« ラドゥ・ルプー ピアノ・リサイタル | トップページ | Happy birthday!! Mr. Zimerman »

2013年11月28日 (木)

マレイ・ペライア ピアノ・リサイタル

2013年10月15日(火)19:00開演 すみだトリフォニ―ホール

<プログラム>
バッハ:フランス組曲 第4番 変ホ長調 BWV 815
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 へ短調「熱情」 Op.57
シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化 Op.26
ショパン:即興曲 第2番 嬰ヘ長調 Op.36
ショパン:スケルツォ 第2番 変ロ短調 Op.31
アンコール
ショパン:ノクターン 作品15-1、エチュード 作品10-4、エチュード 作品25-1

台風が接近する中、マレイ・ペライアのリサイタルへ。
ペライアは、ここ数年聴きたい聴きたいと思いつつもなかなか日程等が合わず断念してきたのですが、今回やっとタイミングが合いました。
いくつか持っているCDのイメージだとリリカルで軽やかな印象でしたが、さて実演はいかに。

この日は結構空席があり、台風のせいで会場に辿り着けない人がいる、というだけではないような空き具合。
都内でTOCとすみだ2公演だと、すみだは集客的に厳しいでしょうかね。
あと、TOCでS席14000円、すみだでS席13000円というのは、ちょっとチケ代が高いかな、という印象です。
この値段では、いわゆる「ファン」じゃないと色々な意味で厳しい。

さて、演奏。
バッハは落ち着きと明るさ、軽快さの中にナチュラルな歌があり、非常に純度の高い音楽世界という印象を受けました。
特にトリルの洗練された美しさは特筆モノで、これはもうセンスなんだろうな、と。
熱情は意外なほどにスケールの大きい熱演で、雄々しいベートーヴェンでした。
シューマンも骨太な演奏で、どこか健康的にも響き、その分陰影に欠けるというか、ファンタジーやある種の危うさといったシューマンらしさ欠けるかなという印象。
楽しそうではあって、明るいお祭りといったところかしら。
おそらくペライアさんは人柄が良くてらして、あまり屈折したところが無いのろうだと思ったりもしました(実際はどうだか存じ上げませんが)。
実は、ここまでは極めてハイクオリティだとは思うものの、こう言ってはなんですが感心はすれど感動はしない、みたいな感じで、うーん、ピクリとも心が動かされないなぁ、、、と、やや頭を抱えてしまったのですが、ショパンは実に良かったです。
私は基本的にはショパンだったらポーランド系の人が良いと思っていて、それはリズム感やルバートの問題等色々あるんですけれど、その辺は我ながらかなり保守的だと思います。
なので、特定の人以外のショパンはわざわざ聴きたいとは思わないんですが、ペライアのショパンは聴いていてとても気持ちが良いものでした。
ペライア、ショパンがとても合っているんじゃないかと思うんですよね。
音の粒立ちとレガートの美しさが際立ち、リズムも節回しもとても自然で恣意的なところが無く、流麗な中に内声がよく聞こえてくる立体的な演奏でした。
スケルツォはちょっと粗いところも散見されましたが、全体的にエレガンスとパッションのバランスがちょうど良いショパンという印象で、雄渾なところもありつつ品を損なわないところがとても好ましかったです。
そういう意味で、アンコールがショパン3曲だったのも嬉しかったです。

ペライアだったらオール・ショパン・プログラムでも大歓迎です。
普段だったら、あまりショパンばかり突っ込まれると客に媚びてる感満載で胡散くさーと思ってしまうんですが(すみませんね、口が悪くて)。
あ、オール・バッハ・プログラムも聴いてみたいかも。

|

« ラドゥ・ルプー ピアノ・リサイタル | トップページ | Happy birthday!! Mr. Zimerman »

Piano」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/58659410

この記事へのトラックバック一覧です: マレイ・ペライア ピアノ・リサイタル:

« ラドゥ・ルプー ピアノ・リサイタル | トップページ | Happy birthday!! Mr. Zimerman »