« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月20日 (日)

クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル 2010年 日本公演 所沢市民文化センターミューズ アークホール

2010年6月12日(土)17:00開演 所沢市民文化センターミューズ アークホール
プログラム
ショパン:ノクターン第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.35 「葬送」 
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31
休憩
ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58 
ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.60

アンコール無し。


1週間以上もブログ放置で面目ございません。。。
所沢から帰ってきたら、どっと疲れが出たというか、それまでのハイテンションの反動もあって、しばらく生ける屍状態でした(仕事はしてましたが……←当たり前)。


所沢はかなり前方の席でした。
近いとやっぱり視覚的に楽しいな~と思った最終日。

泣いても笑ってもこれで最後、と思ったせいか、ノクターンで既に感無量状態に入ってしまいました。しみじみしていて、それでいてエモーショナルなところもあって、一音一音、五臓六腑にしみわたりました~。ああ幸せ。

続くソナタ2番もスケルツォも素晴らしくて、この日は前半、鬼のように高いレベルでクオリティがそろった感じ。ソナタとスケルツォが両方文句無しっていうのは、今回、結構珍しかったかも?
あ、そういえば、ってこれは別に文句でも何でもないんですが、2番の2楽章の何でもないところで音がすっぽ抜けたか鳴り損ねたかしたところがあって、ツィメルマンが「え、うそ?!」って感じにピアノの中をのぞきこんでいたのが、なんだかとっても可愛かったです。「今のはピアノのせいではなかろ…?」と突っ込み入れつつ、「分かり易いなー、このヒト」とニンマリしてしまいました。まぁ基本的に、喜怒哀楽の分かり易いヒトなんだろうとは思いますけどね。

3番は、前日のみなとみらいが神過ぎたので、えーとその、いや、すごく良かったんですけどね。初めて聴いたら、文句なんか一つも出ないでしょう、という演奏ではありましたが、さすがに、3日連続で神様を下ろすのは無理だったかな、という感じ。当然か。
本当に口、じゃなくて耳が奢ってしまって、、、なんだか申し訳ないような。

舟歌は、今ツアーで聴いた中で一番良かったです。
最後の最後で、正解が来た!って思いました(やっとかよ……)。
それまではほとんど無かったのですが、この日はキラキラと明るい中にも、一瞬、寂寥感みたいなものが感じられて、それがツボに入ったのですよね。
これも最終日効果でしょうか。

終演時は、かなりのスタンディングオベーションで(私も立ったー)、ツィメルマンも感無量という表情で、感動のフィナーレでございました。


ツィメルマンさん、本当にお疲れ様でした。
一晩にショパンのソナタ2曲というのは、体力的にも大変だったのではないかと思います。
ツアーが終わったら(えーと、今どこにいるんだっけ……。そろそろ香港?)、どうかゆっくりお休みください。

気が早いですが、次のリサイタルは、一体どんなプログラムになるのでしょうね。
サバティカルの間にじっくり熟成させて、きっとまた素晴らしい演奏を聴かせてくださることでしょう。
気長にお待ちしますので、といってもなるべく早く、また日本に来てくださいませ。

……って、秋にはハーゲンがありますね。
先日やっとサントリーのチケットを取りまして、なんとか気持ちがそちらに向いてきた感じです。
予習しようっと。

続きを読む "クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル 2010年 日本公演 所沢市民文化センターミューズ アークホール"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル 2010年 日本公演 横浜みなとみらいホール

2010年6月11日(金)19:00開演 横浜みなとみらいホール

プログラム
ショパン:ノクターン第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.35 「葬送」 
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31
休憩
ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58 
ショパン:バラード第4番 ヘ短調 Op.52

アンコール無し。


りゅーとぴあショック(りゅーとぴあ感想)からいまいち立ち直っておりませんでしたが、10日のサントリーでBプロを聴かれた方複数から「バラ4無事でした。明日は安心きて来てくださいねheart01」等々タレコミメールをいただきまして、なんとかかんとかみなとみらいまで行って参りました。

この日は2階席某所(個人的安全パイ席)で聴いておりまして、多少響き過ぎにも聴こえましたが、音の方向性、音量ともにばっちりで満足満足。

先週(5日)サントリーで聴いた時にはちょっと大人しいというか、若干まとめに入っているような気がしたのですが、この日は「安全運転やーめたっ」とばかりに、以前の攻めの姿勢に戻ったようでした。なおかつ音楽の息遣いが深くて、よりのびのびしていたようにも思いました。カメラが無くなって元気になったか、サントリーが終わってほっとしたのか。。。

ノクターンは相も変わらず、しっとりと美しく、良いですねぇ。うんうん。
ただし、ノクターン終了時に拍手が起きてしまいまして、うーん、という感じ。
こういう時にこそ空気読め!!って思うんですけどね。。。

ソナタ2番は、「お、今日は調子が良いな」と思わせる、シャキっとした音の立ち上がり方。音が上を向いていて、音楽に精彩が漲っておりました。
冒頭のスピード感と、じっくり伸びやかに歌う部分との緩急のコントラストが素晴らしく、ラストの怒涛の盛り上がりまで、実にメリハリの利いた第一楽章でした。素晴らしい。
でもここで、バチバチバチっと拍手が起こってしまったのですよね。しかも、一人二人ではなくて、結構皆さんつられて拍手しちゃった。うーん、気持ちはわかるんだけど、確かに拍手したくなるような渾身の演奏だったけど。うーん、うーん、うーん。
ツィメルマンはといえば、笑って客席に会釈していたので、これで機嫌斜めになるということもなかったと思いますが、2楽章はちょっと集中が散漫になって粗くなったかな、という部分が見受けられました(まぁ、元々、この楽章についてはあまり得意じゃなさそうというか、なんか弾きにくそうだなぁ、、、と思うことがあるのですが。気のせいだろうか)。
葬送行進曲から4楽章は、いつ聴いても、さすがの一言。冒頭の沈鬱さといったらなくて、たった一音で、あっという間にホールに「死」の臭いが充満したような気がしました。中間部は、それまでと打って変わって、どこまでも穏やかで優しい世界。そこから葬列の光景に戻って、葬列が去った後の風吹きすさぶ墓場の情景まで、本当に圧巻の演奏。

スケルツォは、2番が本当に素晴らしかったので、そっちにエネルギーをもってかれてしまったかな、、、という気がしなくもありません。ラスト、ちょっと流し(れ)ちゃったかな?
まぁあくまでも誤差の範囲内だと思いますが。

とりあえず調子は良さそうなので、休憩時にはロビーで皆さんと「後半も楽しみですね~」などと和やかに歓談。あ、かねこさんとは偶然席が近くて、開演前にばっちりお会いでき、休憩中もお話できて楽しかったです。

この分ならバラ4も心配することないかな、、、と、まずまず穏やかな気持ちで、いよいよ運命の後半へ。

バラ4は、丁寧に弾いている感じだったでしょうか。
先日つっかかった箇所ではついつい固唾を呑んでしまいましたが、全く問題なくクリア。
良かった良かった。
バラ4ってツィメルマンにとても合っている曲だと思うので、またいつか(こんなにドキドキすることなく)聴きたいものです。

そして3番が!!!!
もう、本当に本当に本当に素晴らしかった。
あれは一体、何だったのでしょう。
何が素晴らしいとかどこが凄い、とかそういうことを超越して、魔法がかかったような、いや、神々しいような時空間でありましたよ。
まさに音楽の神様が降りてきた、としかいいようがありませんでした。
ツィメルマンの3番って、基本的に解釈に隙が無くて、いつ聴いても「ああ、3番って名曲だわ」って唸らされるのですが、「うわ、神様来た~!」って思ったのは初めて。
私は記憶力が悪いので演奏の細部って覚えてられないんですが、この日の幸福感は多分ずっと忘れないと思います。
感涙。


最終日、所沢に続きます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル 2010年 日本公演 新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)

2010年6月6日(日)17:00開演  新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)
プログラム
ショパン:ノクターン第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.35 「葬送」 
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31
休憩
ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58 
ショパン:バラード第4番 ヘ短調 Op.52

アンコール無し。


バラ4を聴きに、新潟まで行ってまいりました。
だって、心配だったんですもの。。。

いきなり心配とはなんぞやって感じですが、今回Bプロにバラ4が入って、「ああ、あのバラ4をまた聴ける……」と嬉しい反面、「大丈夫なのか?」とぐるぐる心配する気持ちも結構あったのですよ。

すなわち、人前でバラ4弾くのってかなり久しぶりじゃないのか?とか、今回のショパンプロで本当に弾きたかったのは舟歌だろうから、バラ4練習する暇(というか気力、余力)があったのか?とか、そもそもサントリー3公演=プログラム3種類とアナウンスし(ちゃっ)た事務所に懇願されて「しょうがないなぁ、どうしてもっていうならバラ4ね」とか、そんな妥協の産物のプログラムではなかったか、とか。
あ、別に根拠があるわけではなくて、あくまでも邪推です、念のため。

で、結論からいえばですね、ツィメルマンのこんなバラ4は初めて聴いたよ、、、(心配ほぼ的中?)という演奏でございましたよ。

前半はとても良かったんですよね。
4年ぶりに聴いたバラ4は、冒頭からして神々しかったです。ほとんど涙しそうになったんですけど、中盤、あれは指がもつれたのかなぁ、とにかく、音楽がもつれた。
ツィメルマンも最近は無傷の演奏の方が少ないくらいなので、少々のミスタッチくらいではこちらも動じなくなってきているのですが、今回はちょっと血の気が引きました
えーとえーと、これどうやって辻褄合わせんのじゃ、えーとえーと、、、と(こちらが)泡を食っているうちに、一応音楽は繋がったのですが、その後立て直し切れたかというとかなり疑わしいように思います。以前だったら、休符を長く取ってものすごーく長い間(ま)を作っていたところも、割とするっと先に行ってしまったので、「あ、こりゃ焦っているか、頭に血が上ってるか、どちらかだな」と思ったら、案の定、コーダは大荒れでした。ほとんど暴走列車の如くというか、いやむしろ、建物がドンガラガッシャンと崩れ落ちるような風情ではなかったかと。うーん、ツィメルマンさん、ヤケ入ってませんでしたか……?

まぁ、ツィメルマンのバラ4を初めて聴いた方であれば、こういうものか、と納得するような気はしますし、嵐のような超爆演に大ブラボー、という方もいらっしゃることでしょう。
そういう意味では、演奏の印象って、その人のそれまでに積み上げてきた鑑賞経験の内容によって、ものすごく変わってくるよなぁ、、、というごく当たり前のことを痛感した一夜でありました。


あ、バラ4だけで終わっちゃった。。。(いやだって、他が吹っ飛んじゃったんだもん)

ちなみに席は2階正面ブロックのやや右側。
なかなかの良席でした。


さてさて、バラ4、サントリーとみなとみらいはどうなるんでしょうねぇ。
プログラム変更になってたらどうしましょう。

みなとみらいは行くつもりですが、サントリーは多分行けないので、どなたかご報告よろしくお願いいたします(場合によってはメールでこっそり)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル 2010年 日本公演 サントリーホール

2010年6月5日(土)18:00開演 サントリーホール

プログラム
ショパン:ノクターン第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.35 「葬送」 
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31
休憩
ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58 
ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 Op.60

アンコール無し。


東京3公演聴き比べ、という方も結構いらっしゃるのではないかと思いますが、私は今回はサントリーはこの1公演だけになるような気がします。
まぁ、ツィメルマンの場合、地方だから演奏が悪いなどということは全く無いので、サントリーにこだわる必要も無いんですけど。
強いていえば、サントリーはチケ代が高い分、冷やかしのお客さんが少ないせいか、比較的鑑賞環境は良い気はするんですが、この日は皆さん拍手が早くてですね~、他会場と変わりばえ無し。


ソナタ2つはちょっと安全運転気味かな?と思ったのですが、3日(木)に来た方にお話をきいたところ、3日の方がさらに安全運転だったとのこと。長丁場のツアーで、少々お疲れが出てきたか、カメラが入ってたので少し自重したか、はたまた別の理由か。

ノクターンはテンポがやや遅いのかどうなのか、若干重め、というかしっとりめ。

ソナタ2番も、テンポが気持ち遅いような気がしました(注:あくまでもツィメルマン比なので、標準と比べれば速いと思われる)。そのせいか、音楽の重心が少し低くて、それはそれで2番に合っていたようにも思います。丁寧で落ち着いて聴こえる分、「歌」の美しさもよく伝わってきました。1楽章って実はすごく綺麗なメロディがいっぱいあるのね~(今更)。

スケルツォ2番は、今回のツアーで聞いた中では最高の演奏だったと思います(少なくとも私にとっては)。
ソナタ2番と別人が弾いているのか、ピアノが変わったのか、はたまた袖でドーピング(アドレナリン注射?)でもしてきたのか、と疑いたくなるくらいの豹変ぶり。なんでいきなり、こんな元気になるんだ……。まるで、それまで伏し目がちだったお花が、いっせいに太陽に向かってお顔を上げたかのようでした。
そして、諧謔、飄逸さ、軽妙さ、疾走感、剛健さ、雄々しさ、華々しさといったさまざまな要素が入れ替わり立ち代り現れてきて、しかもそれがこれしかない!という絶妙さでツボをついてきます。スタイリッシュさも残しつつ、天衣無縫の自由さで、いやー、本当にカッコ良すぎて倒れるかと思ったー。

ツィメルマンって、この曲のことが本当に好きなんでしょうね。
聴くたびに(割と)毎回、「あれ、今日、何か良いことあったんですか?」って思わされます。それくらいいつも楽しそうだし、ガガッとギアがトップに入るのが分かって、聴いててすごく気持ちが良いです。

3番はまた少し安全運転気味というか手堅い感じで、熱量と密度がいつもより若干少なめだったかなぁ。スケルツォ楽章(2楽章)の軽やかさ、(涙を誘うというのとは少し違いましたが)小細工無しのごくごくストレートに綺麗な3楽章が素晴らしかったです。4楽章は、ツィメルマン自身は、なんだかえらく楽しそうでしたが、私は聴き終わって「はぁ、最後まで辿り着いた……」と少々ぐったり(なんでだろう、自分でもよく分からん)。

舟歌も良くて、この日はソナタ以外が印象に残った日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »