« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月22日 (金)

レコード芸術にアンデルさん

B0056HZ1ZQレコード芸術 2011年 08月号 [雑誌]
音楽之友社 2011-07-20

by G-Tools

発売日前にアマゾンで書映を見て、Twitterで思わず「写真がかわいくない」とつぶやいたところ、ちらほらと賛同してくださる方が。
もっと良い写真、あったでしょうにねぇ。

カジモトさんの宣伝文句なんかを見ても思うのですが、やっぱり孤高・思索・知性派というイメージを出したいんでしょうかねぇ。。。(あんなにカワイイのに。ぶつぶつ)

アンデルさんは冒頭カラーページに登場。

シューマンのこと、サントリーの開演前のサプライズ・パフォーマンスのこと、サバティカルのことなど等々、なかなか面白いインタビューでした。
シューマンの「暁の歌」は、表現面はもちろんですが、実はメカニカルな面においても大変な難曲のようで、ものすごく練習したそう。
意外だ。


しばらくピアノは弾かないそうですが、今頃どこにいるのかな~(まぁ日本にはいないと思いますが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

会場で買ったCD

プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第7番、スクリャービン:ピアノ・ソナタ第5番、ラフマニノフ:楽興の時、ヴォカリーズ、他 ガヴリリュク
いくらだったかな。2,500円くらいだったかな?

ガヴリリュクのリサイタル会場で先行販売していたもの。
ロシア尽くし。


B0002VL84Oメンデルスゾーン&シューマン:ヴァイオリン協奏曲集
ハーディング(ダニエル)
EMIミュージック・ジャパン 2004-10-27

by G-Tools

2,000円

ルノー兄さんのリサイタルではなくて、ハーディング&新日フィルの定期に行った時に買ったものです。
これ、マイクがVnに大分近い感じなんですよねぇ。。。
まぁルノーさんならデッドな音でも大丈夫なんですが。

2011年合計:43,559円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

大分前に買ったCD

B004AUUNVCEchoes of Time
Lisa Batiashvili
Deutsche Grammophon 2011-02-15

by G-Tools
1,890円

まーた、DGは可愛い子ばっかり、、、と思いつつ、指揮のサロネン目当てで購入。
最初気が付きませんでしがが、グリモーも参加しています。
思いのほかちゃんとしているというか、なかなか聴き応えのあるアルバムでございましたよ。

B0045EH50UBrahms: Ein deutsches Requiem
Natalie Dessay
Virgin Classics 2011-04-04

by G-Tools
1,590円

なんか魔が差して(?)ドイツレクイエムなんて買ってしまった。
なんか腰が引けて、まだ聴いてません。

B004N96HXIComplete Piano Trios
C. Schumann
EMI Classics 2011-04-11

by G-Tools
2,390円

アンスネス、移籍前、EMI最後のアルバムですか。
アンデルさんが引いたペダルピアノのなんちゃらの室内楽バージョンが入ってて、最初に聴いた時に「あれ、なんか聴いたことあるなー」って思ってしまいました。

ピアノ協奏曲、他 シャニ・ディリュカ(p)E.G.イェンセン&ボルドー・アキテーヌ国立管
2090円

スリランカ系、モナコ出身のシャニ・ディリュカ、LFJでも聴きました。


2011年合計:39,059円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ)2011 その5(宴の後)

チャイコン、結果が出まして、モスクワとサンクトペテルスブルクで行われた2回のガラコンサートも終了。

<ピアノ部門>
1st Prize, Gold Medal: Daniil Trifonov (Russia)
2nd Prize, Silver Medal: Yeol Eum Son (South Korea)

3rd Prize, Bronze Medal: Seong Jin Cho (South Korea)

4th Prize: Alexander Romanovsky (Ukraine)
5th Prize: Alexei Chernov (Russia)

1位は先のショパコン3位のダニール・トリフォノフで、総合グランプリも受賞ということで、文字通りの完全優勝でした。
セミファイナルのモーツァルト、ファイナルのチャイコフスキー、ショパンと3曲の協奏曲を全て高いレベルでそろえたのは見事。
牛車ですか?!というくらいずるずるのへっぽこオケを何とかしてしまったのも立派だった、というべきでしょう。
そういう意味では、チャイコでオケに底なし沼に引きずり込まれた感のあるロマノフスキーとは対照的でした(いやでも、あれは本当に酷かったんですよ、オケが…)。

さて、そのロマノフスキーさんですが、ラフマニノフの演奏が評価されて、先だって亡くなったピアニスト・クライネフ(スケートのタラソワさんのご夫君でもあった)の名を冠した特別賞を受賞したものの、順位自体は4位でした。
アナウンスされた時は私もびっくりして、思わず「え゛っ」と声をあげてしまったのですが、ちょっと予想外の結果。
もう一つ二つ上でも良かったのではないかな、というのは別にファンのひいき目ではなく、結構多くの方がそう感じたのではないかと思います(私の周りだけかなぁ)。
っていうか、ついつい、特別賞くれるくらいだったらむしろ順位上げて欲しいような、って思ってしまった。。。(もちろん、ラフマニノフを評価されたのはすごーく嬉しいのですが)

この順位、ファイナルのチャイコフスキーが良くなかったのが響いたか、メカニックや安定性に厳しい評価が下ったか、はたまた別の理由か……。
別の理由については、あるのかないのかも分かりませんが、確かに、チャイコンで優勝するには、押しても引いてもビクともしない堅牢さというものに欠けていたのかもしれません。
といっても、彼は別に「弾けない」わけでは全然無いですし、特にモーツァルトを隙無く、一切ごまかさず、完璧に弾きこなしてましたから、基礎のしっかりした、非常に高い技術の持ち主なんだと思うのですが(個人的には、真の意味で「上手い」人というのはモーツァルトやバッハをきちんと弾ける人のことだと思っているので、そういう意味ではロマノフスキーは文句無しの名手だと思っています)。
まぁ、鉄腕・剛腕・完ぺきな精度のヴィルトゥオーゾ、という類の演奏家ではない、と言われれば、否定できないのですが。。。
ロマノフスキーの本領は、メカニックよりも、音楽性、表現の方にあるんだろうと思います。
目を見張るような超絶技巧でみんなを圧倒するよりも、豊かな陰影と、貴族的な風格とエレガンス、そして哀しみを知る大人の抒情で、自然と聴く人の心を揺さぶる、そういう演奏をする人であるよなぁと。
彼の演奏、特に良い時の演奏については、コンクールの枠内で評価されるようなものではなくて、全然別の次元にあるように思うのですよね。

そんなわけで、4位、本人は不本意でしょうし、(私含め)不満な方も多い順位なのではないかと思いますけれど、実のところ、私はこの順位でもロマノフスキーの将来については全く心配をしていません。
大コンクールの優勝者として華々しくツアー、ということはないでしょうけれど、彼はコンサートピアニストとして着実に歩んでいくでしょうし、人柄、演奏ともに、聴衆に敬愛されるピアニストになるのではないかな。
実際、今回のコンクールでかなりのファンを獲得したんじゃないかと思いますし。

来日については、とりあえず2012年という情報もあることですし、地道に応援をしつつ、楽しみに待ちたいと思います。


相変わらず、2次の動画が公式に上がらないので、ファイナルのラフマニノフのピアノ協奏曲第3番をあげときます。


第1楽章。


第1楽章~第2楽章。


第3楽章。


それにしても、本当に、ラフマニノフらしいラフマニノフですね。
波が寄せては返すような、スケールの大きな演奏。
特に3楽章は、美しい駿馬が広大なロシアの自然の中を駆け抜けていくような風情。

それにしても、なんでこんなに胸が痛くなるんだろう……。
ああもう、切ないよう。

しばらくは、エンドレスリピートの予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »