« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月

2013年5月20日 (月)

[浜離宮ピアノ・セレクション]アレクサンダー・ロマノフスキー

アレクサンダー・ロマノフスキー
2013年5月14日(火)19時開演 浜離宮朝日ホール
<曲目>
J.S.バッハ:幻想曲とフーガ イ短調 BWV.904
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調「月光」op.27-2
ショパン:24の前奏曲 op.28
アンコール
①スクリャービン:12のエチュードop.8-2
②スクリャービン:エチュードop.8-12
③ショパン:ノクターン第20番嬰ハ短調
④J.S.バッハ/ユシュケヴィチ:管弦楽組曲第2番より“バディネリ”


今回、予習ゼロだったのでざっくり感想にて失礼。
浜離宮、実は初めて行きました。
小ぶりのシューボックスでした。

よく弾き込んで得意な曲ばかりなんだろうなぁと思った前のプログラムから一転し、今回のリサイタルではCDやネットラジオの中継などでも聴いたことのない曲ばかり並びました。
全体的な印象としては、ホールサイズ(552席)よりも、相当にガタイの良い演奏であったように思います。
よく響くホールということもあり、色々な意味でやや飽和気味だったかしらん。
決してサロン風の文弱な演奏ではなく、これはむしろ大ホール向きではないか、とすら思わせるスケールの大きい演奏で、かといってマッチョというわけでもなく、というくらいのバランスであったと思います。

さてバッハ。
最初の一音から音色の堂々たる輝かしさに耳を奪われます。
ホールの音響特性故か、輪郭が不明瞭に流れて聞こえる部分もあったように思われ、個人的にはちょっとインパクトに欠けたような印象も。
ロマノフスキーはプログラムの土台としてバッハを提示したい旨発言していましたが、であれば、もう少しガッツリとした構築感があっても良かったような気がします。
ただ、曲自体の持つ美しさは十二分にわってきたと思うので、一曲目としては重すぎず、良かったのかもしれません。

続く月光一楽章ではぐっと抑えた音色を繰り出し、大理石のような趣。
基本、キラキラしい音色の持ち主だと思いますが、抑制をきかせるべきところはきちんと抑制をきかせ、深い音色を聴かせてくれます。
月光二楽章はどちらかというと老成した雰囲気で、軽妙さや可憐さとは無縁の、ややウェットめな世界観。
もっと可憐な雰囲気の方が好き、という向きもありましょう(まぁこの辺は好き好きというか)。
三楽章は打って変わってスピードに乗った演奏で、二楽章との対比を明瞭に打ち出した感じでしょうか。
端正さやかっちりした構築感よりも年齢なりの若々しさを感じさせる演奏で、疾風のように駆け抜ける様にはカタルシスがありました。

後半はショパンの前奏曲全曲。
24曲もあるので、多少バラツキがあるかなぁという印象を受けました。
短調の、斬ったはった系の押せ押せの曲は総じて良かったと思いますが、曲によってはもう少し繊細さやデリカシーが欲しいというか、もう少し違った表情を見せられるんじゃないかなぁなどと思ったりもしました。
この辺は好みの範疇ですが、ショパンにしては少し骨太過ぎるようなところがあるかなぁと。
とはいえ、基本的にはエレガントさを失わない人なので、強奏しても乱暴にならないところは美点だろうと思います。
リズム感やアーティキュレーション、フレージングに不自然なところは無く、ポーランド人以外が弾くショパンとしては個人的には許容範囲かなぁ(すみません、基本的にロシア系ピアニズムのショパンが苦手なもので……)。

大盤振る舞いのアンコールを聴いていて思ったのですが、アンコールはおそらく気に入ってずっと弾き続けている曲ばかりで、おそらく完璧に手の内に入っているのだろうなと。
なので、基本的に余裕がある(もちろん難易度的なこともあるでしょうけれど)。
それはもう色々な側面が見えるというか、深みもあるし可憐さもあって、飄々としたところすら感じられる。
とにかく、表現の引き出し、音色のヴァリエーションがとても多いのですね。
翻って、ショパンの前奏曲はというと、まぁロウな状態であったのだろうなぁと思うわけです。
これはあくまでも想像ですけど、彼はきっとちゃっちゃと器用に曲を仕上げるタイプではなくて、熟成に時間を要するのではないでしょうかね。
ある意味不器用なのかもしれないけれど、私はこういう不器用さは好ましく思います。
ぱっと小奇麗にまとめてしまう人よりも、要領悪く、ある程度時間をかけてみじみじと積み上げていくタイプの方が、最終的には異次元の演奏を聞かせてくれるのではなかろうかと。
実際のところ、アンコールのショパンのノクターンは、ネトラジ、実演等で何回も聴いているけど、今日の演奏が一番しみじみした風情があって良かったと思います。

終演後は、どうしようかなと思ったのですが、結局サインをいただくことにしました。
そんなに人数が多くなかったということもあるでしょうけれど、流れ作業ではなく、しっかり目を見て丁寧に対応してくださいました。
写真よりもずっとキレイというか、姿が良いですね、本当。

今回、本編はロシア系はゼロでしたが、次はスクリャービンあたりを聴きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

本日の英語教材「North and South」(BBCドラマ)

B000AYEL6UNorth & South [DVD] [Import]
BBC Warner 2005-11-15

by G-Tools
※リージョン1、NTSC

本日の教材、というか、先月くらいからダラダラノロノロ見ております。
2004年のBBCドラマ「North and South」。
何かっつーと、映画「ホビット 思いがけない冒険」でドワーフ王トーリン・オーケンシールドを演じたリチャード・アーミティッジ主演のドラマでございます。
ヒストリカル・ロマンス。

リチャード・アーミティッジって、私「ホビット」で初めて見たんですけど、おおう、こりゃまたえらく良い役者だな、と。
トーリンにしては反則的なまでにオトコマエ過ぎるだろう、という突っ込みもあるでしょうが、映画には華が必要なのよ!存在感のある、大画面映えする役者が必要なのよ!と私は強く思うので、個人的には全く問題無し。
っていうか、あの長尺、役者力が無いととてもじゃないけど見られないだろう、と思うのですよね。
CGとニュージーランドロケだけでは無理。
絶対に無理!
で、リチャードですけど、単に顔が良いということではなく、大画面全体で見た時に「絵になる役者」ですわねー。
そして声が無茶苦茶良い(大事)。

さすがPJ、良い役者探してくるよね、と思ったものですが、リチャード・アーミティッジ、どうやら「North and South」の主役ジョン・ソートン役でブレイク、同じくBBCドラマの「高慢と偏見」のMr.ダーシー(コリン・ファース)かMr.ソートンかってくらい有名な方だったようで。
なんでも放映時はBBCのドラマ用掲示板がリチャード人気でパンクするほどの騒ぎだったとか。。。(North and South RichardArmitageOnline
まぁさもありなん、という感じのカッコよさであります(個人的にはMr.ダーシーよりもMr.ソートンに軍配を上げたい気分ですらある)。

実はまだ見終わってないのですが、英語字幕は出るのでくじけずにぼちぼち見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

ノロノロと英語再開

昨年の12月から4月くらいまで繁忙期で英語どころではなく、少々お休みをしておりました。
まぁ物理的な時間が無いというより精神的な余裕の問題ではあったのですけど。

年度がかわり、暇とはいわないまでも、一応仕事の目途もついたので、オンライン英会話を再開いたしました。
といっても、4か月のブランクは大きく(まー当然ですが)、反射神経がモノをいう(?)カラン・メソッドはかなりメロメロ。
昨年12月の段階ではステージ6のFull book revision(総復習)をやっていたところだったのですが、これが結構ヘビーでして。
で、ヘビーなところを途中で放りだした状態だったのですが、休みあけでいきなりそこから再開というのはあまりにシンドく、しばらくトピック・カンバセーション(英会話クラス)に逃げておりました。

多少リハビリをやって、ぼちぼちカランのレッスンも取り始め、本日やっとステージ6のFull book revision終了!
いや、マジメにステージ6後半の文法部分には泣きが入っていたので、終わって心の底から嬉しいです。
ステージ7からはカランメソッド2012エディションという新しいテキストになり、気分も刷新。

ステージ7と8はさくさくいきたいなー。
トピックカンバセーションも楽しいしより実戦的なので、上手くカランと混ぜてやりたいと思います。
しかし、トピックカンバセーションは雑談のネタ(ボキャブラリ)を仕込んでるだけという気もしなくもないので、ビジネス英語をやった方が良いような気も。。。
まぁもう少し全体の英語力が上がってから、とは思っているのですけど。

ただ今、カランだけだと71時間くらい、その他が12時間くらい。
まずは、カランステージ8(100時間)が目標でしょうかね。
いや、その前にカランステージ7(85時間)かな。

…頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »