« 顔でピアノを弾くわけではないということは重々承知してはいるのだけれど | トップページ | ツィメルマン(ツィマーマン)の記者会見、東大情報 »

2006年5月24日 (水)

The Lion, the Witch and the Wardrob

0064471047The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia, Book 2)
C. S. Lewis Pauline Baynes
Harpercollins Childrens Books 1994-08

by G-Tools

総語数36135、YL7

0694524786The Lion, the Witch and the Wardrobe (Lewis, C. S. Chronicles of Narnia (New York, N.Y.), Bk. 2.)
C. S. Lewis Michael York
Harper Children's Audio 2000-11

by G-Tools

ナルニアの映画版を見てから、たまにノロノロと原作本を読んでいる。子供用なので、読み易い。The Da Vinc Codeも読み終わったので、ちゃんと読めそうかな。
下は朗読CD。ナルニアの朗読音源については、日本からは何故かAudibleで購入できないので、普通にCDを買ってみた。4枚組である。

これ、デザインがなかなか洒落ていて気に入った。
こんな感じ。
Narnia

最近、お髭氏のせいでリスニングがお留守になっていたのだが(これはもう間違いなくお髭氏のせいなんだよね…。音楽聴きながらリスニングは不可能なのよ)、お髭氏の記者会見を見て、なんかまたヤル気になっている。あんなにピアノが上手くて、母国語の他にドイツ語、英語、仏語(多分)が堪能だなんて羨まし過ぎる!っていうか、羨ましいとかそういうレベルの話でもないんだけど。ちなみに、彼は、英語は朗読CDで勉強したそうです。ホント?
それにしても音楽家というのは、なんで皆さん語学が堪能なんでしょ(耳が良いからなんだろうけれど。あと反復練習を厭わない人が多いということはあるかもしれない)。大野和士(指揮者)もフランス語ぺらんぺらんだったしなぁ。もちろん、ベルギー在住だから当然といえば当然だけれど、若い頃はドイツで勉強してたハズなのに。

何となくいじけた気分になりつつ、リスニング&シャドーイングをぼちぼち再開。

|

« 顔でピアノを弾くわけではないということは重々承知してはいるのだけれど | トップページ | ツィメルマン(ツィマーマン)の記者会見、東大情報 »

洋書多読(児童書・絵本)」カテゴリの記事

英語リスニング・英会話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 顔でピアノを弾くわけではないということは重々承知してはいるのだけれど | トップページ | ツィメルマン(ツィマーマン)の記者会見、東大情報 »