« アンデルジェフスキ「ショパン・リサイタル」 | トップページ | 今年の越冬は楽だったけれど »

2007年3月 6日 (火)

CD散財録

オフ日もかなりガッツリ仕事したので自分にご褒美(言い訳)。

B0000BWTK3Grieg, Schumann: Piano Concertos
Edvard Grieg Robert Schumann Mariss Jansons
EMI 2003-09-30

by G-Tools

しつこいけれど、私はツィメルマン至上主義である。
ツィメルマンのCDがある曲については、他のピアニストの演奏について非常に採点が辛くなってしまうのが困り物。

グリーグのP協については、カラヤン+ベルリン・フィル+ツィメルマンという(個人的)超強力盤があるので、わざわざ他の人のCD買おうとは思わなかったんだけど、アンスネスを何か買おうという際に、まぁやっぱりお国物とは外せまいということで、恐る恐るグリーグのP協を買ってみた。
なお、この「恐る恐る」は、アンスネスが良くないのでは?という心配ではなくて、私が偏屈ゆえにさして楽しめないのでは?という危惧である。

結局、杞憂だったというかなんというか、ものすげぇ良いです、ヤンソンス+ベルリン・フィル+アンスネス。
思わず、「ちくしょう」などと行儀悪く呟いたそのココロは一体?
まぁ、これも複雑な女心(?)っつーか。。。

いやでも、マジメな話、オケも、さーすーがーベルリンフィル!!って感じ。
楽器がよく鳴ってて、それでいて大変に流麗で麗しい。

やばいな、ヤンソンスのCD欲しくなってきた。

B000I6BLZOバッハ:ピアノ協奏曲第1番&第2番&第5番(初回生産限定盤)
シュタットフェルト(マルティン) ルツェルン祝祭弦楽合奏団 フィードラー(アヒム)
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-10-18

by G-Tools

バッハさん。
最近話題のシュタットフェルトだけど、屈折した鬱々(@千秋)だったら、違う人のが良かっただろうか。

B000BU6P94シューベルト:ピアノソナタ第19番&第20番&第21番
アファナシエフ(ヴァレリー) シューベルト
コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-12-21

by G-Tools

「「悲惨の王」の早すぎる晩年の暗部。天国的な長さを綴る冥府の音」
キャッチコピーに引っ張られた(こんなのに引っ張られるなー)。
聴いて、冥府に行きっぱなしになったらどうしてくれるよ…。

|

« アンデルジェフスキ「ショパン・リサイタル」 | トップページ | 今年の越冬は楽だったけれど »

CD散財録」カテゴリの記事

Pianist: Leif Ove Andsnes」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
師匠のグリーグ&シューマンは、月並みな言い方ですが瑞々しい演奏ですね。どちらも他の奏者にはないハッとさせられる瞬間、みたいなものがあります。
アンスネスのも良さそうですね、今度聴いてみたいです。

マルティンのは、バッハよりボーナストラックのベルクのソナタ目当てで買いました。
で、何度もリピートして聴いてます。
メロディーのうねりに身を任せると何とも心地いい…
スクリャービンに通じるような感じがします。

投稿: ユウカ | 2007年3月 7日 (水) 10:06

ユウカさん、こんばんは!

髭師匠のグリーグ&シューマンは、瑞々しくてすごくシャキっとした演奏ですよね(^^)。鮮度が高いというか。。。若々しくて、ものすごくキラキラしてて、久々に聴いて転がりたくなってます(笑)。

アンスネスも良いです。アンスネスもツィメルマンも2人とも正統的というか、変なことは全然やってないのに、どちらもそれぞれ「らしさ」がありますねぇ。。。

マルティンさん、バッハのボーナスにベルクとシェーンベルクというのもすごいですが、ベルクのソナタ目当てとは、ユウカさんも渋いですね~。そうですか、ベルク良いですか。うーん、ボーナスを先に聴こうかな。

投稿: 青猫 | 2007年3月 7日 (水) 23:56

さすがにシェーンベルクは???だけど、ベルクは
充分聴くに堪えますよ(笑)ロマンティックだし…

今日は私も「ブレハッチ~ブレハッチ~」と呪文唱えます。忘れそうな時間なんですもの。

「プライドと偏見」お時間があったら是非見て下さい。BBC版のMr.ダーシー(もちろんコリン)と比べるのも楽しいですし…^^

投稿: ユウカ | 2007年3月 8日 (木) 17:12

ベルク、ちゃんとメロディありますね(笑)。しみじみとした哀愁って感じかしら。。。

そういえば、このシェーンベルクは埼玉でアンスネスが弾いてた曲でした(^^)。こういう現代音楽も弾き手との相性が良ければ、結構楽しく聴けるものですね。

余談ですが、私、師匠のCDで入手可能なもので買ってないのってヴェーベルンだけだったりするんですが、さすがにヴェーベルンのボックスセット(!)には腰が引けます(笑)。

「プライドと偏見」は、色々な人に勧められます。BBCの評判が良いですが、映画版も良いみたいですね。
一応、見るまでは返しませんので、いつかは見るつもりです(笑)。

投稿: 青猫 | 2007年3月 9日 (金) 00:03

すみません、記事とは関係ないんですが・・・「ブレハッチ~」の呪文、忘れていました(泣)。パソコンにメモしてたけど、先週は頭が痛くてパソコンを開かなかったのでこんな事に。メモは原始的な手書きが良いようです。
ヴェーベルンのボックスセットですか。お髭の君はそのうち何曲ぐらい弾いてらっっしゃるんですか?

投稿: petit viola | 2007年3月12日 (月) 01:06

こんにちは。
お風邪だったんでしょうか。もう回復されたのなら良いのですが、どうぞお大事になさって下さいませ。

ブレハッチさんは、私もPCで録音しようとしたらちょっと失敗気味(^_^;)。素直にカセットでやれば良かった。
再放送期待してます~。

ヴェーベルンはですね、「ピアノのための変奏曲 作品27」ですね。30分の大曲だったらそんなに迷わないような気もするんですが(たとえ6枚組であっても!)、数分なんですよねぇ。結構聴いてみたい曲ではありますが。
うー、悩ましい。。。

投稿: 青猫 | 2007年3月12日 (月) 18:50

ご心配頂いてすみません。普通の風邪でしたがもうすっかり回復しました。ありがとうございます。

>テープに録音
アナログなものって以外に侮れないですよね~。先日の手書きメモにしてもそうでしたけど。DVDとかCDも一旦壊れちゃうと修復不可能ぽいですけど、ビデオテープなんかだとテープが切れちゃっても上手に繋げれば何とか他の部分は見られたりしますよね~(←経験者・笑)。
別にそういう理由からではありませんが、我が家はDVDレコーダーが壊れたままなのでBS2のブレハッチ君の放送もビデオテープに落としました。元々BS2の画像がすごく悪いので、人様にダビングして差し上げる程の代物じゃないなぁと。こんなものでお役に立てるのでしたらおっしゃって下さいませ。

ヴェーベルン、例のCD買わない大作戦の為に導入した(結局失敗しとりますが)ナクソスで聞いてきましたが、どこがどうバリエーションなのかさっぱりわからずじまい。あれぐらいならうちの息子にも作曲できそう・・・(笑)。でもお髭の君が弾いたら目が覚めるように素晴らしいんだろうな~♪とそっと背中を押してみる(笑)。

投稿: petit viola | 2007年3月14日 (水) 00:03

petit violaさん、こんばんは。
ビデオテープとかカセットテープ、私も手で繋いだ事あります(笑)。カビさえ生やさなければ、以外と長持ちかもしれませんね。
逆に、CDの寿命は意外と短いような話もきくので、ちょっと心配したりもするんですが。

ブレハッチ君の映像、ご心配、ありがとうございます(^^)。実は某巨大動画サイトに出てたので、ボチボチ見られてます。結構音も綺麗です。

ヴェーベルン、ポリーニやアンデルさんのCDを持ってますが、聴いてるとなんかいつの間にか終わってることが多いですね。。。愛が足りないんでしょう(^^;)。
ボックスセットはもうちょっと考えます。いよいよ買うものが無くなった時のためにとっとこうかな。。。

投稿: 青猫 | 2007年3月16日 (金) 00:39

 青猫さん、こんばんは。
私も先日、このアンスネスのCD買いました。さいたま芸術劇場のコンサートに行き損ねて、ほんとに残念だったので、その代わりみたいなもんでした。
 聴いてみて、すっごーーーく気に入ってしまいました。やはり、シューマンよりグリーグの方がインパクトがありますね。北欧ものは北欧に任せろって感じがしました。
 私の職場の隣の席に、ドイツと北欧の音楽好きな同僚がいるのですが、このCDを紹介したら、やはりすっごーーく気に入ってくれました。
 この人に教えてもらい、ヤンソンスのシベリウス2番を聴いてみたのですが、これが、ほんとに素敵でした。シベリウスって、「フィンランドの自然」が、絵画を見ているように伝わってきました。

投稿: プーとパディントン | 2007年3月24日 (土) 20:34

プーとパディントンさん、こんばんは♪

グリーグのP協、良いですよね~。北欧のクールな空気を感じるんですが、温かみもあって、冷た過ぎなくて素敵だなぁと思います。アンスネスって曲の綺麗な部分を最大限引き出すことができる人じゃないかしらん、と感心してます。それから、彼の音楽って人工的な美しさじゃなくて、大自然をイメージさせるものがありますね。。。

シベリウスの交響曲の2番ですか。
実はシベリウスのオケ曲って、「フィンランディア」くらいしか知らないんです…(^_^;)。あ、そういえば千秋がパリデビューでやったのが交響曲2番でしたね。ヤンソンス指揮ですか~。うーん、聴いてみたくなってきました(笑)。

投稿: 青猫 | 2007年3月24日 (土) 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/14163078

この記事へのトラックバック一覧です: CD散財録:

« アンデルジェフスキ「ショパン・リサイタル」 | トップページ | 今年の越冬は楽だったけれど »