« The Tale of Despereaux | トップページ | ニューイヤー・コンサート1989 »

2005年4月28日 (木)

クライバーDVDボックス

やや血迷い気味に、「Carlos Kleiber The Legend」なるDVDボックスを購入。

モーツァルト:交響曲第36番ハ長調 K.425《リンツ》
クライバー(カルロス) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 モーツァルト
ユニバーサルクラシック 2004-12-22


by G-Tools
交響曲第4番ホ長調 作品98
クライバー(カルロス) バイエルン国立管弦楽団 ブラームス
ユニバーサルクラシック 2004-12-08


by G-Tools
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 作品92
クライバー(カルロス) ベートーヴェン ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ユニバーサルクラシック 2004-12-22


by G-Tools
ニューイヤー・コンサート1989
クライバー(カルロス) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 J.シュトラウス
ユニバーサルクラシック 2004-12-22


by G-Tools
ニューイヤー・コンサート1992
クライバー(カルロス) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ニコライ
ユニバーサルクラシック 2004-12-22


by G-Tools

以上5枚、輸入版リージョンフリー、NTSCのDVDのセットで、アマゾンには扱いが無く(バラは売ってる)、HMVで購入。バラ売りのものよりもセット物の方が音質が良いらしい。

クライバーという人は無茶苦茶レパートリーの少ない指揮者で、しかも振る曲振る曲、ことごとく私の好みの範疇外の曲ばかりだったもんだから、イマイチ一生懸命追いかける気になれない指揮者だった。お正月の生中継のニューイヤーコンサートでは流麗で楽しげな指揮ぶりにホレボレとしたし、「ワーグナー : 楽劇「トリスタンとイゾルデ」全曲>」はかねてより愛聴CDではあったんだけど。

基本的に私はベートーヴェンが好きじゃない。ピアノとかで弾くのも嫌だし、CDもほとんど買わない。それが何を思ったのかいまだによく思い出せないんだけど、なぜかクライバーの「ベートーヴェン:交響曲第5&7番」を「ぽちっとな」していた。5番なんか(←失礼です)今更聞く気はさらさら無かったし、「のだめ」で出てきたのは3番だったから7番を聞く動機も無い※。ほとんどはずみか交通事故みたいなものである。
まぁでも、これが目からウロコ体験だった。特に5番よりも7番!どうしてこんな曲(←失礼です)がこんなに面白くなるのか、スゴイ謎なんだが。すごく構築的な演奏なんだけど、カッコよくてはつらつとしてて、透明感と刃物みたいな切れ味と大波のようなドライヴ感が混在。これほどダサくないベートーヴェンは初めてです。完敗。
DVDでも7番見てるけど、やっぱりカッコいい。

というわけで、しばらくはクラシック月間の予感。

※(訂正)7番も2巻に出てきます。Sオケというと3番の印象が強くてすっかり忘れてました。

|

« The Tale of Despereaux | トップページ | ニューイヤー・コンサート1989 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

お仕事ひと段落おめでとうございます。
本当に長かったですよね。

とりあえずこれでいろいろ
読み放題とか、
飲み放題とか(!)、
観放題、聴き放題
ができるのでしょうか?(^^)

投稿: gyoku-to | 2005年4月29日 (金) 20:09

いらっしゃいませ(^^)。

>お仕事ひと段落おめでとうございます。
どうもありがとうございます。グチをきいていただいたりして、とても励みになりましたです。

まずは多忙中にストレスで購入したDVDの消化と、積読解消が目標です。あと映画も見たいしなぁ。。。またもや、1日3本決行しようかしら(^^;)。

でも、まずは、買いだめしてある紅茶でも飲みながら、何もしないでダラダラするお休みを過ごしたいかも。こういう時、音楽DVDはさほど一生懸命見る必要が無いので、なかなか良い感じです。

投稿: 青猫 | 2005年4月30日 (土) 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/3888802

この記事へのトラックバック一覧です: クライバーDVDボックス:

» 多読に苦行は似合わない! [使える英語力構築への道]
多読とは、読んで字の如く、本をたくさん読むこと。 全くもって、簡単。 しかし、そ [続きを読む]

受信: 2005年4月30日 (土) 11:29

« The Tale of Despereaux | トップページ | ニューイヤー・コンサート1989 »