« ノロノロと英語再開 | トップページ | [浜離宮ピアノ・セレクション]アレクサンダー・ロマノフスキー »

2013年5月11日 (土)

本日の英語教材「North and South」(BBCドラマ)

B000AYEL6UNorth & South [DVD] [Import]
BBC Warner 2005-11-15

by G-Tools
※リージョン1、NTSC

本日の教材、というか、先月くらいからダラダラノロノロ見ております。
2004年のBBCドラマ「North and South」。
何かっつーと、映画「ホビット 思いがけない冒険」でドワーフ王トーリン・オーケンシールドを演じたリチャード・アーミティッジ主演のドラマでございます。
ヒストリカル・ロマンス。

リチャード・アーミティッジって、私「ホビット」で初めて見たんですけど、おおう、こりゃまたえらく良い役者だな、と。
トーリンにしては反則的なまでにオトコマエ過ぎるだろう、という突っ込みもあるでしょうが、映画には華が必要なのよ!存在感のある、大画面映えする役者が必要なのよ!と私は強く思うので、個人的には全く問題無し。
っていうか、あの長尺、役者力が無いととてもじゃないけど見られないだろう、と思うのですよね。
CGとニュージーランドロケだけでは無理。
絶対に無理!
で、リチャードですけど、単に顔が良いということではなく、大画面全体で見た時に「絵になる役者」ですわねー。
そして声が無茶苦茶良い(大事)。

さすがPJ、良い役者探してくるよね、と思ったものですが、リチャード・アーミティッジ、どうやら「North and South」の主役ジョン・ソートン役でブレイク、同じくBBCドラマの「高慢と偏見」のMr.ダーシー(コリン・ファース)かMr.ソートンかってくらい有名な方だったようで。
なんでも放映時はBBCのドラマ用掲示板がリチャード人気でパンクするほどの騒ぎだったとか。。。(North and South RichardArmitageOnline
まぁさもありなん、という感じのカッコよさであります(個人的にはMr.ダーシーよりもMr.ソートンに軍配を上げたい気分ですらある)。

実はまだ見終わってないのですが、英語字幕は出るのでくじけずにぼちぼち見たいと思います。

|

« ノロノロと英語再開 | トップページ | [浜離宮ピアノ・セレクション]アレクサンダー・ロマノフスキー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/57360872

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の英語教材「North and South」(BBCドラマ):

« ノロノロと英語再開 | トップページ | [浜離宮ピアノ・セレクション]アレクサンダー・ロマノフスキー »