« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月21日 (火)

クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル

2014年1月10日(金)午後7時開演 武蔵野市民文化会館 大ホール

<プログラム>
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番ホ長調 Op.109
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 Op.110
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調 Op.111

武蔵野文化事業団HP

この日は階段状になっている右手のお席で。
ちょうどピアノの蓋よりちょっと高いくらいの位置で、音がよく飛んできて良かったです。

行けなかった8日のすみだの感想などをチラチラ眺めていたら、微妙な感想が散見されたので多少心配していたのですが、結論からいえば、去年とは別人か?という印象で、3公演中ではベストだろうと。
楽譜は置いてましたが、ずっと見ながら弾いてる感じの弾き方ではなかったです(まぁ至近距離ではなかったので詳細はよく分かりませんが)。

30番は幻想と慰撫に満ちた、愛おしくも神々しい世界でした。
水晶のような一楽章に、キリッと力強さを出した二楽章が好対照。
三楽章では水彩絵具の雫をポタッポタッと紙に丁寧に落としていくような音の連なりが印象的でした。
フーガを弾くツィ氏は、飄々としていてどこか楽しげでもありました。
30番って後期ソナタの中では一番小奇麗なところがあるというか、規模というか粒が小さいような印象がありましたが、なかなかどうして、終楽章で音楽の風景が壮大に広がっていく様と抑えきれない高揚感を、そして最後には見事な収束を見せてくれました。
あれはほとんど解脱みたいなものかも。
この昇華された世界が、次の31番の冒頭にすっと繋がるな、とも。
そして、今回、一番変化が著しいと感じたのが31番でした。
1楽章は比較的早めのテンポに感じましたが、音符が多くペダルが長い箇所でも響きが混濁することなく、とても幻想的な響きにきこえました。
一つ一つの音の粒立ちや滑舌の良さよりは流れや響きを重視するような所もあり、フーガもそういう表現だったと思いますが、これは意図的なものかな。
今回の31番では、たっぷりとしたタメや、ブレスの深い間(ま)が生まれていて、それがいかにもツィメルマンさんらしくもありました。
そうした緩急は独特の時間の流れを感じさせるものでしたが、決して恣意的に響かず、むしろ、音楽が落ち着くべき場所、安息の地を見出したかのような、そんな安堵感を抱かせる演奏でした。

前半は特に、音楽がしっかり手の内に入って、こうしかあり得ない、そんな説得力を帯びているような印象を受けました。
フォルテもしっかり腰が入った音が出ていてまずは一安心。

後半の32番は凄演だったとは思いますが、それが必然なのか、結果的にそうなっちゃった、のどちらかなのかは分かりません(まぁ「結果的に」なんだろうな……)。
31番は大分落ち着いたなぁと思ったんですが、32番も同じような方向性なのかと思いきや、特に1楽章は全然落ち着いてなかった……。
むしろ余計荒ぶっているというか、嵐のようというか、ますますロウ(生、じゃなくて生煮えか)。
1楽章は、なんだか生傷から血が噴き出しているようなイメージ映像が目の前をちらつきます。
まぁ、これは必ずしもミスが多いという意味ではないのですが。
他方、2楽章は自らの内に深く沈みこんで静かに自己を見つめ、徐々に浮上して自分の外に果敢に手を伸ばして、最終的に解放を得た、そういう音楽であったように思います。
割と分かり易く闘争の末のハッピーエンドという感じではあったんですが、奏者はこういう闘争を思い描いているのかしらん、と若干訝しく思ったりもして。
そういうヴィジョンを確固として抱いた結果の演奏なのか、今のところ不可抗力的に「闘争」になってしまっているのかよく分からんというか。

というわけで、特に32番はサントリー待ち。
まぁでも刻々と変化しつつ、着々と上がってきているようで、ほっとした夜でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

ぴおとるさん、ネトラジ放送備忘録→アバド追悼で変更になりました

ORFにて2014年1月21日10:05~(現地時間)、北ドイツ放送響(NDR),&ブロムシュテット& アンデルシェフスキでモーツァルトのピアノ協奏曲第25番、ステーンハンマルの交響曲第2番を放送するようです。
収録は2013年11月22日、ライスザール(ハンブルク)にて。
詳細

実は、12月にすでに、同じプログラムの11月21日のコンサートはNDRで放送済みなんですが、なぜかORFで2日目のコンサートを放送するということのようで。

プログラム

ぴおとるさんは基本的にスロースターターのようなので、2日目の方が良いんじゃないか(だから2日目を放送してくっるのはありがたい)、と思うんですが、11月21日の演奏、これが名演といって差し支えない素晴らしい出来栄えだったんですよね。
果たしてあれより良いってことがあるんじゃろか、という気がしなくもないっつーか。

ちなみに、11月にはニコライ・ズナイダー(指揮)とデンマーク放送交響楽団とやったモツコン25もネトラジの生中継も聴きましたが、こちらはよろす歯車がかみ合ってないような、非常に心臓に悪い演奏で(個人的ワースト)、うーん、どうしちゃったのかしら、と。
直前にズナイダーがぴおとるさんとのデュオ・コンサートを病欠してたんで、協奏曲もあまりリハの時間が取れなかったのかしら、などと思ったりもしたんですが(それにしたってアレはちっとなぁ、、、)。

というわけで、個人的にはモツコン25、もう良いよっていう気分もあるんですけど、何しろブロムシュテットさんだし、2日目だし、ということで、さらなる名演になったかどうかを見届けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

2013年ナマモノ記録

年はあけてしまいましたが、備忘録として一応まとめてみました。

2013年1月13日(日)18:30開演 水戸芸術館
水戸室内管弦楽団 第86回定期演奏会 
指揮:大野和士/テノール独唱:西村 悟

2013年1月25日(金) 新国立劇場 中ホール
ダイナミックダンス!
新国立劇場バレエ団

2013年1月26日(土)15:00開演 武蔵野市民文化会館 小ホール
ピアノ:デニス・コジュヒン プロコフィエフ:ピアノソナタ 全曲演奏会
※2日連続のコンサートでしたが、27日は行けず

2013年2月10日(日)15:00開演 NHKホール
第1748回NHK交響楽団定期公演Aプロ
指揮:ヒュー・ウルフ/ピアノ:ポール・ルイス

2013年2月7日(木)19:00開演 東京オペラシティコンサートホール
エサ=ペッカ・サロネン フィルハーモニア管弦楽団
指揮:エサ=ペッカ・サロネン/ピアノ:レイフ=オヴェ・アンスネス

2013年2月8日(金)19:00開演 サントリーホール
フィルハーモニア管弦楽団
指揮:エサ=ペッカ・サロネン/ピアノ:レイフ=オヴェ・アンスネス

2013年3月18日(月)19:00開演 すみだトリフォニ―ホール
マリア・ジョアン・ピリス&アントニオ・メネセス デュオ・リサイタル
ピアノ:マリア・ジョアン・ピリス/チェロ:アントニオ・メネセス

2013年4月16日(火)19:00開演 水戸芸術館
ユジャ・ワン ピアノ・リサイタル

2013年4月17日(水)18:30開演 ゆうぽうとホール
マニュエル・ルグリの新しき世界Ⅲ Aプロ

2013年4月21日(日)15:030開演 ゆうぽうとホール
マニュエル・ルグリの新しき世界Ⅲ Bプロ

2013年4月21日(日)19:00開演 サントリーホール
ユジャ・ワン ピアノ・リサイタル

2013年5月14日(火)19:00開演 浜離宮朝日ホール
アレクサンダー・ロマノフスキー ピアノ・リサイタル

2013年7月6日(土)18:30開演 水戸芸術館
水戸室内管弦楽団第87回定期演奏会
指揮:準・メルクル/ピアノ:小菅優

2013年7月10日(水)18:30開演 東京文化会館 大ホール
ロイヤル・ガラ
英国ロイヤルバレエ団

2013年7月13日(土)13:00開演 東京文化会館
白鳥の湖
英国ロイヤルバレエ団

2013年7月13日(土)18:00開演 東京文化会館 大ホール
白鳥の湖
英国ロイヤルバレエ団

2013年7月19日(金)19:00開演 朝日浜離宮ホール
ニコライ・ホジャイノフ
レビュー

2013年9月26日(木)19:00開演 シンフォニー・ホール(バーミンガム)
ピーター・グライムズ
指揮:ウラディーミル・ユロフスキ/ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団/スチュワート・スケルトン(ピーター・グライムズ)他

2013年9月28日(土)19:45開演 The Anvil(Basingstoke)
指揮:エサ=ペッカ・サロネン/ピアノ:ピョートル・アンデルシェフスキ/フィルハーモニー・オーケストラ
レビュー

2013年9月29日(日)15:00開演 ロイヤル・フェスティヴァル・ホールl(ロンドン)
Sunday Matinee Series: Salonen 30th Anniversary Concert
指揮:エサ=ペッカ・サロネン/ピアノ:ピョートル・アンデルシェフスキ/フィルハーモニー・オーケストラ
レビュー

2013年10月6日(日)15:00開演 トッパンホール
フランク・ペーター・ツィンマーマン J.S.バッハ ヴァイオリンとピアノのためのソナタ全曲
ヴァイオリン:フランク・ペーター・ツィンマーマン/ピアノ:エンリコ・パーチェ
レビュー

2013年10月7日(月)19:00開演 東京文化会館
都民劇場音楽サークル第611回定期公演 フランク=ペーター・ツィンマーマン ヴァイオリン・リサイタル
ヴァイオリン:フランク・ペーター・ツィンマーマン/ピアノ:エンリコ・パーチェ
レビュー

2013年10月14日(月) 19:00 いずみホール
ラドゥ・ルプー ピアノ・リサイタル
レビュー

2013年10月15日(火)19:00開演 すみだトリフォニ―ホール
マレイ・ペライア ピアノ・リサイタル
レビュー

2013年11月3日(日)19:00開演 サントリーホール
内田光子 ピアノ・リサイタル
レビュー

2013年11月5日(火)19:00開演 水戸芸術館
内田光子 ピアノ・リサイタル
レビュー

2013年11月22日(金)19:00開演 浜離宮朝日ホール
ヴィデム・ホロデンコ ピアノリサイタル

2013年11月19日(火)19:00開演 東京オペラシティコンサートホール
バーミンガム市交響楽団
指揮:アンドリス・ネルソンス/ピアノ:エレーヌ・グリモー
レビュー

2013年12月4日(水)19:00開演 トッパンホール
アンデレアス・シュタイアー ディアべりを弾く

2013年12月12日(木)19:00開演 横浜みなとみらいホール
クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル
レビュー

2013年12月16日(月)19:00開演 横浜みなとみらいホール
ラファウ・ブレハッチ ピアノ・リサイタル
レビュー

2013年12月21日(土)17:00開演 所沢ミューズ アークホール
ベートーヴェン・スペシャル クリスチャン・ツィメルマン
レビュー

※会場について、特に記載が無い場合は大ホールです。


その他、旅先の教会コンサートなどもありますが、ノーカンで(というか詳細をよく覚えてないっていうか)。

前半特に、感想を上げてないですね…(アンスネス&サロネンですらまとめてないという事実に愕然)。
記録として残しておいた方が良いと思うんですけどね。
今更ではありますが、気が向いたら、当時書いたメモを追加しようかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

ラファウ・ブレハッチ ピアノ・リサイタル

ラファウ・ブレハッチ ピアノ・リサイタル
2013年12月16日(月)19:00開演 横浜みなとみらいホール

<プログラム>
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第9番 二長調 K.311
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第7番 二長調 Op.10-3
- - - - - - - - - - - - - -
ショパン:夜想曲 第10番 変イ長調 Op.32-2
ショパン:ポロネーズ 第3番 イ長調 「軍隊」/第4番 ハ短調
ショパン:3つのマズルカ Op.63
ショパン:スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 Op.39

ジャパン・アーツ公式サイト

本当は12月14日(土)のTOCの行きたかったんですけど、そちらは完売。
さすがショパコン優勝者ブランド強しというか、相変わらず人気あるな~と思いましたが、みなとみらいの方は平日ということもあってか、入りは7〜8割だったかと。
(きっと、週末みなとみらい、平日TOCの方が効率よくチケットはけるんだろうな、などと思ってみたり)

前半はモーツァルトのソナタ9番とベートーヴェンのソナタ7番。
しかし、音が綺麗ですね、ホント。
端正で品のある、だけど芯のしっかりしたピアニズム。
モーツァルトもベートーヴェンも端正で明るく、一つ一つの音が光彩を放っているようでした。
以前は線が細くて心配になるようなところもあったけど、大分雰囲気が変わったような気がします。
諸々、以前よりしっかりしてきたように感じるけれど、それは彼の(あるいは最大の)長所である繊細さを犠牲にするような類の強さやパワーではなく、例えるとインナーマッスルがしっかりしてきているような感じかと。

後半はショパン尽くし。
軍隊ポロネーズは、CDよりも断然良かったです。
毅然としていて、貴族的で優雅でもありました。
イメージは馬に乗った近衛兵かな(どこか品よく、エリートっぽいのね)。
4番は威厳も感じさせる演奏。
マズルカは可憐だったり飄々としていたり、やるせない哀切を帯びたりと、多彩な表情を見せつつも、若さも枯淡も感じさせないのが少々不思議でもありました。
あえて言うなら、普遍的ということになるんでしょうが、あるいは、若いけれど達観してる風でもあるのが結果的に年齢不詳な雰囲気につながっているのかもしれません。

スケ3は落ち着きとスケールを感じさせる堂々たる演奏でした。
しっかりしたフォルテを聞かせながらも、節度と端正さは失わず。
強奏しても全く下品にならないのは、本当に素晴らしいと思います。
中間部でふわっと旋律が浮き上がる様は、夢幻的なまでに美しかったです。

本編は20時35分に終了、アンコールでショパン3曲はサービスかな。
太田胃散で終演でした。

これを書くとファンの反感を買うような気がするんですが、最近のブレハッチはなんか普通のピアニストになってしまったな、と思っていたんですよね。
普通に上手くて音が綺麗なピアニストというか。
その根底にあるのは、ブレハッチってショパコン時の演奏が結局一番良かったんじゃ?という、ぬぐいきれない思いだったわけですが。
それは、20歳という年齢と、母国でのコンクールの尋常ではないプレッシャーや緊張感を耐え忍ぶが故に生まれる奇跡のような詩情やリリシズム、そしてショパンやポーランドとの同一性みたいなものであったと思うのですけれど。
もちろん、コンクールの時が一番良かった=成長していない、ということでは全くないんですが、これはもう一種のノスタルジーみたいなものなので、しょうがないというか。
そういった一期一会ともいえる輝き、あるいは若さゆえの危ういような煌めきが年月と共に(当然)失われていくのが残念でもあったんですが、この日は素直に「今」が素晴らしいと思えたし、未来も見えたような気がします。

とても良いコンサートでした。


続きを読む "ラファウ・ブレハッチ ピアノ・リサイタル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

ベートーヴェン・スペシャル クリスチャン・ツィメルマン

2013年12月21日(土) 16:30 開場/17:00 開演 所沢ミューズ アークホール
公式サイト
<プログラム>
ベートーヴェン:ピアノソナタ第30番(op.109)、第31番(op.110)、第32番(op.111)

2013年11月24日(日)に予定されていたコンサートが、腰痛騒ぎで延期、2013年12月21日(土)に。
11月24日は仕事の都合で×だったんですが、日程変更のおかげで行くことができました。
これでツィメルマンの所沢公演は皆勤賞ということになりました。

お客さんの入りは若干微妙?
もちろん、延期騒ぎの影響はあると思いますが、当初上は売ってなかったのか?という感じの妙なあき方。。。

この日の私の席は、行けなくなったお友達の代わりに座らせてもらった席で、目の前でツィメルマンさんがお辞儀する特等席でした。
わはは。

さて、11月公演と12月頭の公演を延期した後、当初のスケジュールの通り開催したみなとみらい公演から一週間ちょっと経って所沢ミューズと相成りましたが、諸々において大分アップしたように感じました。
左手が(右手に比べると)若干安定しないようにも聴こえましたが、みなとみらいでしていた左手のサポーター(?)は無くなり、総じて手が鍵盤にちゃんとくっついている印象でした。
打鍵もとてもしっかりしていて、まずは一安心、といったところ。
表情を見る限り、ご本人のご機嫌も良かったのではないでしょうか(最後投げキッスしてなかったっけ?)。

今回のツアーは、ピアノの調整がいつもと違うのかな(私もそんなに耳が良い訳ではないので漠然とした印象でしかないのですが)。
音の伸び、響きが時々フォルテピアノのように聞こえなくもないというか。
通常のスタインウェイだとすごく音が伸びていくし、響きが強靭かつ艶がある印象なんですけど、今回は響きの質や減衰の仕方がちょっと違うような。
みなとみらいでは高音域、この日は低音域でそう思いました。
特に高音の響き方がスコーンとしてて純朴というか無垢に聞こえました。
それが雑味の無い、ピュアでどこか悟りにも似た世界を導くゆえんでもあると思うんですが。

みなとみらいでは30番が良かった(31番と32番は???というところもあった)んですが、この日は31番も32番も良かったです。
32番の1楽章は荒ぶるベートーヴェンという感じで、多少前のめりな印象はあったにせよ、決して粗いということではなしに、音楽が枠組みを逸脱していくような印象がありました。
感情が形式(フォルム)を超えるか超えないか、ギリギリのライン上にあるような。
これがおそらく、古典主義の枠組みの中でロマンチックに、ということだろうと思いました。

ところで、「嘆きの歌」や祈りのように聴こえる部分なんかは、とても素晴らしいとは思うんだけど、期待値が高すぎるのか(ファンってしょうがない生き物よね…)まだ感動するには至らないので、2014年の楽しみということにしておこうと思います。

まぁただ、嘆きの歌とか32番の2楽章とか聴いてると、ツィメルマンさんってなんだかんだいって、大変シリアスではあっても精神的に余裕がある人なんじゃないかと感じるんですよね(ボソ)。。。
この辺、1/20のサントリーでどうなりますか。

あ、その前に武蔵野に行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
年内に書こうと思っていた記事が全然アップできず、2013年総括もできず、年があけてしまいました。


遅ればせながら昨年ざっくり総括。

コンサートは、去年は30公演くらい行きましたかね(バレエを含む)。
最大の収穫はネルソンスかな。
一気にファンになりました(結構本気で追っかけたい)。

映画は少々。
「偉大なるギャツビー」がバズ・ラーマン節全開で良かったです。

映画じゃないけれど、遅ればれながらBBCの「Sherlock」にハマったんでした、そういえば。
このお正月に本国でシリーズ3の放映が始まりましたね。
私も早速Sherlock祭りに入っておりますですよ。
1/20にはUK版DVDリリースも決定しているので、とっととポチりました。

英語はボチボチ。
自分でいうのもなんですが、スカイプ英会話を始めてそれなりには上達してるんじゃないかと思います。
流暢には程遠いですけど。
この冬は喉を壊したせいもあって少々ご無沙汰しているのですが、最近やっと完治したのでまた始めようと思います。

今年は健康に気を付けて、英語(仏語も)をもっと上達させたいと思います。
更新は相変わらず遅いと思いますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »