« Favourite Beatrix Potter Tales | トップページ | アンデルジェフスキ「ショパン・リサイタル」 »

2007年3月 2日 (金)

Long Way Round

1405500700Long Way Round
Ewan McGregor Charley Boorman Rupert Degas
Time Warner AudioBooks 2006-08-08

by G-Tools

Long Way Round の朗読CD。abridged版の5枚組。
PB感想はこちら

これ、UKアマゾンに予約したら発売が遅れに遅れて、散々待たされて(確か1年くらい)、挙句に届いてみたらナレーションがユアンでもチャーリーでもなかったのでちょっとガッカリしてしまったCDである。
事前の商品情報が貧弱だったんだよね。。。
一瞬、返品しようか、なんて思ったりもしたんだけど、それも面倒くさくて、適当な袋に入れたままどこぞにしまい込んでしまっていたのである。
下手をすれば、1回も聴くことなくアマゾンマーケットプレイス行きという可能性も無いわけではなかったのだが、、最近また何か朗読CDでも聴こうか、な気分だったので、めでたく(?)発掘されたのである。

実際に聴き始めたら、大変面白くて、結構夢中になって聴いてしまった(まだ1枚目で旅に出てすら無いのだけれど)。
朗読だと、TVとはまた違った、血の通った雰囲気が感じられて良い。
これで「旅」の部分になったら、ブーブー文句言ったり怒ったり泣きが入ったり落ちたり上がったりする様子をたんまり聴けるのかと思うと結構楽しみかも。

だけど、これはやっぱり、本人たちのナレーションで聴きたかったなぁ。。。
まぁ、こんなのを後から改めて自分で朗読するなんてのも、こっ恥ずかしいものかもしれないけれど。

ユアンパートを読んでいるMark Boonarさん、スコティッシュ・アクセントかな?
ちょっと聴き取りにコツが必要な感じ。
チャーリーパートのRuppert Degasさんの方が、いわゆる英国英語っぽくて耳に馴染むし、頭にもよく入ってくる。
本を読んでた時はついついユアンパートばかり一生懸命読んでしまってたので(チャーリー兄、ゴメン)、これでバランスが取れるかも。

|

« Favourite Beatrix Potter Tales | トップページ | アンデルジェフスキ「ショパン・リサイタル」 »

英語リスニング・英会話」カテゴリの記事

コメント

おお! 待ちに待ってらした朗読CDのは実はご本人たちの朗読でなかったというのは残念でしたねぇ。
でも実際に聞いてみたら、おもしろい、というのはすばらしい。そういえばこの本、意外と旅に出るまでも長いんですよね。ウチにはDVDが積んであるので(^^;)DVDみなくては.....

投稿: すなみ | 2007年3月 2日 (金) 00:23

これ、チャーリー兄のパートの声が妙に男前です(笑)。ユアンパートのスコティッシュ・アクセント(?)はやや投げ気味ですが…。

ところで、すなみさん、まだDVDご覧になってなかったんですか。
DVD面白いですよ~。笑えますよ~。カワイイですよ~(笑)。
私にとっては、かなり癒し系です。

投稿: 青猫 | 2007年3月 3日 (土) 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/14093083

この記事へのトラックバック一覧です: Long Way Round:

« Favourite Beatrix Potter Tales | トップページ | アンデルジェフスキ「ショパン・リサイタル」 »