« 英語のハノン | トップページ

2024年1月 8日 (月)

Cambly 始めました

オンライン英会話、これまでフィリピン系のスクールで断続的にやっていましたが(最近はほとんどレッスンできてませんでしたが……)、ネイティヴの講師のオンラインスクール、Camblyに入ってみました。

Cambly 公式サイト

 

ブラック・フライデーのセールで、週60分のコース、12ヶ月で76,317円(1月あたり6,360円)。

セール価格でまとめて払えば、かなりお徳ではないかと思います(フルプライスだと倍くらいしちゃう?)。

 

プライベート(マンツーマン)とグループレッスンを選べますが、私は週60分のコースで、30分のプライベート・レッスンを2回取っています(グループレッスンを取らなくてはいけないということはなく、プライベートのみでも可)。
英・米・カナダ・南アフリカの講師が在籍していて、好みのアクセントの講師を選べるのが良いです。

私は基本的に英国アクセントの先生をチョイス。

 

Zoomやスカイプ、Teamsの類は不要で、公式サイトからつなげる方式。

 

Camblyの独自の英会話教材(カリキュラム)もありますが、ネット上の素材をリクエストしてトークするなども可。

私は、現在のところ、engoo のサイト(engoo daily news)から興味のあるトピックを選ぶか、キャンブリーの教材「ミステリー:ホテルの謎」をリクエストするかのどちらかです。

とりあえず、この辺をやってみました。

Man Arrested After Banksy Artwork Stolen in London December 28, 2023

 

キャンブリーはレッスンの予約はもちろんできますが、予約無しでも、その時にオンラインで待機している講師をつかまえてすぐレッスンできるシステムがあります。

その場合は、出来合いの教材の方が良いかと思い、「ホテルの謎」をリクエストしています。

 

レッスンは録画されていて後から見ることができるので、復習するのに便利です(自分が喋っているのを見るのはいたたまれないのであまりちゃんと見ていませんが、見直した方が絶対効果的だろうと思います)。

 

フリートークは喋れることしか喋らなくなるので、(個人的には)教材の指定は必須だと思っていますが、何をどうリクエストするかは、まだちょっと手探り状態。

あとは中級のビジネス英語あたりを取ろうかな。

|

« 英語のハノン | トップページ

英語リスニング・英会話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。