« 2008年上半期に見た映画 | トップページ | Krystian Zimerman Chopin Schubert »

2008年7月 7日 (月)

Brutus 2008/7/1号諸々

B001AMBC5EBRUTUS (ブルータス) 2008年 7/1号 [雑誌]
マガジンハウス 2008-06-16

by G-Tools

充実の井上雄彦特集(井上雄彦公式HP:FlowerINOUE TAKEHIKO ON THE WEB))。
2008年5月24日(土)~7月6日(日)の会期で上野の森美術館でやってた(と思ったら、今日一日のみ会期延長したみたいですね)「井上雄彦 最後のマンガ展」に関することに始まり、旧作、現在進行形の作品についても色々。
略年表もあって分かりやすいです。
本人の言葉も豊富。


せっかくなので、展覧会の感想も一応載せときます(某所に書いたものの焼き直しっぽいものですが)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
井上雄彦 最後のマンガ展
上野の森美術館
2008年5月24日(土)~7月6日(日)

美術館の空間をフルに使った、100点の描き下ろしによる「空間マンガ」。
普通のマンガの原稿状態のもの、数mの大作、10cm四方の小品、直接白い壁に描いたもの等々を組み合わせてストーリーを展開させている。
いわゆる原画展ではないし、パネル等の作品状のものもあるけれど作品展でもない。

やっぱり、「マンガ」なんですね。
ただし、見てるとふつふつと「マンガって一体何なんだろう」という思いが湧いてくる。
彼自身、マンガで一体何ができるのか、どこまで行けるのか、ずっと自問自答しているのではないだろうか、と思えてくる。

この展覧会、まさにマンガ表現の極北といえるのではないかと思う。
マンガというメディア特有の表現上の制約というのは必ず存在すると思うのだけれど、マンガ表現の可能性をとことん突き詰めて、ある部分で突き抜けちゃってる感じ。
漫画家の誰も見たことのない地平をたった一人見つめているのではないか、そんな気がしてくる。
井上雄彦というクリエイターは、どこを目指しているのだろう。

それにしても絵が上手い。
無茶苦茶に上手い。
普通のペン画のものに加えて、完全に水墨調のものがかなりあるんだけど、どれも実に達者。
きっちりかっちりな絵も描けるし、一方で単にテクニシャンというだけではなくて、エネルギーに満ち、運動性や即興性の強い絵も多い。
筆致が表情豊かで、まさに筆跡(ふであと)が様々なことを物語っているような印象すらある。
筆跡そのものがドラマを帯びてるようでもあるし、画面の向こう側にいる描き手の存在、身体性なんかを感じさせるようなところもある。
あの筆さばきは本っ当、尋常じゃないですよ。


この展覧会、出品作品を完全収録した図録「いのうえの 満月篇」が出るそうです。
会場で売られてた、メイキング・ドキュメント的な性格の強い図録「いのうえの 三日月篇」も面白かったけれど、やっぱり満月篇が楽しみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、ついでと言っちゃなんですが、Brutusのp.126にはカラヤンとグールドのベートーヴェンのP協のCDの紹介がありましてですね。
ちょっと前にグールドかっこいいとかジャケのデザインが良いとかきゃーきゃー騒いでたCDです。

B0013V3VNIBeethoven: Piano Concerto No.3; Sibelius: Symphony No.5
GLENN GOULD HERBERT VON KARAJAN
SONY CLASSICAL 2008-04-29

by G-Tools

CDのブックレットに掲載されてる写真4枚も紹介されてるのを見て改めて良い写真だなぁと思い、ネットで探してみたところ、写真家さん(Erich Lessing)のHPがありました。
Erich Lessing Culture and Fine Arts Archives
Erich LessingさんはKarajan先生をいっぱい撮ってる方のようですが、Gouldの写真も何枚かありました。
さまざまなジャンルの写真を撮られているようで、Reportageの写真なんかもとても魅力的でした。

|

« 2008年上半期に見た映画 | トップページ | Krystian Zimerman Chopin Schubert »

コメント

会期一日延長したんですね。 ぎりぎり飛び込んで見てきましたが「マンガを空間で読む」という経験にはぐらぐらしました。美術館をまるごとつかってマンガを体感させてくれたなあと圧倒されっぱなしでした。

家に帰ってから三日月編を読んで、もう一度観に行きたいなあ、と思ったけれど後の祭り(^^;) もっと会期の早いうちにいくべきだったなーなんて思ってしまいましたよ。
とりあえずは満月編を楽しみに待ってるところです。

投稿: すなみ | 2008年7月 8日 (火) 14:29

すなみさん

「そうか、この手があったかーっ」という「空間漫画」でしたね。
ただ描きっぱなしじゃなくて、描いたものをどう見せるのかということに本当に心を砕いて、工夫をこらしているなぁ、、、としみじみ感服しました。

私ももう一回くらい見ても良いなぁと思いましたが、会期終了前はものすごく混雑してるんじゃないかと怯んでしまいました…。
満月篇、まだ予約してないんですが、いつごろ出るんでしょうねぇ…。

投稿: 青猫 | 2008年7月 8日 (火) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Brutus 2008/7/1号諸々:

« 2008年上半期に見た映画 | トップページ | Krystian Zimerman Chopin Schubert »