« Long Way Round | トップページ | レコード芸術 2007年4月号 »

2007年3月19日 (月)

アンデルさん、ネットラジオで放映

ネットラジオメモ。

2007年3月21日(水)
20:03-22:03(現地時間12.03-14.03) NRK Lunsjkonser  ノルウェー国営放送・クラシックラジオ
ノルウェー語が分からん…。
ストリーミングまで辿り着くのが結構アレかもしれないので、そういう方は「海外ネットラジオのクラシック音楽番組」さんからどうぞ。

<プログラム>
モーツァルト: 幻想曲ハ短調・ピアノソナタハ短調(K.475, 457)
ベートーヴェン: 6つのバガテル op.126
同上 : ピアノソナタ31番変イ長調 op.110
(ピアノ)ピョートル・アンデルジェフスキ [Piotr Anderszewski]
2006年5月23日ライブ konsertsalen i Schwetzingen

短調のモツァルトね。
反癒し系なモツァルトじゃなかろうか。
個人的にはベトヴェンの31番が好きです(CDしか聴いてないけど)。
アンデルさん、32番とか弾いてくれませんかね。

31番が入ってるのはコレ。

B000239ABUBach: English Suite BWV 811; Beethoven: Piano Sonata Op. 110; Webern: Variations, Op. 27
Johann Sebastian Bach Ludwig van Beethoven Anton Webern
Virgin 2004-07-13

by G-Tools

バッハとベトヴェンとヴェーベルンという、ちょっと普通じゃない食い合わせ。

ところで、誰ですかこれわ。
ジャケ写間違ってない?

B00005HKLGバッハ&ベートーヴェン
アンデルシェフスキ(ピオトル) バッハ ベートーヴェン
デジタル・メディア・ラボ 2000-08-25

by G-Tools

|

« Long Way Round | トップページ | レコード芸術 2007年4月号 »

Pianist: Piotr Anderszewski」カテゴリの記事

コメント

ネットラジオ情報有難うございます。
忘れないように、忘れないように・・・

ウェーベルン試聴してみました・・・
こりゃシェーンベルクよりキツイですわ(笑)

BBC版6時間は目が充血しました。
原作の雰囲気に近いのはこちらでしょうね。
映画のダーシーは人情味があるけど、コリン・ダーシーは冷たいの…でもそこが良かったりして~

投稿: ユウカ | 2007年3月21日 (水) 17:50

今晩は。
ありゃりゃ・・・終わってる(汗)。折角教えて頂いたのに。

>ジャケ写
私出来たら、下の方のジャケットのが欲しかったんですけど、在庫なかったんで上のにしました。アンデルさんに会ったら質問してみたい。「なんでそんなに前髪短くするの?」ってー。
しかしながら、このCDお気に入りです!ウェーベルンも段々良くなって来たかも、ははは。

投稿: petit viola | 2007年3月21日 (水) 22:46

ユウカさん、こんにちは。

ヴェーベルンとシェーンベルク、どっちが難易度低いかは難しすぎて私には分かりません(笑)。でも確かにシェーンベルクの方がとっつき易いかもしれませんね。

BBC版はイッキミですか?!一度見出したら止まらないって感じでしょうか。
ダーシー比較もしたいです。っていうか、コリン・ダーシー見てドキドキしたい…。
映画版はキーラちゃんが意志の強くて賢いヒロインに合ってて良かったと思いました(^^)。

petit violaさん、こんにちは。
すみません、告知が直前で(^^;)。
最近のアンデルさんは前髪短いですよね。
モン○ッチ?(爆)
私も前髪長い方が、スマートに見えてよいと思うんですが…。
バッハとベートーヴェンとヴェーベルン、実際に聴いてみると、意外と合ってる組み合わせなのかも?とも思います。最初、ベートーヴェンの3楽章のトラックの切り方にビックリしましたけど。私もヴェーベルン、聴き込んでみようかな。。。(ヴェーベルンボックスの予習のため?)

投稿: 青猫 | 2007年3月22日 (木) 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/14317155

この記事へのトラックバック一覧です: アンデルさん、ネットラジオで放映:

« Long Way Round | トップページ | レコード芸術 2007年4月号 »