« 2012年11月 | トップページ | 2013年4月 »

2012年12月

2012年12月10日 (月)

アンデルさん、リサイタルレビュー等

アンデルさん、中国→北米ツアーまで終了、12/6のカーネギーホールのオール・バッハのリサイタルもどうやら良かったようで何よりです。

どうやら北米に行ったらバチッとスイッチが入ったフシが無きにしも非ずというか。
いや、カーネギーでコケたりしたら大ごとなので、良かったです、本当。

英語のレビュー、インタビューがいくつか出ていてバラバラと読んだのですが、ちょっと追いついていないので、あとでちゃんと読むためにリンクをメモしておきます。
(しかし北米に行った途端すごい露出というか、バンベルクでのスルーされっぷりは一体なんだったのか、と)

<Sunday 25 November 2012 Toronto, Canada>
Concert review: Pianist Piotr Anderszewski makes powerfully individual case for J.S. Bach By John Terauds On November 25, 2012

The soul of Bach: Piotr Anderszewski at Koerner Hall by Stanley Fefferman on 26th November 2012

<Friday 30 November 2012 Durham, USA>
Anderszewski Enthralls at Duke - Again! By John W. Lambert November 30, 2012

<Sunday 02 December 2012 Baltimore, USA>
Weekend in review, including Baltimore Symphony, Piotr Anderszewski by Tim Smith December 3, 2012

Pianist Piotr Anderszewski makes Shriver Hall debut By Charles T. Downey, Published: December 4

<Monday 19 November 2012 Hong Kong, China>
The soundworld of Bach and Schumann according to Piotr Anderszewski in Hong Kong  by Patrick P.L. Lam on 4th December 2012
※なぜか遅ればせながらの香港レビュー

<Thursday 06 December 2012 New York, USA>
Channeling Bach, With Intensity and Dexterity as Tools Piotr Anderszewski’s Bach Recital at Carnegie Hall By CORINNA da FONSECA-WOLLHEIM Published: December 9, 2012

The New York Pops: Piotr Anderszewski by Jonathan Leaf Monday Dec 10, 2012


以下レビュー以外、インタビュー等。

皮奥特·安德索夫斯基(piotr anderszewski)采访
サイトは中国なんですが、10月31日の英語インタです。どこでやったんだろ?
しかし、お仕事のストレスを大分ぶっちゃけてますな……。

Pianist Piotr Anderszewski on Bach, the allure of dance and the ever-elusive ideal interpretation By John Terauds On November 23, 2012
中国→北米の間の電話インタビュー。

Pianist Anderszewski shares challenging works with Tuesday Evening Concert Series by Jane Dunlap Norris Friday, November 23, 2012
バージニア大学の公演に際して。

Bachtrack Podcast no. 2 - Piano today
トロントでのインタビュー(ポッドキャスト、多分12/4)。前半のみ喋ってます。この頃になると、少しほぐれてきてますかね。。。

Interview: Perceptive Pianist Piotr Anderszewski by Brian Howe on November 29, 2012
デューク大公演に際してのインタビュー。

Interview Piotr Anderszewski by Frederic Gaussin  
日付不明。

ちょっとメモって思ったら結構ありました。
モレがあって、なおかつ気が向いたら追記します。

次はドイツツアーですが、ドイツ語は読めないので、追っかける気力はほぼありません。。。
(そろそろ私も忙しいし)
アンデルさん、クリスマスのお休みまでどうか頑張ってくださいまし。


ドイツ方面はネットラジオ放送を探しているのですが、なかなか無いのですよね(まぁ時期的にまだ尚早というか、本人が承諾するとはあまり思えないのですが)。
万が一見つけた方はご一報ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル

2012年12月8日(土)17:00開演 所沢市民文化センター ミューズ アークホール

<プログラム>
ドビュッシー:版画
1.パゴダ 2.グラナダの夕べ 3.雨の庭
前奏曲集 第1集 より
2.帆 12.吟遊詩人 6.雪の上の足跡 8.亜麻色の髪の乙女 10.沈める寺 7.西風の見たもの
シマノフスキ:3 つの前奏曲(「9つの前奏曲 作品1」より)
ブラームス:ピアノ・ソナタ 第2番 嬰へ短調 作品 2

完売だったかどうかは分かりませんが、客席はかなりみっしりな感じ。

私はこの日はちょっと遠い席(2階バルコニー)で聴いていましたが、改めてミューズは音響の素晴らしいホールだなと。

一般的に音響が良い=残響が長い→ピアノは響きが混濁しがち、なことも多いので、私は響きが混じってワケが分からなくなるくらいならむしろデッドなホールの方が良い、くらいに思っているのですが、ここは残響長めのホールでは例外的に積極的にピアノを聴きたいと思わせるホールです。

ミューズでドビュッシー、これはもう間違いがないでしょう、という期待のもと出かけたのですが、はたしてこれが素晴らしいのなんのって。
サントリーの風呂場音響と比較すると、音の鳴り方、響きがドライで、ブレない、揺れない、緩まない。
音の立ち上がりがクリアでピーンとよく通るし、音色に旨みもたっぷりのっている。
まさに極上の響き。

サントリーが終わって、ややリラックスムードだったのでしょうか、演奏そのものはサントリーの方が、と思わないではなかったですが(もちろん誤差の範囲内ですが)、木のホールの素晴らしい音響でドビュッシーというのが最大のポイントだったかと思います。
ああも響きの美しさ、音色そのものの質の高さが前面に出てくると、情景描写的な印象は薄れて、すごく観念的というか抽象的な趣を帯びてくるよなぁとも思いました(それはそれで良いのだと思う)。

後半のブラームスは、ごめんなさい、この日はちょっと私のチャンネルが合わなかったみたいです。
サントリーの演奏には豪快かつ雄渾な中にもタイトな印象がありましたが、比較すると、諸々ちょっとほどけたのではないか?と。
サントリーで示した緊密さがバラけた故に、よりロマン主義に傾いた演奏だった、といえるかもしれませんが、本当に正直な感想を書いてしまうと「うーん、なんだかよく分からなかった」になってしまうのですよね……。
このソナタ、元々どこかとっ散らかっているというか、下手をすると支離滅裂に聞こえかねない部分がある曲だと思うのですが、この日は曲想のおもむくままというか、曲自体が持つ見通しの悪さみたいなものがそのままストレートに出ていたのかもしれません。
もちろん、瞬間瞬間は鬼のようにカッコ良かったりするんですけど。

この辺、複数公演に行って聴き比べることの難しさだろうと思います。
初めて聴いたら普通にものすごく感銘を受けたような気もするし、ツィメルマンとブラームスの相性が良いという印象には全く変わりありません。
もう1回くらいブラームスを聴いてみたい気もしますが、私が次に行く予定のTOCはショパンの方なのですよね。
日曜日のみなとみらいの公演では大幅な曲目変更があり、前奏曲とシマノフスキがカットになり、版画+ブラームス+ショパンになったようですが、TOCはどうなりますやら。

私にとっては、TOCが最終日になるので、もう出てきたものを美味しくいただく所存ではあります。
さて、一体何が出てきますやら……。

あ、そうそう、咳は大分減ってきましたかね(まだ曲間で少しゴホゴホやってましたが)。
みなとみらいで、ショパンとブラームスのソナタを一晩でやったと聞いて、それなら大丈夫かも?と思ったりもしているところですが、少しずつでも体調上向きでありますように。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル 2012

2012年12月4日(火)19:00開演 サントリーホール

<プログラム>
ドビュッシー:版画
 1.パゴダ 2.グラナダの夕べ 3.雨の庭
ドビュッシー:前奏曲集 第1集 より
 2.帆 12.吟遊詩人 6.雪の上の足跡 8.亜麻色の髪の乙女
 10.沈める寺  7.西風の見たもの

-------------------休憩------------------ 

シマノフスキ:3 つの前奏曲(「9つの前奏曲 作品1」より)
ブラームス:ピアノ・ソナタ 第2番 嬰へ短調 作品 2


川口公演に続いて、12月4日(火)のサントリーホールのリサイタルに行ってきました。
今回のメイン公演のうちの一つと言えましょう。
ツィメルマンさんの場合、(私の経験上)必ずしも地方だから悪い、サントリーだから良いということは無いんですが(むしろ地方の方が面白いことはままあるような)、やはり地方を巡り巡ってあれこれやった後に満を持してサントリー、という側面はそれなりにあるでしょうから、やっぱりこちらも気合いが入るというか。

で、待望のサントリー。
ちょっとお客さんの入りがイマイチでしたね。
今回、東京と近郊の公演が多いということはあると思いますが(埼玉×2、東京×4、神奈川×1で、しかも全部大ホール)、1公演余計だったのでは?と思わせる空き具合でした。
まぁ11月の有名演奏家来日ラッシュを経て、皆様のお財布は瀕死というかすでにお亡くなりというケースも多いでしょうから、致し方ないとは思うのですけど。
私も海外遠征までしてしまったので、ヤンソンス&バイエルンやマリインスキーは泣く泣く諦めましたさ……。
正直、チケット代が15000円を超えると、アレもコレも、ができなくなってくるのですよね。
いくらコンサートゴウアーだからといって(いや、いくつも行きたいからこそ)、7000円、8000円、せいぜい10000円くらいまで妥当な線だとしみじみ思いましたわ。

というのはさておいて。

今回の来日は、サバティカル明けであること、体調があまりよろしくなさそうであること(咳をしている)、楽譜を置いている等々、心配な要素がいくつかあったのですが、このサントリーのリサイタル、いやーツィメルマンさんさすが!と脱帽いたしました。
川口リリアも相当に素晴らしい公演で、ほっと一安心したところではあったのですが、さらに調子を上げてきたというか、見事なまでにびったりサントリーに照準があったな、と。

この日は本当に大当たり、ビンゴ!と叫びたいような快演っぷりで、まぁ元気なこと元気なこと。
完璧に全開モードだったのではないかと思います。
あんなに元気なツィメルマン、私は久々に聴いたような気がいたします。
もちろん、前回のショパンプログラムの時だって素晴らしい公演、いかにも充実した日というのはありましたが、それともちょっと違うというか。
思い切りの良さ、胸のすくような豪快さがあり、ピアノの鳴りもよく(音のレインジも広く)、陽性のエネルギーに満ちた演奏であったと思います。

サントリー=風呂場音響とはよく言ったものだと思いますが、前半のドビュッシーでは風呂場をものともせず、いや風呂場を生かした、さすがのコントロールでした。
正直、音の響き方や音色そのものにおいては川口リリアの方が圧倒的に素晴らしいものがあったのですが(まぁ好みの問題は大きかろうと思いますが)、サントリーはサントリーで会場の音響にしっかり合わせた演奏をしているのだろうなと。
川口と比べると少しウェットな、しっとりした響きで、そういう意味でも「風呂場」な印象が強かったのですが、音が混濁して団子になる一歩手前の、素晴らしく芳醇な音の立ち上がりと響き、伸びと減衰の妙を存分に味わえたドビュッシーでございました。

「吟遊詩人」なんかでは、とても肩の力が抜けているというかむしろやりたい放題というか、遊び過ぎだろうと。
ご機嫌でしたね。
川口ではあまり印象に残っていない「亜麻色の髪の乙女」は、この日は、素直に、こんなに良い曲だったんだーと思いました。

後半はロマン主義の香るシマノフスキとブラームスのエモーショナルな演奏をたっぷり。
シマノフスキは、繊細さよりも情熱的な部分が印象に残りました。
トリのブラームスのソナタ第2番、キリッ、バリッとした充実の演奏で、久々に凄すぎて笑いが止まらないアワー突入。
ブラームス若書きのソナタですが、必ずしも若々しさ、青さを押し出した演奏ではなく(まぁその辺はやろうと思っても無理、ということかもしれませんが)、見通しの良さとスケールの大きさを両立させたダイナミックな演奏でした。
重厚過ぎず、優美さもありながら、聴く者をねじ伏せるような貫録、格のようなものを感じさせるバランスは、今まさに円熟期にあるであろうツィメルマンならではだろうなぁと思った次第。

それにしてもツィメルマンさんのブラームスは外れが無いなぁと。
いっそのこと、オールブラームスプロでも良くってよ…(集客は厳しいかな)。

そんなわけで大満足、川口リリアで「もうサントリーなんか行かなくても良いんじゃ」と思ったものですが、来て良かった!と心から思ったコンサートでございました。

ツィメルマンさん、前半のカテコでも大分ご機嫌な感じでしたが、最後に投げキスもしてましたね。
良かった良かった。

今日は地震があったし、すごくビックリしたんじゃ?などとも思うのですが、最終日まで気持ちよく演奏していただけたらと思います。

私はあとは明日の所沢、来週のTOCに参ります。
今回はやる気が、、、と言いつつ、なんだかんだで4公演。
やっぱりね、と思われてるかたもいらっしゃると思いますが、前回よりは相当少ないんですよ、これでも……。

ま、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

Happy Birthday Mr. Zimerman!

A happy birthday to a wonderful and terrific marvelous you.
Wishing you another wonderful year of happiness and joy.


ツィメルマンさん、1956年12月5日生まれ、ということは56歳におなりですね。
おめでとうございます。
日本で良きお誕生日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年4月 »