« ちょっとロンドン 準備編 | トップページ | ちょっとロンドン 1日目 その2 »

2005年11月27日 (日)

ちょっとロンドン 1日目 その1

成田は遠い。

通常、空港には2時間前に着けといわれる。しかし、以前空港に向かう際に、私の乗った山手線が人を轢いてしまい、予約していた京成スカイライナーに乗り損ねたことがあるため、最低2時間半前、できれば3時間前を目指すことにしている。そんなこんなで5時半起き。
成田に行く手段はいろいろあるけれど、基本的に一番安いのは京成特急。特急といっても特急料金のいらないごく普通の電車である。京成スカイライナーよりちょっとだけ時間はかかるものの、上野・日暮里から1000円で成田空港まで行けてしまうのは大変な魅力である。

慣れない早起きの甲斐あって、11時のフライトだというのに8時過ぎには成田に到着してしまう。朝御飯、買い物の後に、無事チェックイン。荷物はロスト・バゲッジが怖いのと、荷物が出てくるのをイライラと待つのが嫌なので、機内持ち込みにする。基本的に預けなくてはいけないような大荷物は持っていかないに限る(ただ、全て機内持ち込みにしてしまうと刃物を持っていけないのが難点ではある)。

シャネル免税店では、バズ・ラーマンの手によるシャネルNo.5のCMのメイキングとおぼしき映像が流れていた(シャネルCMについてはこちらを参照→2005年1月12日の記事)。店員に声をかけられると面倒なので全部見ないでその場をあとにしたのだが、なんか気になって仕方が無い。ネットで探せばどこかで見られるんだろうか。

フライトはBA。機内エンターテイメントはヴァージン・アトランティックの方が充実していると聞いてBAにはあまり期待をしていなかったのだが、今回機内で「宇宙戦争」と「ファンタスティック・フォー」と「バットマン・ビギンズ」のメイキングが見られて、結構楽しめた(ただしこの時点では「バットマン・ビギンズ」本編は未見だったけど)。機内食はどんなにマズイかと覚悟していたが、普通に美味しかった。メインはビーフシチューだった。
3時間弱ほど睡眠も取れたので、比較的元気な状態でヒースローに到着。いよいよロンドンだ。

しかしArrivalまでが遠い。さすがにヒースローは広い。
他のEU諸国と比べて格段に厳しいといわれる入国審査も何とかパスし(BAの場合はさほどでも無いらしいけど)、ピックアップする荷物も無いので、とっとと地下鉄を目指して地下深くもぐっていく。歩きながらヒースロー・エキスプレスに乗ろうかピカデリー・ラインでホテル最寄駅まで一本で行くかで悩んだのだが、先にピカデリー・ラインを見つけたので大人しくピカデリーにする。

初めてロンドンの地下鉄に乗った感想。「うわ、大江戸線みたい」。いや、大江戸線がロンドンの地下鉄みたい、というべきなんだろうけど、要するに丸くて狭いのである。平均的にでかいイギリス人には、さぞや窮屈なことだろう。
約1時間後、Russel Square駅に到着。切符売り場や窓口などは地上にあり、外から見てもそれなりに駅らしい体裁をしている。駅周辺は人通りが多いし、24時間営業のスーパー(コンビニ)もあって、なかなか良さそうな感じだ。
さて、駅からホテルに向かう途中、いきなりGuys and Dollsの広告付きダブル・デッカーを発見し大喜びする私。どうやら現在公演中のCMではなく12月で交代になる新キャストの宣伝のようだ。それにしても、なかなか華やかで素敵だ。

Guysanddollsbus

ホテルに着くとにこやかなオジサンに出迎えられたが、どこかのアクセントのせいで(ということにしておいてください)なかなかパッと理解できない。むー。とりあえず「ここの玄関、二重ドアだから12時以降は自分で鍵あけて入ってね」ということは理解して鍵を受け取り、自分の部屋に向かう。

hotel

部屋はまぁ狭いといえば狭いけれど清潔で、熱いお湯も豊富に出るし、トイレも問題無し。お茶セットもちゃんとあるし、テーブルも付いている。日本国内の狭くて殺風景、ほとんど独房みたいなビジネスホテルに慣れてるので、風呂場が死ぬほど狭いことを除けばとりたてて文句を言うところは無い。

次はいよいよ街歩きへ。

|

« ちょっとロンドン 準備編 | トップページ | ちょっとロンドン 1日目 その2 »

London」カテゴリの記事

コメント

"準備編"から楽しく読ませていただいてます。
私は旅行記を整理する才が全くないらしく、シンガポールもメルボルン(こっちの方は自分どこで何をどうしていたのかめちゃくちゃというのも一因ですが)もすっかりうっちゃってありますが、こうしてみるとちゃんとまとめておけばよかったかしら?という気がします^^;

ホテルの部屋は狭かったそうですが、なんとなく可愛らしくてカーテンが英国を感じさせます。
GUYS~のバスも行幸でしたね~。お陰で私も観られて嬉しい。
そうそう、行く前に「紙」が増えたというのは自分もそうだったのでよくわかります(^^)

続きも楽しみにしてます。

投稿: 玉兎 | 2005年11月27日 (日) 19:35

 お久しぶりです(*^^*) /~~~
ちらほらとお噂はうかがっていましたが、なんと超短期英国行だったのですね。というか、5日あればイギリスに行けるんだ、と新鮮な驚き。
 それにしても、思い立った途端に飛行機、ミュージカルチケット、ホテルをご自分ですべて手配。。。憧れるなぁ。私は一人のときは専ら旅行会社の飛行機&ホテルツアーに”お一人参加”なのです、度胸がないものでして。。。でもいつかは必ず青猫さまのような旅をするぞ、と心に秘めてはいるのです。そう、いつかは。(+ヘ+)``
 私も続きを楽しみにしています。
 追)京成特急、私も愛用しています(=^^=) 

投稿: 小手毬 | 2005年11月27日 (日) 23:07

玉兎様
シンガポールもメルボルンも是非旅行記拝読したいものですわ(笑)。

メモを残しておくと、後々思い出すのに都合が良いかなと思って、多少クドクドしく書いています。長くてスミマセンって感じですが(^^;)。

ホテルは、あまりゴテゴテしてない明るいお部屋でした。まぁ狭いといっても、ロンドンの平均からすればそれほど狭いというほどではないのかもしれません。

投稿: 青猫 | 2005年11月27日 (日) 23:23

小手毬様

ご無沙汰してます(^^)。
ええ、5日あれば行けます(笑)。格安航空券使う場合は最低現地3泊という縛りがあることが多いので、5日が最低単位なんですが(^^;)。

旅行時期とか滞在ホテルによっては、ツアーの方が安上がりな場合もありますよね(^^)。ただ、私はこじんまりとしたホテルが好きなので、そうするとどうしても自分で手配ということになります。1人旅は確かに面倒臭いし色々失敗もあるんですが(ええ、色々ありました…)、一度やってしまうともうツアー旅行には戻れないような気がします(^^;)。

投稿: 青猫 | 2005年11月27日 (日) 23:44

青猫さん、こんにちは!

BAでの入国は優しいのですか?知りませんでした~。
私もBAでしたがヒースローからそのままグラスゴーへ行ったので、国内線乗り換えでした(^^)「スコットランドに知り合いはいないね?友達とか」とお約束の質問が。でも、UKパスポートの人もあれこれしつこく聞かれていてビックリしましたよ~。

TUBEって天井低いし狭いし、あれでよくみんな平気だな~といつ行っても思います(^_^; ついで、地下何回よっ!とも思います(笑)ピカデリーでしたっけ?大江戸線並みの深さを走ってるのは。アールズコート駅ではliftが故障してて、どーやって降りんのさ?と絶句した覚えがあります。

成田は混んでませんでしたか?6月という時期が悪かったのか、激込みで私は死にそうでした。チェックインまでめちゃくちゃ待たされて、ファーストクラスチケットの保持者をうらめし~く見つめてました(笑)格安航空券なんだから贅沢言えませんけど・・・ねぇ(T-T)

そうそう、私は帰国して成田から家に戻る時にJRが止まりました(--; 京成を使うか迷ったものの、京成はエレベータがなくて階段2往復なので帰りはJRにしたんです。 京成にすればよかったと・・・・涙

続きを楽しみにしてます~o(^-^)o

投稿: alex | 2005年11月28日 (月) 11:45

入国審査、アジア系の飛行機で行くと結構厳しいそうです。

そうか、UKの人でもスコットランドに入るにはパスポート(入国審査?)がいるんですね。。。やっぱり微妙な関係ってことでしょうか(^^;)。

TUBU、下手なところに立つとドアで首を挟まれるんじゃないかってくらい狭いですよね(^^;)。
ピカデリー線はどこも深かったですね~。頂上の見えないエスカレーター、なかなか壮観でした(笑)。

成田は普通の混み具合でしたよ(^^)。チェックインでちょっと並んだだけで、出国も簡単でした。BAは満席でぎゅうぎゅうでしたが。。。寿司詰めエコノミーはかなりキツかったです(><)。

投稿: 青猫 | 2005年11月28日 (月) 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/7346443

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとロンドン 1日目 その1:

« ちょっとロンドン 準備編 | トップページ | ちょっとロンドン 1日目 その2 »