« The Hidden Past (Star Wars Jedi Apprentice | トップページ | しょうこりもなくTOEIC »

2006年1月11日 (水)

[映画]キューティ・ブロンド〈特別編)

B000B84NMWキューティ・ブロンド〈特別編〉
リーズ・ウィザースプーン ロバート・ルケティック ルーク・ウィルソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-10-28

by G-Tools

TOEFLのオンラインミニ模試など受けて大変凹み、こんなものを見ている。別にこれで癒されたい訳ではなく、キャンパス用語を勉強しようと思っただけなんだけどさ(TOEFLは当然といえば当然だけれど、大学関係の語彙が結構多い)。いやぁ、なんか久々に典型的なアメリカーン英語でワタクシとしてはちょっと新鮮。

<ストーリー>
ブロンドのお嬢様エルはファッションビジネス専攻の優等生で、大学の人気者。楽しい西海岸の学生生活を満喫していた。ある日、いよいよ政治家志望の彼氏ワーナーからプロポーズか?と思っていたら、なんと「政治家の妻はマリリンじゃなくて、ジャッキーじゃないと」と振られてしまう。エルは落ち込むが、ハーヴァードのロースクールに入った彼を追いかけるために猛勉強をはじめ、見事合格通知を手にする。しかし、ボストンでエルを待ち受けていたのは、既に別の女性・ヴィヴィアンと婚約していたワーナーと、意地悪な教授、西とは全く違うお堅いハーヴァードの学生たちだった。

「こんなに上手くいかんだろ~」な、ものすごく安易なストーリーだけれど、ポジティブ光線がいっぱい出ているので見てて気持ちは良い。リーズ・ウィザースプーンはさほど美女じゃないけれど、表情が豊かで、コメディエンヌの才能十分。こういう役を嫌味無く演じて、共感を得られるというのはなかなか大したものである。だってこれ、リーズじゃなかったら多分、単なる金持ちバカ娘のラブコメになってたような気がするし。エルがパワフルに前向きで魅力的だというのが、この映画のキモ中のキモ。

アメリカの西海岸と東海岸の文化的違いは面白かったけれど、いくら西海岸でもUCLAの学生(映画ではCULAになってたけど)はあんなに遊びまくってはないだろう。。。

|

« The Hidden Past (Star Wars Jedi Apprentice | トップページ | しょうこりもなくTOEIC »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/8103272

この記事へのトラックバック一覧です: [映画]キューティ・ブロンド〈特別編):

» [映画/DVD]キューティ・ブロンドでキャンパス英語学習 [情報処理技術者試験解答例情報/ジャンジャン日記]
1000円を切ってます。 ASIN:B000B84NMW:detail これで,キャンパス英語を学習するそうです。 この映画の続をみたことがあります。面白かったです。 [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 18:47

« The Hidden Past (Star Wars Jedi Apprentice | トップページ | しょうこりもなくTOEIC »