« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

オンライン英会話学校決定

このところ、にわかに語学ブログっぽくなってまいりましたが、学校が決定しましたのでご報告。

QQイングリッシュ でカラン・メソッドをやることにしました。
先生にもよりますが、割とスパルタな感じかも。
とりあえず月謝制を選んで、月6レッスンで2,980円なり。
足りなければポイント購入で追加レッスン可能なところが気に入りました。
ちなみに私のレベルは1~8中の5で、まぁ予想通りなんですが、もういい加減中級を脱したいよ、といったところですかね…。


あとはCafetalkという語学サイトで、イギリス人の先生の授業を週1くらいで取ろうかなーと。
3人くらい受けてみましたが、どなたもバリバリのクインズ・イングリッシュでいらっしゃいました。

あとちょこちょことネイティヴの先生を選べるところに出没予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

オンライン英会話はじめの一歩、ざっくり感想

いくつか体験レッスンや本レッスン等を受けてみた感想。

・体験レッスンはどうしても自己紹介に終始しがちで、そろそろ飽きてきた。
・ダラダラフリートークはしょうに合わない。というか、喋れることしか喋らないので、上達感・達成感に乏しい。
・文法は別にやらないで良いんだけど、ある程度システマティックな内容の方が良いなぁ。
・スカイプの通信状況はマチマチ。
・ヘタなアメリカ人の先生よりもフィリピン人の先生の方が発音がクリアで聴きとり易いことも(まぁこの辺は本当に先生次第です)。


ネットサーフィンをする中で、たまたまカラン・メソッドという教授法を知り、面白そうなのでやってみることにしました。
カラン・メソッドとは、ロンドン発の英語教授法で、教師が生徒に質問を早口で2回浴びせかけ、生徒は質問に必ずフルセンテンスで答えるという方法。
この方法で効率よく英語脳が形成されるんだそうですが、確かに日本語が介在する余地はありません。
勉強というよりは、スポーツに近い感じでしょうかね。
キャッチボールとかトスバッティングとかそんな感じ。

カラン・メソッドについて調べる過程で、カランの進化系とうたっているDMEメソッドというものがあることを知り、こちらの体験授業も受けてみました。
体験授業に関してはカランもDMEもさほど変わらない印象で、新しいメソッドの方が良いかな?とも思ったのですが、DMEはテキストの単価がお高いのですよね。。。
カランが本家本元ということもあり、今回はカランに決定しました。
DMEの方が言い回しや語彙が現代的なようですが、まぁその辺は他でフォローするということで。

というわけで、しばらくはフィリピン系のお安い学校でカランをメインにして、それにプラスしてイギリス人ネイティヴの先生の授業を別所でチマチマ取ろうかと思います。

GWは英語三昧にできると良いな~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

スカイプで英会話

ずっと興味のあったオンライン英会話、忙しいのと面倒なのとでなかなか手がつかず、でしたが、やっと重い腰を上げました。
つい先日スカイプをダウンロードして、2つのサイトに登録して無料体験などをお試し中。

英会話教室にはむかーし行ったことがありますが、こと「喋る」ことに関してはもう10年くらい何もしてないので(って、10年も放置という事実に自分でもビックリだよ…)、一から始める、くらいの気持ちでやろうかと。。。

オンライン英会話はフィリピン人の先生の格安レッスンを売りにしているところが多く(1レッスン30分で数百円とか)、私も最初はとにかく喋る機会が増えれば、、、くらいの気持ちだったので、それも良いかと思っていたのですが。
いざ始める段になるとやっぱりイギリス英語をやりたいわ、などと色気(?)が出てしまい、当初予算をオーバーしそうな悪寒がしてます。
私の場合は、旅行でも仕事でもノンネイティヴと喋るケースがほとんどなので、特にイギリス英語である必要はないんですけど、まぁほとんど趣味の世界というかなんというか。。。

そんなわけで、GWはお家に引きこもってお勉強の予定(ネ暗い)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アンデルさん、BBC Music Magazine Awards 2012 ダブル受賞

BBC Music Magazine Awards 2012 winners announced!

B004CD3A4YPiano Works
Piotr Anderszewski
Virgin Classics 2010-11-22

by G-Tools

ちょっと前のおめでたいニュース。
アンデルさん入魂のシューマンアルバムがBBC Music Magazine Awards 2012 の器楽部門(Instrumental )と、大賞(Recording of the Year)をダブル受賞しました。
ぱちぱちぱちぱち。

つかですね、ノミネートされていたのは知っていたんですが、受賞するとは夢にも思っていなかったので、受賞の第一報を見た時は我が目を疑ったというか、本気で驚いてしまいました(相変わらずひどいファン…)。
まぁでも、このCD、(地味というかコアな内容だとは思いますが)いぶし銀の良いお仕事してますわねぇ、、、というアルバムなので、知る人ぞ知る隠れた名盤扱いにならなくて良かったなーと、心から嬉しいです。
最後の「暁の歌」、本当に名演ですから……。

各部門賞は読者投票で、大賞は玄人筋の審査員によって選ばれているので、こんなマニアックな選曲なのに、幅広い(?)層から評価されたのね、、、と、じんわりと感激してしまいました。

ご本人も素直に喜んでいるようだし、受賞式にもちゃんと出たようなので、ホント良かったです。

公式サイトのニュース。
BBC Music Magazine Recording of the Year

あ、一応まだシューマン弾く気あるようですね(良かった良かった)。

BBCradio4のインタビュー(英語)。
Pianist Anderszewski on Schumann, stress and musical spirit


BBC Music Magazine、アンデルさんインタもあるようなので、本誌を注文してあるんですが、一体いつ来るんかいなー(もう首が疲れたよ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

Happy Birthday, Piotr !!

April 4 is Piotr Anderszewski 's birtyday.


**********


Happy Birthday, Piotr !
Wszystkiego najlepszego !
Bon anniversaire !

My very best wishes to you on your 43rd birthday.
I hope you have a lovely day and wonderful year ahead, full of harmony and beauty.

I'm looking forward to seeing you again at concert halls in Japan !!

With Love.


**********


本日4月4日はアンデルさんことピョートル・アンデルシェフスキのお誕生日です。
1969年生まれなので、43歳ですか~、おめでとうございます。

ますますのご活躍を…って、現在お休み中なのでアレですが、秋からお仕事再開だと思うので、また素晴らしい演奏を聴かせていただきたいな~と、楽しみにしています。
復帰&来日を心からお待ちしてます!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »