« CD散財録 | トップページ | 英語のセンスを磨く―実践英語への誘い »

2008年2月14日 (木)

CD散財録

B0000VM3Y0Louis Lortie Plays Ravel's Complete Works for Solo Piano
Maurice Ravel Louis Lortie
Chandos 2004-01-20

by G-Tools

ルイ・ロルティのラヴェルピアノ曲集(2枚組)。
ロルティはフランス系カナダ人ピアニストで、1959年生まれ。

のだめスペシャルを見て、ラヴェルの「道化師の朝の歌」の良い演奏を聴きたいなぁと思っていましたが、手持ちのCDでコレというのがない。。。
元々、ラヴェルはなかなか好みの演奏にブチ当たらないんだけど。

このたび、ロルティだったら良かろうなぁと思って買ってみました(実は、コレの1枚目はバラで所有してんですけどね…)。

「道化師…」は予想通り、私の好みにドンピシャでした。
「オンディーヌ」なんかもすごく良い。
都会的で洗練されたラヴェルです。
全体的に瑞々しくてすっきり細身な響きという印象。
音、綺麗です。


B0010MJOWWモーツァルト:交響曲第40番/セレナータ・ノットゥルナ(DVD付)
オノフリ(エンリコ) ソスピーロ(ディヴィーノ) モーツァルト
HARBOR RECORDS 2007-11-21

by G-Tools

オノフリさんとディヴィーノ・ソスピーロ、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンで話題になってましたね。
うーん、すごく面白いと思うんだけど、ちょっとダメかも。。。
なんだか聴き疲れてしまった。
ただ、こちらの精神状態のせいという気もするので、また元気な時にリベンジします。

|

« CD散財録 | トップページ | 英語のセンスを磨く―実践英語への誘い »

CD散財録」カテゴリの記事

コメント

私も自分好みの『道化師の朝の歌』を探して久しいんですけど、意外とこの曲の名演って少ないですよね。
キレがあって、でもちょっと酔っぱらった感じで・・・って、難しい注文ですかね〜(^_^;。
ロルティさん、覚えておきます。

投稿: かねこ | 2008年2月17日 (日) 18:52

かねこさん

この曲って、相当な難曲なんですよね。だから、キレがあるってだけでも結構ハードルが高いかもしれません…。
フランソワのも聴いてみましたが、ちょっと酔っ払ったというか、二日酔いの道化師というか…(笑)。

ロルティの「道化師…」は酔っ払った感じは無いかな?むしろ、寝起きがすごく良さそうな感じです。目が覚めて5分とかで朝御飯食べてそうだな…。なかなか鮮やかな演奏で私は好きですけれど。

投稿: 青猫 | 2008年2月18日 (月) 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/40115355

この記事へのトラックバック一覧です: CD散財録:

« CD散財録 | トップページ | 英語のセンスを磨く―実践英語への誘い »