« [映画]オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション | トップページ | Ship or Sheep an Intermediate Pronunciation: An Intermediate Pronunciation Course (Introducing English Pronunciation) »

2005年8月30日 (火)

[映画]恋は邪魔者 特別編

B0002ZEW2K恋は邪魔者 特別編
レニー・ゼルウィガー ペイトン・リード ユアン・マクレガー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2004-10-22

by G-Tools

★★★☆☆+(レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーファンは★★★★☆)

<ストーリー>
1962年、バーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガー)は自著『恋は邪魔者』を手にニューヨークにやってきた。「女に愛や恋はいらない。セックスは遊びで楽しむべき」という内容の『恋は邪魔者』はやがて大ヒットし、バーバラは一躍時の人になる。
バーバラがニューヨークにやってきた当初、彼女をコケにした名うてのプレイボーイ、キャッチャー・ブロック(ユアン・マクレガー)は、TVでバーバラに「最悪の男」呼ばわりされてしまう。おかげでプレイボーイ廃業の危機に陥ったキャッチャーは、バーバラを社会的に葬り去ろうと、罠をしかけることにする。

ネタバレ無し感想。

古き良き時代が舞台の、小洒落たラブコメ。
全体的な雰囲気はかなり軽めながら、60年代風のファッションやインテリア、音楽には非常に力が入っていて、相当凝った作りになっている。また、レニーがとても可愛らしく、全編着せ替え人形状態なのも良い。
気軽に楽しめて、私は結構好きな作品。

とはいえ、内容らしい内容は無いので、最初はユアンが何故これに出演したのか、かなり真剣に悩んでしまった。そして、「脱げて歌えれば何でも良いのか、ユアン?」と甚だ失礼な結論に達してしまったんだけど、ユアン自身、「ユアンったらまた脱いで、、、と僕のヌード志向をからかう人もいるけれど、これは昔のロマンチック・コメディに対するオマージュなんだよ」みたいなことを言っているので、私と同じことを考える人が結構いると見える(あ、別に大して脱いでないので、未見の方はあまり期待しないように)。

さて、そのユアン扮するキャッチャー・ブロック。ユアンがラブコメで女たらし、プレイボーイをやるというから、一体どんなだ?とちょっと楽しみにしていたのだが、登場するたびに「なんじゃこりゃ」と笑いがこみ上げてくる、まさかのお笑い系キャラだった。特典でジェームス・ボンドばりのプレイボーイ、ショーン・コネリー風のモテモテ男とか言ってるけど、それって本気じゃないよね?ウケ狙いだよね?と思わず突っ込みたいほどの胡散臭さ。コミカルな作品だし、ラブコメで真面目に二枚目をやられても困るけれど、これじゃプレイボーイじゃなくて結婚詐欺師だよ!なんて思ってしまうのは私だけだろうか。
なお、コレが「ジェームズ・ボンドばり」か否かについては、是非ともショーン・コネリー御大の意見を聞いてみたいところ。同じスコティッシュ俳優として、後輩に何か言いたいこともあるだろうし。そういえば、次期ジェームズ・ボンドにユアンの名前も挙がったことがあったらしいけど、「絶対に」やめた方が良いと思う。やめて下さい。お願い。どう頑張っても、ギャグにしかならないだろうから。

まぁ、いわゆるプレイボーイ役をこれだけ面白おかしく演じられるというのも、芸達者の成せる技なんだろうけど。そういう意味では、レニーもユアンも笑いを取る演技が非常に上手く、二人ともやはり、単なる美形俳優とは一味違う。
そして、またしてもユアンは惜しげもなくマヌケ面を披露しており、その締まりの無い顔を見ていると、「良い俳優は三の線も上手いよねぇ。うんうん」と感心しつつも、「この人、元々の顔の作りは決して悪くないんだけどなぁ…」と少々複雑な気分になったりする私。

あれ、なんだか褒めてるんだか貶しているんだかよく分からない文章だな。かなり笑いが止まらないくらい楽しんだので、貶すつもりは全然無いんだけどなぁ。どうもユアンに関しては言いたい放題な傾向があるような。なんでかな。。。

なお、エンドクレジットでは、ユアンとレニーが楽しそうにデュエットしている。どうせなら全編、ミュージカル仕立てにしてくれても良かったな、と思ってみたりして。

|

« [映画]オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション | トップページ | Ship or Sheep an Intermediate Pronunciation: An Intermediate Pronunciation Course (Introducing English Pronunciation) »

Ewan Mcgregor」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

あの~、「締りのないマヌケ顔」につい食指が動く私ってどうなんでしょう?急に見たくなってしまったんですが・・・
というわけで大丈夫です、ちゃんと愛を感じますから(笑)

投稿: 玉兎 | 2005年8月30日 (火) 23:13

>あの~、「締りのないマヌケ顔」につい食指が動く私ってどうなんでしょう?

よろしいんじゃないでしょうか(笑)。ユアンの場合、むしろマヌケ度(もしくは情けなさ度)とチャームが見事に比例するという、誠に稀有な美質(?)の持ち主だったりしますので。

>ちゃんと愛を感じますから(笑)

ええ、愛はあるんです。愛はあるのに散々突っ込み倒す私…。照れ隠しなんでしょうか(笑)。

この作品のユアン、巷では割と手放しで「可愛い」「キュート」と評されることが多いような気がするんですが、私の場合は「かわいい~(*^^*)」とならず、妙に笑いのツボに入ってしまったんですよ。ラブコメなので、わざと少しハズしているんでしょうけど、そのハズしっぷりがおかしくて。

蛇足ですが、一部、MRのクリスチャンっぽいユアンがいたりして、それはそれで良い感じです。

投稿: 青猫 | 2005年8月31日 (水) 21:32

はじめまして。
私も、あの真相がわかったときのマヌケ顔に、ホホォ~となりました一人です。

全編ミュージカルでも・・・賛成です!

TBさせいただきます。

投稿: D | 2005年9月13日 (火) 19:53

はじめまして、D様。ようこそいらっしゃいました。TBありがとうございます。

あのユアンのお口あーんぐり、な表情は絶品でしたね(^^)。

そもそもこのDVD、歌うユアン目当てで買ったようなものなので、エンドクレジットはとても満足なのですが、「もっと歌ってくれ~~」とちょっと物足りなく思ってしまいます。
ユアン、またミュージカル映画に出てくれないかな。

投稿: 青猫 | 2005年9月14日 (水) 01:00

TBさせていただきました
&TBありがとうございます!
ほんとお洒落でキュートな映画でした♪
ファッションも何から何までかわいすぎです!

投稿: ケイティ | 2005年11月12日 (土) 17:47

ケイティさん、はじめまして&ようこそいらっしゃいませ(^^)。
TB&コメントありがとうございました。

この映画のルネー・ゼルウィガーは本当にキュートで、彼女の魅力がとても良く出てましたよね。どんな服を着ても似合うのが羨ましいです(^^)。

投稿: 青猫 | 2005年11月12日 (土) 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/5700752

この記事へのトラックバック一覧です: [映画]恋は邪魔者 特別編:

» 恋は邪魔者(ユアン鑑賞) ★5 [おえかき上達への道]
恋は邪魔者(Down with Love) ★★★★★ 思い切りラブコメです。 いつもは恋愛ものはあんまり好きじゃなーいと、冷めた気分のはずが、 好きな俳優が出ていると釘付けなんですね。やはり私も女子でした・・・満点ですよっAmazon概要  “女に恋は必要ない!”とうたった本..... [続きを読む]

受信: 2005年8月31日 (水) 02:04

» 恋は邪魔者 [映画を観よう]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 恋は邪魔者 特別編 Down with Love アメリカ レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー 【ストーリー】 「恋は邪魔者」という本を片手に田舎から出てきた女流作家バーバラ・ノヴァク(レニー・ゼ... [続きを読む]

受信: 2005年9月13日 (火) 19:54

» 恋は邪魔者 [つれづれDiary]
ストーリー:1960年代のニューヨークを舞台に、女性解放の著書『恋は邪魔者』が大ヒットした新進気鋭の女流作家と、男性誌のライターとの恋の駆け引きを描いたラブコメディー。 出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー とにかく、おしゃれでかわいいラブ... [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 (火) 19:13

» 恋は邪魔者 [ケイティの映画的生活]
DOWN WITH LOVE 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 恋は邪魔者 特別編 ? あらすじ・・・  恋なんていらない!男みたいにセックスを楽しんでバリバリ仕事に励むの!  恋愛に依存せずに自立する方法を書いた「恋は邪魔者」が爆発... [続きを読む]

受信: 2005年11月10日 (木) 12:10

» 恋は邪魔者(DVD) [ひるめし。]
60年代、ニューヨーク。キャリアとおしゃれとチョコレートがあれば、恋なんていらない! CAST:レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー 他 ■アメリカ産 102分 こまったちゃん様がユアン・マクレガーのおすすめ作品として紹介してくださった「恋は邪魔者」を観賞してみました〜。 こまったちゃん様ありがとうございました(^^) 60年代のファッションがかわいらしかった。 キャッチャー... [続きを読む]

受信: 2005年11月28日 (月) 21:10

» ユアン・マクレガー -恋は邪魔者- [ぐぅちゅえんの見たり読んだり]
嫁さん、お気に入り、レニー・ゼルウィガー。 で、録画した、恋は邪魔者。 日本に来る前に見たんだって。 でも、録画もしたし興味もないけど 見てみることに。 横で、嫁さんが、ぐぅちゅえん向きではないと 言ってるけど、、、 まぁー、確かに向いてなかった。 ただ、... [続きを読む]

受信: 2005年11月30日 (水) 10:46

« [映画]オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション | トップページ | Ship or Sheep an Intermediate Pronunciation: An Intermediate Pronunciation Course (Introducing English Pronunciation) »