« 「のだめカンタービレ」キャラクターBOOK | トップページ | 名前の表記のこと »

2006年3月17日 (金)

ブラームス:交響曲第1番 のだめカンタービレ

近況コーナーに上げたのだが、長くなっちゃったので本記事化。ちょっとけなしてるからいずれ消すつもりだったけれど、書いちゃったので一応残しときます。

B000ALJ16Sブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ
R☆Sオーケストラ 千秋真一 千秋真一 R☆Sオーケストラ
キングレコード 2005-09-22

by G-Tools

覆面指揮者+覆面オケによる録音を「千秋真一とR☆SオーケストラのデビューCD」として発売した前代未聞の企画CDである。ライナーノーツもばっちりなりきりって感じで、佐久間学がブラ1に寄せたポエムなんかが載ってる。
試みとしては非常に買いなのだが、千秋のブラ1だったらもうちょっとこう、聴いて「おお!」と驚きがあるような演奏が良かったなぁ。別に特別下手でも悪くもないんだけれど、佐久間がポエム吐きたくなるような演奏ではないんだよね。
若いオケ(の設定)だから爽やか路線で軽く、というのは分からないではないけれど、それだったらもっと颯爽とした、推進力のある演奏をして欲しかった。音が痩せて聞こえるのはいただけないし、全体的に表情に乏しくてのっぺりしてる。これはすごく個人的な意見だけれど、千秋ってそもそもはヴァイオリン弾きなわけで、弦出身の指揮者がああいう平板な弦の鳴らし方をしてはいかんと思う。むしろ、管楽器の方が印象が良い。

こういう企画モノだから、色々ブラ1を聴いた上でシャレとして楽しむというのはありだと思うけれど、のだめで初めてクラシックに触れて「じゃぁブラ1聴いてみようか」という人がこれを入口にするのは、ちょっとなぁって気がする。余計なお世話だとは思うけれど。ただ、この曲が本来持つ実力はこんなもんではない、と思うわけ。

瑞々しい青春の調べのようなブラ1であれば、私はケルテス版(ウィーンフィル)を勧める。別に千秋っぽいということではないけれど、若々しい感じはすごくある。そして、重厚さのあまり無い優美な演奏で、この曲の旋律の美しさが非常に引き立っている。
ちなみに、ケルテス(1929-73)は不慮の事故で若くして亡くなったハンガリー人指揮者で、いまだにその夭折を惜しむ声が多い。

B00005HW1Yブラームス:交響曲第1番
ケルテス(イシュトヴァーン) ブラームス ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサルクラシック 2001-04-25

by G-Tools

ちなみに、名盤として名高いのはミュンシュ版(他にも色々あるんだろうけれど、未聴)。

B00005NDD5ブラームス:交響曲第1番
ミュンシュ(シャルル) パリ管弦楽団 ブラームス
東芝EMI 2001-09-27

by G-Tools

フランスのオケとはにわかに信じ難いほどに、重い。暗い。えらく遅い。そしてとにかく響きが分厚い。好き嫌いは別として、いわゆるブラ1らしい演奏というと、やっぱりこれかな、という気がする。

|

« 「のだめカンタービレ」キャラクターBOOK | トップページ | 名前の表記のこと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

同感です!!
私がそもそもブラームスにはまったのは、千秋君のCDを購入したのがきっかけです。
それまで、ブラームスといえば「ハンガリー舞曲」・・くらいのイメージしか持たないほど、ほとんど知らなかった。それで、この演奏を聴いても、自分の中でどう評価していいかわからない。でも、聴いていてあんまり面白くないな、でも、この私の感覚って、どうなんだろう?との思いから、ブラームス1番の聴き比べが始まりました。
今のところは、ギュンター・ヴァントと北ドイツ放送交響楽団のものが、私にとってはベストです。
音楽に関わる仕事をしてきたとはいえ、このような聞き比べを全然したことがなかったのですが、はまりますね、聞き比べって。時間がかかるのが、難点ですが。
今度、ぜひケルテスのも聴いてみたいです!!

投稿: プーとパディントン | 2006年4月 3日 (月) 04:59

ブラームスの1番って良い曲ですよね(^^)。壮大で、暗く重厚で、なおかつしみじみとした美しさがあって。色々なアプローチの仕方があるんでしょうけれど、千秋君の演奏はどの面においてももう一つ踏み込みが足りないような印象でした。残念。

ヴァントの北ドイツ放送交響楽団は、私は聴いたことは無いのですが、きっとドイツらしく、構築的な雰囲気なんでしょうね。今度探してみます。

聴き比べは楽しいですよね。特に、聴き慣れた曲が、奏者によって突如として名曲に聞こえてきた時の醍醐味といったらありません。

投稿: 青猫 | 2006年4月 4日 (火) 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/9125251

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス:交響曲第1番 のだめカンタービレ:

» ブラームスはお好き? [ガチョウ倶楽部]
 「ブラームスはお好き?」    フランスの女流作家サガンの小説でこんなのありま [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 22:02

« 「のだめカンタービレ」キャラクターBOOK | トップページ | 名前の表記のこと »