« 今すぐ話せるフランス語 自由自在編 | トップページ | [映画]カポーティ »

2007年1月 8日 (月)

[映画]ナショナル・トレジャー

なんで今頃見ているかというと、闇鍋の如きネットDVDレンタル屋が送ってきたからである(私が利用している某TSUTAYAは、借りたい物のリストをあらかじめこさえといて、それまで借りてたDVDを返すと、その時点で貸し出し可能なものを上から順に送ってくるシステム。貸し出し可能なDVDというのは日々変動するため、実際にDVDが送られてくるまで何が到着するか分からない。ことごとく貸し出し中だったりして、上から10番目のものが送られてきたりもする)。

公開当時、結構評判が良かったので、まずまず期待していたんだけど、私はどうも期待の方向性を間違えてた模様。そういやコレ、ディズニーでブラッカイマーでしたわ。
まぁ、映画館で何も考えずに見る分には楽しいだろうと思うけれど、全体の印象としてはニコラス・ケイジのお顔そのままの映画だったなぁ。←多義的解釈が可能な物言い、でもないか。

ストーリーについては結構どうでもいいんだけど、一言だけ主人公ベンに申し上げたい。
発砲された時に盾にする物を間違えとりゃせんか。学問の徒として、トレジャー・ハンターとして、海よりも深く反省されたし。

ダイアン・クルーガーは文句無くお綺麗でした。某007のデニス・リチャーズのように、「これが物理学者?ありえねぇ!」みたいなこともなく、何を着ても品良く美しかった。

ライリー役のジャスティン・バーサ、イーサン・ホークとガエル・ガルシア・ベルナルを足して2で割ったような雰囲気で、すごいキュート!こういう大作じゃなくて、ピリッと小粒な作品で見てみたいかも。

最後に、誰かさんっってば、裏切るの早過ぎ。

感想になってませんね、すみません。何しろ「近況」でお茶を濁そうかと思ってたくらいなんで…。

|

« 今すぐ話せるフランス語 自由自在編 | トップページ | [映画]カポーティ »

映画」カテゴリの記事

コメント

>全体の印象
わはは、バカうけです~~。ファンの方には怒られそうですが。出演作をろくに見ていないので「俳優として如何に?」はコメントを差し控えますが、それ以外の部分についてはいろいろ微妙というか、仰るところの多義的というか(以下自粛)奈辺に魅力が存在するのか誰かに訊いてみたいと思うのですよ。この際、語ってくれてもOKなんですけど。

この映画は基本にのっとり、ポップコーンを用意してスクリーンでご覧になるのが王道かと思います。確か"2"も作られるとか。誰かさんに関しては「請う:脱獄してでもカムバック!」という声があるとかないとか(笑)

投稿: 玉兎 | 2007年1月 9日 (火) 00:39

玉兎さん、こんばんは。

ははは。私もニコラスさんについては、ちょっと奥歯に物が挟まってしまいます。ダイアン・クルーガーが麗しいだけに「ちょっとぉ…」って思っちゃいました。
積極的に嫌いって訳ではないんですけどね。

私も、「脱獄してでもカムバック!」に一票!
あんな役ですが(笑)、相変わらず良い声してるな~と惚れ惚れしちゃいました(^^)。ふふ。

投稿: 青猫 | 2007年1月 9日 (火) 23:15

「ナショナル・トレジャー」ってなんじゃ?な映画ですよねー。
映画館で観ちゃったよ、コレ(涙)
悪者もヘナチョコだし(ほんとにショート・ラウンドでも倒せるよっ)、ニコラス馬さんが走ったりしてアクションもどきをする、しようとしてもアクションになってない姿がゆるせなーいでした。
>ニコラス・ケイジのお顔そのままの映画
ブラボー!間延びするにもほどがありますわよね。

投稿: 丸々 | 2007年1月15日 (月) 21:04

丸々さん、こんばんは。

丸々さんは映画館でもダメだったんですね(^^;)。まぁ、あの映画、ニコラスさんをお嫌いだと厳しいかも…。
私としては、ダイアンさんがどうしてニコラスさんに惹かれるのか、その辺をとくと説明して欲しいです(笑)。

謎をクリアして次の場所に行って、また次、次、っていう展開がちょっと捻りが無くて単調に感じました。何しろお家で見たので、集中力がもたなくてー(^^;)。

悪人のヘナチョコぶりは、ディズニーだからかしら。あまり悪辣でもまずいですよね、きっと。

投稿: 青猫 | 2007年1月16日 (火) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/13395072

この記事へのトラックバック一覧です: [映画]ナショナル・トレジャー:

« 今すぐ話せるフランス語 自由自在編 | トップページ | [映画]カポーティ »