« ネットラジオでルトスワフスキ | トップページ | Draeming of you »

2007年5月 8日 (火)

[映画]ハッピーフィート

<ストーリー>
皇帝ペンギンの世界では歌うことが大事。皇帝ペンギンたるもの、心を伝えるためには何はさておき歌わなければならない。しかし、主人公のマンブルは致命的に歌が下手だった。そんなマンブルが自分の心を伝えられるのは、ダンス。やがてマンブルは伝統と秩序を乱す異端児として、長老から追放されてしまう。

何となく「リトル・ダンサー」を思い出しながら見ていた(といっても最初だけだけど)。
ダンスに思いの丈をぶつけるビリー、何かを伝えようとするとパタパタと足が動いてしまうマンブル。
ビリーは「男のクセに」といわれ、マンブルは「ペンギンなのに」と周囲から白い目で見られてしまう。
この映画には、人と違うということは個性であり長所なのだ、というメッセージがあるように思われるけれど、人と違う自己表現しかできないゆえにリアルに迫害されるマンブルの姿と、環境問題バリバリな後半のストーリー展開には、ハテ、これって対象年齢いくつなんだ?と思ったのは私だけではあるまい。
ただ、自分の子供が他と違う時に親はどう行動するべきか、なかなか痛いところを付いているので、親が小さい子と一緒に見るというのも悪くないような気がするけれど。

まぁ私はおヒュー様(歌うヒュー・ジャックマンには「お」と「様」付けるぞ)が歌ってくれればなんでもいいんだけど。
あのメンフィス、どっからどうみてもヒュー・ジャックマンにしか見えんかった。

しかし、最近のアニメというのはここまで来たか、、、と感心してしまった。
リアルというか細密というか、特に壮大な南極大陸の描写は実写と見紛うばかり。
加えて、あのほわほわのお腹の毛には、終始癒されっぱなしであった。

子ペンギンの可愛さとおヒュー様に★★★+ってところかな。

あ、そういえば、某ジェダイのカメオ出演はすーっかり忘れてて、チェックし損なった。
うー、愛が足りないな。。。
どんな風体でしたか?>確認済みの皆様。

|

« ネットラジオでルトスワフスキ | トップページ | Draeming of you »

映画」カテゴリの記事

コメント

どうもこんばんは、
確かにメンフィスは「おヒュー様」が透けて見えましたよ、でもなんで”お”付きなんだろ?
某ジェダイは微塵も気付きませんでした、、、、

投稿: くまんちゅう | 2007年5月 8日 (火) 21:47

いえ、なんか「様」だけじゃ足りないかしら、、、なんて。最上敬語?
某ジェダイ氏は何か必然性があって出たのかなぁ。あ、必然性が無いからカメオなのか(^^;)。。。

投稿: 青猫 | 2007年5月 9日 (水) 21:12

ほ~、お話にでていた若き日のオビワンが、やはりいたのですね。
てことは、あのシーンだけはアニメではなく実写だったのでしょうか。
「本物みたいだねえ!」って感動していた わたくしと娘でした。

投稿: 丸々 | 2007年5月10日 (木) 23:44

この映画、全体的にすごく実写っぽく見えて、部分的にアニメなんだか実写なんだかよく分からなくなる瞬間がありました。EM部分は、ゴラムのようにモーションキャプチャーとかやったんでしょうか。まさかね(笑)。

投稿: 青猫 | 2007年5月12日 (土) 02:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/15001843

この記事へのトラックバック一覧です: [映画]ハッピーフィート:

» 「ハッピー・フィート」先行上映で見てきた映画感想 [Wilderlandwandar]
なにかと話題の踊るペンギンアニメ映画「ハッピー・フィート」(原題HappyFee [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 02:12

« ネットラジオでルトスワフスキ | トップページ | Draeming of you »