« ミーシャに振り回される一週間 | トップページ | [映画]俺たちフィギュアスケーター »

2008年1月17日 (木)

CD散財録

B00005AVMNDinu Lipatti plays Chopin, Enescu, Ravel, Liszt & Brahms
Johannes Brahms Fryderyk Chopin George Enescu
EMI 2001-04-10

by G-Tools

お目当てはショパンのソナタ3番だったんだけれど、これ、ラヴェルの「道化師の朝の歌」が入ってた。「道化師…」、のだめ効果で、瞬間的に人気曲になってたりするんだろうか。


E.Ysaye Six Sonatas for Violin Solo Gidon Kremer
HMVの商品頁
若い頃のクレーメルの、イザイ無伴奏ソナタ。たまたま見かけて視聴して、3秒で即決。


B000VJ2710Shostakovich: Piano Concerto No. 1; Piano Quintet; Concertino for Two Pianos
Mischa Maisky Dmitry Shostakovich Alexander Vedernikov
EMI Classics 2007-10-23

by G-Tools

アルゲリッチのショスタコーヴィッチのP協1番。今、地上のCD屋では、クラで一番売れてるCDっぽいですね。この曲は多分聴いたことが無いので、今回初挑戦。


B000SSPL2GBeethoven: Piano Concerto No 5
Mikhail Pletnev
Deutsche Grammophon 2008-01-21

by G-Tools

ミーシャのベートーヴェンP協全集の最後を飾る5番「皇帝」。こちらも地上のCD屋では結構扱いがでかくて、本屋でいうところの平積み扱い?CD屋では積むよりも、ジャケの表をこちらに向けて並べることが多いと思うけれど、某タワーではかなりのスペースを占拠してて、ダッと一面ミーシャという、ある意味気味の悪い情景を見かけた。思わず、ちょっと、これ、そんなにプッシュしても良いものなの???などと、聴いてもないのに酷いことを考えてしまいましたよ。。。
演奏はやや前にのめってて、いかにもライヴっぽい感じ。この辺のテンション、(てんぱり具合まで)オケとピアノが完全に同調してるのが面白い。ミーシャとロシアナショナル管は一心同体、毒を食らわば皿まで(用法間違い)、ですか…。
ちなみに、使用楽器はブリュートナーだそうです。


Goldberg Variations Gustav Leonhartd
HMV商品頁
なぜかチェンバロ。グスタフ・レオンハルトのゴルトベルク変奏曲。

|

« ミーシャに振り回される一週間 | トップページ | [映画]俺たちフィギュアスケーター »

CD散財録」カテゴリの記事

コメント

 リパッティは素敵ですよね・・・ほんとに.長生きして欲しかったです。彼のベートーベンのソナタがあったらいいのにと思います。私はグリーグとシューマンのコンチェルトも好きです。ショパンのコンチェルトはオケのほうがもう一つで、ツィメ氏とジュリーニ版の方が気持ち良く聴けます。ミーシャのCDは古いほうから集めているのでベートーベンのコンチェルトはまだ持ってないのですが、ここでもブリュートナーをっ使っているのですね。モーツァルトのソナタのCDもブリュートナーでした。相変わらずのミーシャ節で、すいぶんと個性的なトルコ行進曲でしたが。

投稿: エル | 2008年1月17日 (木) 15:46

エルさん

リパッティは、録音が悪いものが多いのが残念ですが(特にショパンのP協は音がヨレヨレですね…)、音が悪くてもそれでも伝わってくる凛としたものがありますよね。ベートーヴェン、後期ソナタを聴いてみたかったなぁ。
ショパンのP協は、前にも書きましたが、ツィメルマン&コンドラシン&コンセルトヘボウのライヴのCDが本当に好きで好きで、ツィメルマンの演奏の中では一番リピート回数が多いかもしれません。

ブリュートナー、古典派に向くんでしょうか。高音がキンキンカンカンしないんだなぁ、なんて思いつつ聴いておりましたが。
ミーシャのモーツァルトは怖くて手が出ません。。。個性的なトルコ行進曲はちょっと興味あり、ですが。

投稿: 青猫 | 2008年1月17日 (木) 23:15

アルゲリッチのショスタコは、今夜の朝日夕刊にも評が載ってました。ちょっと気になってます。
音楽現代1月号に、木之下晃さんが横浜で撮影したツィメ様&クレメルの写真出てました。

投稿: Melody | 2008年1月18日 (金) 00:47

Melodyさん

アルゲリッチのショスタコは、「あ、あの、まだ姐さんとお呼びしてもよござんすか?」という演奏です。ライヴ特有の「何か憑いてる感」が味わえますよ。っていうか、これで(2006年当時)65歳と言われても、年齢詐称してるんじゃなかろうか、、、なんて思ってしまいます(^_^;)。

音楽現代ですか~、うちの近所の本屋にあったかな。チェックしてみまーす。

投稿: 青猫 | 2008年1月18日 (金) 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/17720981

この記事へのトラックバック一覧です: CD散財録:

« ミーシャに振り回される一週間 | トップページ | [映画]俺たちフィギュアスケーター »