« 欲しいもの | トップページ | Seen Art? »

2005年6月14日 (火)

甘味大王

いまだ旅の途上で日々転々としてるけど、本日は京都。京都で仕事が終わってどこに行くかというと、喫茶店でもご飯処でも飲み屋でもなく、菓子屋。

とはいえ、路面店を一店一店回る暇は無いし、基本的に京都の菓子屋は店仕舞いが早かったりするので、デパ地下の和菓子コーナーへ行って、小1時間ハンティング。
ひたすら悩んだ挙句、以下のお品を持ち帰り。

仙太郎「ご存じ最中」。でっかいけど、皮が香ばしいしアンコがあっさり上品目で、普段アンコは食べない私でも1個飽きずに食べられる。

京都高台寺洛匠「草わらびもち」。ほよほよ、ぷるぷる、結構弾力もある。ほんのり抹茶味で、あまり甘くなくて清々しい。文の助茶屋の「わらび餅」も試食したけど、文の助茶屋は食感がもっと柔らかかった。個人的には洛匠の方が好み。

亀屋清永「清浄歓喜団」。奈良時代まで遡るながーい歴史を持つお菓子ということで、話のネタに買ってみた。まだ食べてません。なお、ここの「月影」は、数日前に自分用と土産用に大量にゲット済み。胡桃入りの黒砂糖系羊羹で、これが美味しいんですよ、ホント。。。

鼓月「京むらさき」。これもまだ。

あああ、こんなに買ってて良いのかな。でもお酒よりは安上がりだから良いことにしておこう。そうしよう。

|

« 欲しいもの | トップページ | Seen Art? »

お茶と甘い物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、青猫さま。
私も今月末に京都行きを計画しています。(仕事ではなく”現実逃避”の一人旅)
お菓子に目のない私としては、この「甘味大王」はぜひとも参考にさせていただきますね(メモ、メモ、、、)

投稿: 小手毬 | 2005年6月15日 (水) 23:49

京都一人旅ですか。一人旅も気楽で楽しいですよね。
どうぞ、お気をつけていってらっしゃいませ(^^)。

京都は、甘党には本当に天国です。そこかしこの喫茶コーナーでお抹茶がいただけるのも魅力ですし。

あ、清浄歓喜団は予想よりも美味しかったです。奈良時代に遣唐使によって伝えられたお菓子ということで、いわゆる京菓子のイメージとはかなり違いますけど。古式ゆかしいお味でした。

投稿: 青猫 | 2005年6月16日 (木) 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/4556148

この記事へのトラックバック一覧です: 甘味大王:

» 清浄歓喜団 [しのわずり]
竹水羊かんが昔から憧れていた和菓子ならば、清浄歓喜団は最近憧れの唐菓子です。 [続きを読む]

受信: 2005年7月11日 (月) 19:44

« 欲しいもの | トップページ | Seen Art? »