« 旅のお供 | トップページ | ダージリンファーストフラッシュの季節 »

2005年4月18日 (月)

久々に読書タイム

というわけで、下記のブツをお供に旅先からこんにちは。
移動中はほとんど寝てたけど、好きな時に読書できるのは嬉しいことこの上なし。

石川淳の「紫苑物語」、とりあえず「修羅」のみ読んだ。美麗な文章。久々に綺麗な日本語に出会った。シビれます。たまにはこういうのを読まないと、どんどん語彙が貧困になっていく気がする。

The Tale of Despereaux
違うお話3つが最後に1つに収束するようだけど、現在3つ目を読書中。さてどう落としてくるのだろうか。

クライバーのベートーヴェン:交響曲第5&7番
いわゆる「運命」。そういえばちゃんとフルサイズを聴いたことって無かったかも。ふーむ、こういう曲なのね、とかなり新鮮。今まで抱いてきたイメージよりもずっと良い曲だ。これまで私が聴いてきたベートーヴェンは、ベートーヴェンじゃなかったのだろうかという気すらしてくる。今までベートーヴェンをカッコいいと思ったことはなかったけど(どちらかといえば好きじゃない)、いやー、カッコいいです。
7番は今聴いてるところ。出だしから超クール。スタイリッシュの極み。
それにしても、この弦の色艶はいったい何なんだろう。これがクライバーマジックなんだろうなぁ、やっぱり。

|

« 旅のお供 | トップページ | ダージリンファーストフラッシュの季節 »

洋書多読(児童書・絵本)」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/3746715

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に読書タイム:

« 旅のお供 | トップページ | ダージリンファーストフラッシュの季節 »