« 名前の表記のこと | トップページ | ツィメルマン ショパンのピアノ協奏曲第1番聴き比べ #0 »

2006年3月18日 (土)

From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler



総語数35000、YL6.5
★★★★★ 

<ストーリー>
家のことが嫌になったクローディアは弟ジェイミーを伴って家出を企てる。クローディアたちが向かったのは、なんとニューヨークのメトロポリタン美術館。美術館に隠れ住むことにした2人は、「サバイバル」に頭を悩ませながら様々な発見をしていく。やがて、2人はミケランジェロ作とされる天使像に心惹きつけられ…。


邦題「クローディアの秘密」。
大都会の冒険って感じで、すごくわくわくした。長女で12歳という、子供大人なクローディアのキャラクターは非常に説得力があるし、経済観念の発達した9歳のジェイミーもとても面白くて、姉弟の会話が本当に楽しい。楽器ケースに必要な物を詰め込んで出かけるとか、そういうディテールも良い。ピリッと知的な雰囲気で、子供だけに読ませるのは勿体無い本である。

|

« 名前の表記のこと | トップページ | ツィメルマン ショパンのピアノ協奏曲第1番聴き比べ #0 »

洋書多読(児童書・絵本)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私もクローディアの秘密好きなんですよ。といっても邦訳でしか読んでませんが。次ぎのKonigsburgには "Father's Arcane Daughter"(邦題:なぞの娘キャロライン)を、オススメしておきます。こちらもおもしろいですよ(^^)。

投稿: すなみ | 2006年3月19日 (日) 01:13

私は邦訳の「クローディアの秘密」を読んだことが無くて、今回読了して「子供の時に読めば良かった!」と思いました。

"Father's Arcane Daughter"は現在品切れのようですね。空輸しようかな。

実は、放り投げてる本の中には、Konigsburgの"The View from Saturday"があったりします(^^;)。でも今だったら読めるかも。

投稿: 青猫 | 2006年3月19日 (日) 19:14

私もKonigsburgは大人になってから読んだので、ちょっともったいなかったなーと読んだとき思いました。子どもの頃に読んでおけば、ってそういうのありますね。Father's Arcane Daughter品切れでしたか。品切れをオススメしてすみませんでした。邦訳もアマゾンでは品切れになってますね。うーん、人気ないのかしら。私は好きなんですが(^^;)

投稿: すなみ | 2006年3月19日 (日) 23:38

Father's Arcane Daughter、米アマゾンでは★がいっぱい付いてますね~(^^)。分量もあまり多くないし、読み易そうです。

品切れ本も入手手段は色々ありますから、お気になさらないで下さいね。

投稿: 青猫 | 2006年3月20日 (月) 13:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/9148015

この記事へのトラックバック一覧です: From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler:

« 名前の表記のこと | トップページ | ツィメルマン ショパンのピアノ協奏曲第1番聴き比べ #0 »