« 'My piano almost dreams with me' | トップページ | 英会話=英作文? »

2008年5月28日 (水)

Pianist2冊

日付変更線をまたいでヨロヨロと帰宅して郵便受けをのぞいたら、AIR MAILが。やた!きた!
ちょっと前にReturn of the Kingでご紹介した、英のジャーナリストJessica Duchenさんが取材されたツィメルマン記事掲載の雑誌です。
記事自体はJessicaさんのブログでPDFファイルが閲覧できますが、いーの、とりあえずこの表紙を眺めたかっただけなの。

P5280438

UKの通販は大体仕事が速いので上手くすればウィークデイ中5日くらいで来るかも?って思ってたらドンピシャでした。
19日(月)注文で27日(火)着ですから、本当に最短ですね。

で、1冊だけだとなんだか勿体ないので、アンデルさんのインタビュー掲載のバックナンバー(No.2, winter edition January 2002)も抱き合わせてみました。
まだ読んでませんが、写真見てお洒落な人だなぁと感心してます。

|

« 'My piano almost dreams with me' | トップページ | 英会話=英作文? »

Pianist: Krystian Zimerman」カテゴリの記事

Pianist: Piotr Anderszewski」カテゴリの記事

コメント

こういったポーズで写真を撮らせる・・・のが意外な感じがしました。
でもとってもいいですよね。lovely
イチコロ・・・です。
それにしても、eccentric調べると、
「〈人・行為などが〉常軌を逸している, 異常な, とっぴな, 放逸な, 妙な, 変な, 風変わりな, 変わった」
いやぁ、これだけの言葉が並ぶとねぇ、まぁいいですよ。
異常だろうが摩訶不思議だろうが、もう、ツィメ様なんだから・・・。(笑)

投稿: Melody♪ | 2008年5月30日 (金) 00:12

Melody♪さん

もう、顔がニヤけてしょうがないんですよ。。。どうしましょう。

こういうカジュアルな感じは、ちょっと意外ですよね。路線変更?大歓迎です。

enigmaticにeccentric、まぁ、世間でそういわれてしまうのもわからないではありません。でも、一見突飛に見える行動にも、一つ一つ理路整然と理由があるような印象を受けるので、そんなにenigmaticでもないかな?
そもそも、ピアニストはもっと変な人も結構いるんじゃないかなぁなんて思ってみたりして。

投稿: 青猫 | 2008年5月30日 (金) 22:19

偶然ですが、イギリスに行っていた知り合いとメールで連絡が取れて、買ってきてもらっちゃいました。(*^。^*)
中身読めないのにねぇ・・・眺めるだけ。(笑)

投稿: Melody♪ | 2008年6月 5日 (木) 01:34

Melody♪さん

おめでとうございます~。
お知り合いがイギリスにいらしてたなんて、良いタイミングでしたね。
私としては、表紙だけでも「買い」ですheart(こんなに良い写真、珍しい(笑))

投稿: 青猫 | 2008年6月 5日 (木) 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/41348451

この記事へのトラックバック一覧です: Pianist2冊:

« 'My piano almost dreams with me' | トップページ | 英会話=英作文? »