« [映画]トレインスポッティング DTSスペシャル・エディション① | トップページ | [映画]チャーリーとチョコレート工場 »

2005年9月 8日 (木)

Rodgers and Hammerstein's Oklahoma! (London Stage Revival)

B0000C23HYRodgers and Hammerstein's Oklahoma! (London Stage Revival)
Image Entertainment 2003-11-18

by G-Tools

すなみさんのるるむく日記 で教えて頂いたヒュー・ジャックマン主演の「Oklahoma!」DVD(リージョン1)である。字幕無しの全編南部訛り。字幕無しで3時間のミュージカルは正直、きっつい。話が分からん。でもイイ。ちゃんとBGMとして機能するから。

ヒュー・ジャックマン。「ヴァン・ヘルシング」も「ニューヨークの恋人」もまずまず好印象だった。だからといって別に追いかける気も無かったんだけれど、以前より気になっていたのが「実は歌がメチャクチャ上手い」という噂。「ユアンも歌が上手いけど、ヒューの方がもっと上手い」などという話を聞くにつけ、「ほほぉぉぉ、そりゃ一体どんなもんじゃい」と興味深々だったので、渡りに船とばかりに(用法間違い)、米密林でぽちっとな。それにしても、英米密林、ヘタな国内通販よりも早いし、ポストにぽいっで受け取りが楽だし、これで送料がもうちょっと安ければ言うこと無いんだけどなぁ。

早速見たけど、いやもう、しょっぱなから笑っちゃうほど上手い。「うははは、何だコレ~。なんでこんなに歌えるんだよぉぉぉ」ってなもんである。ヒュー、職業欄には、ハリウッド俳優じゃなくてミュージカル俳優って書くべきなんじゃないの?
ババーンと前に出る、金管楽器を思わせるぴかぴか・艶々の美声。朗々と響いて、伸びやかで、強靭。いかにもミュージカルぅ~な正統派な歌い方で破綻が無いし、聴いてて非常に気持ちが良い。

「ユアンよりもヒューのが上手い」っていうのは納得。ヒューの歌の上手さは「(歌が本業じゃない)俳優としては歌が上手い」という域を完全に超えている。まぁ、一つ言えるのは、「ヒューより下手」と言われたところで別に恥でも何でもないということかな。

|

« [映画]トレインスポッティング DTSスペシャル・エディション① | トップページ | [映画]チャーリーとチョコレート工場 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。このDVDを見ると、彼の生舞台を見たくなります。
歌って踊れるハリウッド俳優と名乗るべきなのか、アクションもこなすミュージカル俳優と名乗るべきなのか、カテゴリー分けをあっさりとびこえてくれるよなーという印象です。なんというか反則なヒトだというか(笑)
The Boy from OZ、DVD化しないかなーと心待ちな日々です。

投稿: すなみ | 2005年9月10日 (土) 01:41

ヒューの生舞台、是非見たいですね!
ここまで何でもできちゃって、外見も良くて、素顔も良い人(らしい)となると、なんか不思議な気がします(笑)。

The Boy from OZ、クリップを見てみましたが、こちらのヒューもなんだか凄まじいことになってますね。DVD化もされるという話も聞いていますが、すなみさんはぽち決定でしょうか(笑)。

投稿: 青猫 | 2005年9月10日 (土) 21:03

 はじめまして。アメリカ在住のヒューファンのおばさんです。まだのめりこんで一年、生はまだ見ておりませんが、私も彼の歌聴いてやられたクチであります。 毎日日本とアメリカの映画、芸能newsはチェックするというミーハーぶりです。(もともと洋画と音楽ファンで英語勉強しているうちに日本に来てた今の旦那(アメリカ人)と知り合い結婚までしてしまったという漫画のような人生ではありますが)ここもたまたま見つけましたー。ミュージカルは隠れファン?といったとこです。映画のミュージカルは好きなのもあり、はまりそうでこわいです。ヒューはtvのトークショーとかでもお茶目で、つっこんだらどんな恥ずかしい話でも暴露するという面白いというか、飾り気のない人です。司会もうまいし・・

投稿: misao | 2005年9月13日 (火) 02:35

misao様、はじめまして(^^)。ようこそいらっしゃいませn。

ヒューの歌、初めてネットのクリップで聞いた時は、貧弱な音ながらも「ひえぇっ」と思ったものです。

私は素のヒュー(インタビューとか司会とか)はそんなに見てないのですが、感じが良くて、ユーモアがあって楽しそうな感じなんですよね。
「アクターズ・スタジオ・インタビュー」(アメリカでどういう番組名だったか忘れましたが、ジェームズ・リプトン氏のインタビュー番組)のヒューの回を見損ねてちょっと残念。。。再放送しないかなー。

投稿: 青猫 | 2005年9月14日 (水) 00:17

こんばんは~ ヒューのインタビューや司会はいいですよ~というか本当に感じの良さそうな笑顔全開です。私が始めて舞台のヒュー・ジャックマンを見たのは2004年のトニー賞受賞式のホスト役だったのですが、「どうして三つ揃いを来てぴしっと決めてるヒトがそんなにのびやかに歌えるの? なんでその格好でハイキックができるの? ロケッツとのラインダンスで足が同じくらいに上がるの?」とすべてにおいて「反則~!!」と思いましたです。(^^)

投稿: すなみ | 2005年9月16日 (金) 00:28

うおーん。皆さん、トニー賞の司会は良かった!ノリノリだった!って仰るんですよねぇ。もはや、ヒュー的には伝説のパフォーマンスなのでは(大袈裟?)。ゴールドのズボンでラインダンス(という噂)、見たかったなぁ。。。

こういう授賞式みたいなものは、なかなか後から見るのが難しいですね(^^;)。

投稿: 青猫 | 2005年9月16日 (金) 07:58

またお邪魔しますー。Hugh Jackman Multimediaさんとこでトニー賞の模様は見れると思います。2004年のだとオープンニングとNOt A Boy Next Doorは必見です。(例のゴールドパンツです・笑)2005年のはメドレーのやつですね。アレサ・フランクリンとのとSomewhereはイマイチ声質も歌い方も(アレサさんはあまりリハーサルしなかったという話も聞きました)デュエットとしては合ってなかったような。 当時TVではHugh Jackmanーnew Queen of soul!とアレサさんより歌がうまいだのと言われていました。

投稿: misao | 2005年9月16日 (金) 22:14

うわー、misaoさん、ありがとうございますー!
今、出先なので、自宅に帰り次第(来週半ばですが…)、ダウンロードしてみます(^^)。

ところで実家に帰ったら、ウチの母が「たまたま」とか言いながら「アクターズ・スタジオ・インタビュー」のヒューの回を録画しておいてくれてました。わーい。

素のヒュー、笑顔これまた笑顔でという感じで、やっぱり明るいオーラ全開ですね~。そして、リプトン氏にリクエストされて、座ったまま(伴奏無しでいきなり)「Oh, What a Beautiful Morning」は歌ってくれるは、会場に集ったアクターズ・スタジオの学生さんの中から2人をステージに上げて一緒にラインダンスしちゃうわで、とことんサービス精神満点なヒューを堪能できました(^^)。

投稿: 青猫 | 2005年9月17日 (土) 18:50

お出かけ中だそうですが、とりあえず、前に話の出た去年のヒューのトニー賞でのパホーマンスがエミー賞受賞しましたのでお知らせまで。やはり金ラメパンツの威力か? Best Indiviual Performance in a Veriety or Music Program とかいうやつです。ヒューはプレゼンテーターでも出てました。X_men3撮影中でひげぼーぼーでしたが。

投稿: misao | 2005年9月20日 (火) 06:32

教えて頂いたHugh Jackman Multimedia、とりあえず2004年トニー賞のオープニングのラインダンスと、BFOの金ラメパンツを確認しました。すごいです。舞台人ヒューのノリの良さは、本当に尊敬モノです~。なんかこう、ヒューがパフォーマンス始めるとそこが異空間になるような(笑)。
コレでエミー賞受賞ですか。こういうのも対象になるとは知りませんでしたが、受賞もなるほどーなパフォーマンスですね。

投稿: 青猫 | 2005年9月22日 (木) 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/5851496

この記事へのトラックバック一覧です: Rodgers and Hammerstein's Oklahoma! (London Stage Revival):

« [映画]トレインスポッティング DTSスペシャル・エディション① | トップページ | [映画]チャーリーとチョコレート工場 »