« 母と神童―五嶋節物語 | トップページ | Favourite Beatrix Potter Tales »

2006年12月25日 (月)

2006年に映画館で見た映画

ミュンヘン
ヒストリー・オブ・バイオレンス
ブロークバック・マウンテン
ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女
プロデューサーズ
V フォー・ヴェンデッタ
ダ・ヴィンチ・コード
ステイ
M:i:III
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
カーズ
太陽 The Sun
カポーティ
プラダを着た悪魔
カジノ・ロワイヤル
敬愛なるベートーヴェン

すっくなー!去年に比べて、映画館に行った回数は半分以下になってる。あ、でも、見た新作の本数自体はそんなに変わりないのか(-3)。一体どういうことかというと、去年はEP3をものすごい回数リピートしたし、LotR三部作のSEEバージョンをそれぞれ複数回見に行ってたりするので…。うーむ、それもちょっとどうかと思うのだが。

今年見た中で良い映画だな、と思ったのはミュンヘン、ブロークバック・マウンテン、ステイ、カポーティ。DVDを欲しいのはカジノ・ロワイヤルとプラダを着た悪魔。プラダ…は、ファッションチェックしたいんだよね。

年末に何か見たら後で追記します。

|

« 母と神童―五嶋節物語 | トップページ | Favourite Beatrix Potter Tales »

映画」カテゴリの記事

コメント

おお!同じ本数です♪
良い映画「ブローバック」
DVD欲しい「カジノ」も同感でございます。
007は2回観に行きましたけど、もう一回行ってもいいかな、むふ。

音楽の話題には疎いワタクシですが、無理やりバイオリンつながりで・・・娘(小5)のクラスメートで、バイオリンやピアノのコンテストでよく入賞する(おまけに英語検定2級、ソロバン3段)の男の子がいるんですが、その子がいま「指輪物語」を読んでいるようです。
よそ子ながら、いてもたってもいられず「読了目指して頑張って!」とお手紙を書いて娘に渡させました。
わが子が「指輪」を手に取ったときは「まだ無理無理」と放置したのに(笑)

投稿: 丸々 | 2006年12月25日 (月) 22:33

丸々さん、こんばんは(^^)。

今年はリピートゼロでした。びっくり。でもそれが普通でしょうか?先日、ファンタジー映画好きの美容師さんに髪を切ってもらってる時に、つい口が滑って「王の帰還、10回以上見に行ったんですよ」って言ったら、すっごい驚かれてしまいました…。

小5で英検2級にびっくり(^^;)。
高学年だったら、相性が良ければ指輪はいけるような気がします。
プロを目指して音楽をやるには、相当のストイシズムが求められますけれど、音楽だけだといずれ行き詰まるような気がします。そういう子にこそ、一杯本を読んだり、映画を見たり、スポーツをやったりして欲しいな。。。

投稿: 青猫 | 2006年12月25日 (月) 23:32

こんな記事を掘ってきました。
http://www.stuff.co.nz/stuff/3889392a1870.html
「NZ的・今年のベスト&ワースト作品」です。
V・フォー・ヴェンデッタが入っているのが嬉しいです。あの映画、好き嫌いがはっきりくっきり分れる作品でしたから。一方「ダヴィンチコード」がワーストの筆頭というのは、随分と思いきったことをしたという感じ半分、「さもありなん」という気持ち半分です。

今日、新しい映画館に慣れることも兼ねて「敬愛なるベートーベン」を観てきました。これで15本目です。観客は私込みで6人!おかしいなぁ「第九」が結構盛んな土地柄なのだけれど…って、上映時刻が平日の午後だったからか(^^;)

次は皆様お勧めの007にしようかな。破壊神の雰囲気漂うボンド氏だけでなく、ヨーロッパの風景も観られるみたいだし…(英国行きたい病再発&重症化中)。それとも鰓ゴン、じゃない、エラゴンにしようかしら。

投稿: パインツリー | 2006年12月26日 (火) 22:02

パインツリーさん、こんばんは。

「NZ的・今年のベスト&ワースト作品」、ダ・ヴィンチ・コードのワーストはまぁ分からないではないですが、ならなぜカリビアンがベストに???と思ってしまいました。私は両方とも結構楽しみましたけどね~。
Vは、なかなか奇妙な立ち位置の映画だったような。あの監督らしさはあまり無いような気がしたんですけど、じゃぁ一般的なアクション映画かというとそういうわけでもなく。あ、でもヒューゴさんは見所満載でしたよね(^^)。
「敬愛なるベートーヴェン」はいかがでしたでしょうか。第九的には、「ひ、卑怯者!」ってくらい盛り上げ方が上手かったな、と思います。
破壊の神シバ神よろしく暴れまくる若若ボンド、ストレス解消にはなかなかよろしいと思いますよ。あ、でもロンドンの風景は出てきたかな?あまり記憶にありません(^^;)。ちょっとリゾートっぽい風景ばかり印象に残ってます。
エラゴンは、SW(旧作)っぽいという噂を耳にしました。。。

投稿: 青猫 | 2006年12月26日 (火) 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/13198648

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年に映画館で見た映画:

« 母と神童―五嶋節物語 | トップページ | Favourite Beatrix Potter Tales »