« 【浜離宮ピアノ・セレクション】 ニコライ・ホジャイノフ ピアノ・リサイタル | トップページ | ちょっとした近況 »

2013年10月26日 (土)

アンデルシェフスキ in 英国

Pa261838_r

先月、ぴおとるさんのシューマンのピアノ協奏曲を聴きに行って参りました。
予定が出てからずっと、行きたいけど多分無理だよね~と思っていたんですが、なんか行けてしまった。
まぁそれなりに弾丸ではありましたが…。

さて、ぴおとるさん、今シーズンの初仕事としてフィルハーモニア管の定期にソリストとして登場だったんですが、ロンドンから電車で1時間弱のBaisingstokeという町にあるThe Anvilと、ロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホールの2公演を聴いてきました。
指揮者はエサ・ペッカ・サロネン。
シューマンのピアノ協奏曲というアナウンスが出てから、本当にシューマンを弾くのかいな、モツコンに化けやしないか、と戦々恐々としておりましたが、プログラム変更無しで、まずはそれが一番の慶事でありました。

2013年9月28日(土)19:45~ The Anvil(Basingstoke)
2013年9月29日(日)15:00~ Royal Festival Hall(London)
Beethoven: Overture, Namensfeier, Op.115
Schumann: Piano Concerto, in A minor, Op.54
Berlioz: Symphonie Fantasique: episode de la cie d'un artiste, Op.14
Piano: Piotr Anderszewski
Conductor: Esa-Pekka Salonen
Philharmonia Orchestra

The Anvilでは、割と早く会場についてロビーでお茶を飲んでいたら、いきなりぴおとるさんがその辺のドアから登場し、びっくらこきました。。。
お声をかける暇(というか隙)は無かったのですが、開演前のぴりぴりした雰囲気は全然なく、ご機嫌良さげでまずはホッとしました。
どうでも良いですが、思いっきり「いつもの服」(グレーのカットソー)でしたよ…。

演奏はというと、個人的にはなんかちょっと釈然としないシューマンであったような。
一音一音、細部をよく突き詰めてあって、そういう意味では実にぴおとるさんらしい演奏だとは思ったんですが、特に一楽章が何となくこなれてないような印象を受けました。
何より、テンポが遅く、冒頭のピアノの入りから「お、遅っ」と思ってしまいました(ただこれは、予習が快速アンスネス版だったということが大きいかもしれず、一般的にはそんなに遅くないのかも)。
不自然なまでに遅いというわけではありませんでしたが、テンポも含め表現の振幅が大きく、各所モリモリ状態なので、どうしても足取りが重く聞こえてしまうところがありました。
弾き飛ばすようなところは全くなく、生真面目なまでに全ての音に意味を付しているものだから、その分ちょっと回りくどいのですよね。
もしかしたらこの人の最大の欠点であるところの(長所でもあるわけですが)、木を見て森を見ず、という面が出たというか。
ちゃんと随所に美しさのある演奏なんですが、ロマンチックな旋律の美しさに身を任せるではなく、リリシズムの中にもどこかもってまわったような、屈折した何かを感じるというか…。
アレは苦闘、煩悶の痕跡、でしょうかねぇ。
正直、ちょっと息が詰まるな。
ぴおとるさんのこういうところって、サロネンさんの音楽性と果たして合ってるんだろうか、、、と不安になってしまいました。
まぁ、指回りの点で若干弾きにくそうなところもあったように思うので(ミスが多いというわけではないもののスムースに流れていかないような)、単にスロースターターなだけかもしれません。
とはいえ、音のキレ自体は悪くなく、2楽章は表現として文句無し(これは想定内)、3楽章はリズム感にぴおとるさん特有のものがあり、生き生きとしたグルーヴ感も感じられ、全体としては決して悪い演奏ではなかったと思います(私が愛情に反比例するかのように辛口になるだけです)。

正直に言うと、ぴおとるさん、この曲好きなのかなぁ、どうなのかなぁ、これだったら別に無理してシューマン弾かなくても、モツコン25番でも良かったんじゃね?などとグルグル思ってしまったんですが…。

なお、いつもの黒ジャケットのボタンがパツパツで変なシワがよりまくりだったのはお約束というか。
あのジャケットが着られなくなったらマジやばいよ、ぴおとるさん。

まぁ、何しろシーズン初日なので早計に判断を下すことはせず、翌日のロンドン公演へ。

P9291485_r
ロイヤル・フェスティヴァル・ホール

前日は2階バルコニーでしたが、この日は最前列、ピアノの(というかピアニストの)真下で聴いて参りました。
だからということは(多分)ないですが、結論からいえば、ロンドンの方が良かったです。
ミスタッチ自体は前日よりもあったように思いますが、全体のイメージとしては折り合いがついてきているというか、こなれてきたように思いました。
単に私の慣れの問題かもしれませんが。
ただ、安易にサラサラ流れていかないのは前日と同様。
何しろ元々多い手数を総動員状態で、軽く弾き飛ばすor弾き流すようなことをせずに、どうかすると一音一音噛みしめるように弾くので、どうしたって爽やかさや清涼感、若さ、あるいはリリシズムとは全然違う方向に向かうのですよね。
まぁ、ピアニシモ、特に高音の響きは格別で、恐るべき純度の高さと言いましょうか、相変わらず彼岸と此岸の中間みたいな音がしましたが。
良くも悪くも手抜きの無い全力投球で、正直ロマン派で一音一音をあそこまでみっしり状態にすると、弾く方も聴く方も疲れるだろうって思いますが、まぁこれは性分だから仕方が無いと思います。

若さで押さない、要所要所で腰の入った演奏で、さすがにそろそろ永遠の青二才から中年オノコになってきたかなぁという印象も。
大人のロマンティシズム、といっても良いかもしれません(むしろハードボイルド、なんだろうか)。
なんとなくミドル・エイジ・クライシスを心配してしまうようなところがあるのよね。。。

なお、この日はオケとしっかりコミュニケートしていて、旋律の受け渡しや掛け合いなども丁寧だし、決め所の和音もダーン!としっかり伴奏に合わせてバッチリ決まり、実に爽快でした。
本人のピアノ自体もですが、オケとの調和も含め、諸々が上手くかみ合い、有機的に機能していたように思います。


ちなみに29日は Salonen 30th Anniversary concert とのことで、サロネンさんのフィルハーモニア管デビュー30周年という大変おめでたいメモリアルコンサートでありました。

終演後にサプライズで流れた映像がこちら↓。

サロネンさんは、1983年、マイケル・ティルソン・トーマスの代役としてマーラーの交響曲第3番でフィルハーモニア管デビューしたそうですが、映像に登場する20代のサロネンさんが本当に若くて(というか、まだ少年ぽい風情)、随所で会場から笑いも起きていました。サロネンさんが映像上映後にいかにも「参ったなぁ」というお顔をされてスピーチを始めたのが大変可愛らしく微笑ましかったです。
会場の雰囲気も和やかで、心温まる終演となりました。
サロネンさん、ますますのご活躍を!

ぴおとるさんはこれでしばらくシューマンのピアノ協奏曲はお休みですね。
じっくり寝かせて熟成、ということになりますかしら。
日本でも聴く機会がありますように。。。


|

« 【浜離宮ピアノ・セレクション】 ニコライ・ホジャイノフ ピアノ・リサイタル | トップページ | ちょっとした近況 »

Pianist: Piotr Anderszewski」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/58458682

この記事へのトラックバック一覧です: アンデルシェフスキ in 英国:

« 【浜離宮ピアノ・セレクション】 ニコライ・ホジャイノフ ピアノ・リサイタル | トップページ | ちょっとした近況 »