が良い、という感じでしょうかね。
枕というかクッションというか。
まぁでも、枕でも何でも、こういうなんてことない曲を(前座色濃厚とはいえ)「聴かせる」ことができるのは、ツィメルマンさんの類稀な美音、音のクラリティあってのことだろうと思います。

なお、所沢ミューズは響きが大層芳醇ですが、締まりの無い響きではないというか、非常にすっきりとした響き方をするホールで、ツィメルマンのピアノとも実に好相性だと思います。
7つの変奏曲でも、ホールの響きと上手く折り合いをつけている印象がありました。

20番では響きに幻想性が加わり、とても夢幻的でした。
テンポはやはり速めでさくさくした印象もありましたが、旋律から旋律への流れ、曲想の個々の塊の間の繋がりはすこぶる良好で、曲が有機的に流れていく様子が目に見えるような印象がありました。
曲が上手く流れていくと、あわせて時間の流れみたいなものも感じられて、それ故に、連続する物語のようにも感じられるという側面があろうかと思います。

20番は取り留めない印象もありますが、そんなわけで、この日は流れが自然で、今私はどこにいるんだろう?と思う瞬間が無く、聞こえてくる旋律にそのままついて行けば大丈夫、というような安心感がありました。
ニュアンスの豊かさは言うに及ばず、エモーション、気分の移り変わりも繊細かつ明瞭に描写されており、色々な意味で聞き手を迷わせない演奏だったと思います。

全体的にウェットな方向に流れず、テンポが粘ることもあまり無く、むしろ軽さが天に向かうような明るさがありました。
曲としての流れの自然さ、全体のまとまりの良さが際立つ分、最終楽章の楽想の断絶に非常に大きなインパクトがありました。
奏者も聴き手も、シューベルトの思考の流れとふとした停滞、精神のぼっかりとあいた空白のようなを見つめる瞬間、あるいは作曲家の心の深淵を覗き込むような時間であり空間であったと思います。


後半はシューベルトの21番。
やはりテンポは速めですが、冒頭の優しく穏やかな主題は、雑念が削ぎ落とされて澄みわたった精神が目の前に立ち現れる、そんな趣でした。
長調から短調に切りかわり、時に転調し、メランコリーや哀愁もにじみ。
明から暗、暗から明へといった、気分の移り変わりが丁寧に描写されていきます。

1楽章は、音楽が広大な地平に広がっていき、そしてまたスタート地点(主題)に戻ってくる様子が丹念に提示されます。
寄せては返す波のように、少しずつ姿を変えながら拡大と収束を繰り返す楽想。
行きつ戻りつする音楽に身を委ねながら、ああこれは旅なんだな、と、ふと気が付きます。
旅というよりはむしろ、紆余曲折する人生を今まさに体験しているのだなと。

2楽章は、作曲家の内面世界に深く沈みこんでいくかのようであり、あるいは、悲しみを抑制して歩みを進める様子を眺めているようでもありました。
やがて曲想は暗から明に移り変わりますが、明るさに希望と強さを感じると同時に、どこか切なさを覚えます。
3楽章は軽快な愛らしさに満ち、ツィメルマン本人も楽しそうでした。
4楽章は諧謔、軽快さの合間に高揚と激情を見せつつ、収束します。
でも、必ずしも大団円、めでたしめでたしという風にも聴こえないのですよね。
人生という旅は、そんなに単純なものではないよ、とでも言いたげな。
その辺がベートーヴェンとは決定的に違うところかな。
個人的には、ベートーヴェンの曲の英雄的な有り様よりは、大分親近感が沸くような気がします。


次は名古屋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル