« Ian Bostridge Tenor Recital at Concert Hall ATM, Mito | トップページ | How to Meet Musicians »

2014年5月 9日 (金)

ぴおとるさん、2005年のウィーンライヴ

先にお知らせした、5月2日(金)19:30~のORFの放送、ピョートル・アンデルシェフスキ&ベルチャ・カルテット、2014年3月26日ウィーン・コンツェルトハウス・モーツァルトザール公演に加え、なぜか、ぴおとるさんのリサイタルの演奏も放送されました。
2005年1月19日のウィーン(コンツェルトハウス・モーツァルトザール)公演のバッハ「フランス風序曲<パルティータ>」ということで、貴重!

そして名演です。
なんというかなぁ、自分を追い込んでいる感じというか、ギリギリな感じが漂うのですよね。
ある種のストイシズムだと思うんですけど、むしろ攻撃的マゾヒズムとでもいった方が良いかなぁ。
いやホント名演ですよ。
鬼バッハ。

オンデマンド、一週間でしょうかね(とすると、あと数時間ってところですが)。
ORF
バッハは、ショスタコの後で、1時間33分頃からです。

間に合う方は是非。

|

« Ian Bostridge Tenor Recital at Concert Hall ATM, Mito | トップページ | How to Meet Musicians »

Pianist: Piotr Anderszewski」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74079/59614138

この記事へのトラックバック一覧です: ぴおとるさん、2005年のウィーンライヴ:

« Ian Bostridge Tenor Recital at Concert Hall ATM, Mito | トップページ | How to Meet Musicians »