カテゴリー「英語学習」の45件の記事

2017年4月18日 (火)

ケンブリッジ英検

3月にケンブリッジ英検のFCEを受験しました。

結果は、何とか合格。


ケンブリッジ英検といっても日本ではあまり馴染みが無いと思いますが、ヨーロッパを中心にとてもメジャーで、世界で一番有名な英語検定と言われているようです。
世界各国で、就職にも、大学・大学院入学の際の英語力証明にも使えるとのこと。

TOEICが Reading と Listening だけなのに対し、ケンブリッジ英検は、読む・聴く・書く・話すの四技能を問われるので、生半可な勉強では歯が立たない部分があります。

TOEICはある程度はスコアを上げるコツのようなものが存在するように思いますが(いわゆる受験テクニック)、ケンブリッジ英検は、あまり小手先でどうのというテストではないように思います。
Speaking はある程度、形式に慣れる必要はあるかとは思いますが。


ケンブリッジ英検の各Certificateの詳細は、以下の通り(ケンブリッジ英語検定事務局のHPより)。

-------------------------
CPE
Certificate of Proficiency in English
英検1級以上 / IELTS:7.5 / TOEIC:950+ / TOEFL:600+相当。
ケンブリッジ検定の最上級。
イギリスの大学入学許可の基準となる最上級レベルの試験。

CAE
Certificate in Advanced English
英検1級 / IELTS:6.0~6.5 / TOEIC:900~950 / TOEFL:525~550相当。
仕事で英語を使用するプロフェッショナルな方向け。英国大学、大学院入学の際の英語証明書としても有効。

FCE
First Certificate in English
英検準1級 / IELTS:5.5 / TOEIC:800~900 / TOEFL:500相当。
英語の日常使用する職場で働きたい方向け。

PET
Preliminary English Test
英検3~準2級 / IELTS:4.5 / TOEIC:350~500 / TOEFL:380~430相当。
英語圏での日常生活が送れるレベル。高校、短大、大学生向け。

KET
Key English Test
英検3級 / IELTS:4.0 / TOEIC:300~350 / TOEFL:350~380相当。
日常生活に必要な、書き言葉及び話し言葉による最も基礎的なコミュニケーションを認定するものです。
-------------------------


Cambridge_english_scale_full_rang_2
Camgridge English スケール

ちなみに私の英語力ですが、TOEICは大昔に910を取ってますが、これはほぼテスト勉強の賜物で、喋る書く等アウトプットについては、今の方が大分マシです。
TOEICで900を取って、スコアを上げても肝心の英語力はさして上がらないということに気が付いてしまい、しばらく英語検定の類からは遠ざかっていましたが、やはり何か目標があった方が勉強がはかどるかと思い、ケンブリッジ英検を受けようかなと思ったのが2、3年前。
CAEの問題を買って見たところ、どうも歯が立たない感じだったのでしばらく放置、最近やっと重い腰を上げて、まずはFCEから受けてみることにしました。

FCEは、TOEIC換算だと800~900になってますが(CEFR換算表は785~)、ケンブリッジ英検は Writing と Speaking があるため、体感としてはTOEICよりも大分手ごわいです。
今のTOEICの問題のレベルはちょっと分かりませんが、Listening は、圧倒的にケンブリッジの方が難しいと感じました。
印象としては、TOEIC700点台ではとてもとても、という気がしたのですが、実際のところどうなんでしょうね(TOEIC、私が受けた時よりも点数取り辛いんでしょうかね)。

最初FCEくらいは取らんとあかんよね、と、ちょっとなめてかかっていましたが、勉強を始めてすぐに、FCEも結構危ないかも、、、とかなり青くなりました。

ちなみに、今回の結果は、Reading は Grade A(多分満点)、Use of English が Grade B、Writing と Listening は合格点以下(…)、Speaking が辛くも合格点、トータルで結構ギリギリという感じでした(Pass at Grade C)。
IELTS換算で5.5、海外留学(大学)の入口に立つか立たないか、というところでしょうか。


さて、次の目標はCAEなんですが、、、難易度的にFCEとかなりギャップがあり、しばらくは相当みっちり勉強せねば、という感じのようです。
まぁ、ケンブリッジ英検の場合、ごく真っ当にコツコツと試験勉強をすれば、それがそのまま身になる感じではあるので、やりがいはあるかなーと思っています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

ケンブリッジ 実用コロケーション(中級編)

今、「ケンブリッジ 実用コロケーション(中級編)」をやっています。
というか、ほぼこれしかやってない。

イディオム的なものも含め、いわゆるコロケーションを勉強する本です。
コロケーション、この単語にはこの単語がくっつく、という組合せですね。
ひどく落胆する、の副詞はbitterlyを使って、 be bitterly disappointed ですよ、とか。

こういうのをきちんと覚えていくと、不自然な言い回しが減っていくのだろうと思います。
なので、試験の穴埋め問題だけではなく、ライティングなどのアウトプットにも役に立ちそうです。

全60ユニットで、「旅行」「家族」「映画と書物」「時間」等、テーマ別になってるので比較的覚えやすいのではないかと思います。

なお、この本は日本語版になっていて使い易いです。
もちろん英語版で勉強しても良いんですが、最近は楽できるところは楽した方が学習効率が上がるんじゃないか、と思ってあまり無理しないことにしてます。。。

ケンブリッジ実用コロケーション 中級編ケンブリッジ実用コロケーション 中級編
Michael McCarthy Felicity O’Dell 武田 修一

Cambridge University Press 2008-06
売り上げランキング : 579356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

最近の英語学習

英語学習、仕事の波のせいもあり、半年やって半年休んで、再開してまた休んで、みたいなことを繰り返しております。
効率悪し。

そして、旅行に行くとペースが乱れる、というのがいつものパターンでして。
旅行前はどうしても仕事と準備でワタワタ状態になって勉強どころではなくなるし、旅行後は社会復帰せねばならんしで、1週間旅行に行くと前後1週間ずつ、合わせて1か月近くお留守になることも。
そんなわけで、このところまた少しお休みしていましたが、8月よりリアル英会話というスクールのレッスンを取っています。

QQEnglishのカラン・メソッドはちょっとさぼり気味というか、そろそろ本気で飽きてきた。。。(まぁそのうちまた再開するかもしれませんが)
一つには、QQは良い先生がたくさんいるはいるのですが、最近お気に入りの先生の予約が取り難い、という事情もあります。
人気講師は言うに及ばず、去年くらいは余裕で取れてた先生も全滅、みたいな感じで。

リアル英会話は50分授業。
私が取っているのは時事英語ですが、割とガッツリやる感じなので、50分マンツーマンは結構キツイ、です。
講師の質は、訛りの有無は多少個人差がありますが、総じて熱心だし、ハイレベルだと思います。
文法的なミスなんかはほとんど指摘してくれませんが、基本的に通じれば良い、どんな英語であれとにかく喋るが勝ち、というスタンスだろうと思います。

とりあえず、半年くらいリアル英会話でやってみて、その後はイギリス英語のスクールのレッスンを取ろうかなーなどと考えているところです。
そこ、とっても良いスクールなんですけど、イギリス人ネイティヴなのでお値段が高くて、もうちょっと上手くなってからにしようかと。

まぁでもこれから仕事が忙しくなるので、頑張れるのは秋くらいまでかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

ちょっくら英作文2

なんだかんだ言って私は文章を書くのが好きなようで、英語を書くのも随分楽しくてですね(というか自宅仕事の合間に現実逃避でやってるって部分も多いんですけど)、短文添削サービスの1ヶ月1440文字という枠をあっという間に消費してしまいました。
とりあえず、1カ月2880文字を買い足したんですが、まぁこれも時間の問題だろうなぁという気がします。
というのも、文字制限は、Twitterでは140字のところ、やや長めに300字設定だというのに、やってみたらこれがずいぶんと物足りないなぁと。
まぁ、日本語の140字と英語の140字って、内容のボリュームが大分違うんでしょうがないんですけどね。

Twitterでいえば1日1投稿くらいの人なら良いんでしょうけれど、コンサートの感想を6連投とかして「……だったらブログ書けよ」みたいな人間には、このサービスいかがなものか、という話であったりします(早く気付けよ自分)。

先日も、ベネディクトの「フランケンシュタイン」(National Theatre Live)について書こうとしたら、あっという間に文字制限に達してしまい、内容について何にも書けないでやんの。

そんなわけで、「日記」もやってみることにしました。
600字。

まぁこれも実際に書いてみたら、600字って少ないのねーという感じではありましたが。。。
どんな添削がかえってくるか、楽しみです。

Twitterや日記だと、少ない手ごま(ボキャブラリ)で書けることだけ書く、みたいなことになりがちですが、上手く表現の幅が広がるようであれば、本腰を入れてみても良いかもしれません。

英作文のフルーツフル・イングリッシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

ちょっくら英作文

最近英会話をさぼっておりますが、(その代わりにというわけでもありませんが)ネットの英作文添削を始めてみました。

あ、リスニングはSherlockのシリーズ3のDVDにて。

Sherlock - Complete Series 3 [DVD]
Sherlock - Complete Series 3 [DVD]Benedict Cumberbatch

2Entertain 2014-01-20
Sales Rank : 17


See details at Amazon
by G-Tools

※Palです

リスニング教材としてはちょっと負荷が大きすぎるんですけど、英語字幕が出るのでまぁ何とか…。


で、ネットの英作文ですが、英作文のフルーツフルイングリッシュというところです。
あまり長いのはシンドイなぁと思って、気軽にできそうな短文英文添削にしてみました。
英語でTwitter添削付って感じでしょうか。
実はTwitterは英語で呟く用のアカウントを持っているんですけど、イマイチ活用しきれてなくてですね…。
日記でもTwitterでも、書いたら書いただけ上達するとは思うんですが、やっぱり直してくれる人は必要だよなぁ、、、と。

そんなわけで、数回トライしてみました。
作文を投稿すると、先生の添削が入り、添削とは別に先生からの返信コメントも付きます。
それに続けて返信してもOKで、このやり取りが結構楽しいかも。

投稿するとこんな感じで戻ってきます、と晒してみる。
上が自作の文章(文中の(A)とか(B)というのは添削該当箇所として後から入ってくるものです)で、下が添削後の文章。

羽生君金メダルについて。

Yesterday, I sat in front of my PC all night and witnessed the victory of (A)Japanese figure skater Yuzuru Hanyu!! I am really happy. Last night's performance was not his best (B)one, so I hope he will win the gold medal with (C)perfect performance (D)in the next (E)Olympic.

添削結果 Yesterday, I sat in front of my PC all night and witnessed the victory of (A)the Japanese figure skater Yuzuru Hanyu!! I am really happy. Last night's performance was not his best (B), so I hope he will win the gold medal with (C)a perfect performance (D)at the next (E)Olympics.

うん、なんか冠詞とか前置詞とか冠詞とかって感じですね。
この辺は自分でやっててもなかなか、という部分なので、直してくれるのは勉強になるな~と。

添削してくれた先生がパトリック・チャンのことに言及していたので、それに返信してチャンのことも書いてみました。

Patrick might be unlucky. At (A)Vancouver Olympics, he was too young to win. This time, though he is perhaps at the peak of his career, his new rival (B)have made rapid progress recently. Anyway, I respect Patric's amazing skating (C) skill.

添削結果 Patrick might be unlucky. At (A)the Vancouver Olympics, he was too young to win. This time, though he is perhaps at the peak of his career, his new rival (B)has made rapid progress recently. Anyway, I respect Patric's amazing skating (C) skills.

やっぱり冠詞。
haveとhasは凡ミス。
それから単数複数ね…。

こういうTwitterや日記だと、書けることしか書かないような気もするんですけど、準備体操としては良いんじゃないかと思います。
少し慣れたら、自由作文ではなくてもう少しハードな課題文に挑戦してみようかな。

仕事が一段落したら英会話もまたやりたんですけど、細切れの時間でチマチマ英作文するというのも意外と楽しいので、3日坊主にならないように継続できたらと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

カラン・メソッド学習進捗表

カラン・メソッドの学習進捗表を作ってみました。
こんなん作る暇があったら勉強しろって話ですが…。

赤字部分が実際の進捗です。
2012年4月26日に初めて、時々中断しつつも(2012年11月末頃にステージ6で中断、2013年4月29日再開)なんとかステージ8まで辿り着いています。
かくなる上は、QQEnglishで今持ってるポイントで行けるところまでは行ってみます。
ステージ9までは入れると思うんだけど。。。

20130824

ステージ4で時間がかかっているのは、フルブックレビション(総復習)のため。
ステージ6もそうですが、ここは4か月くらいブランクがあったことも一因かと。
ステージ8もフルブックレビションがあるだろうから、結構時間を食うんだろうな~…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

学習時間など

カランメソッド、ただいまStage4半ば、時間にして28時間くらいなんですが、まぁやっぱり(予想はしていましたが)多少飽きてきました。
そんなに急にメキメキ上手くなるわけはないってわかっちゃいるんですけどね、何しろ根がせっかちなもので…。

こういう時は冷静に(?)計算をしてみることにしています。

自らの経験から、1カ月程度の語学研修に行ったくらいでは、箸にも棒にもかからないってのは分かってます(あ、ちなみに英語ではありません)。
1日5時間、4週間勉強するとして、1カ月の語学研修における総勉強時間は大体、

5時間×23日間=115時間
(まぁ実際は予習復習もありますが、それはノーカウントということで)

そして、1カ月の語学研修ではあまり意味が無いけれど、3か月くらい行くと良いよね、という声もきかれるので(語学以外の留学目的の人はその辺で大学に編入していく人も多いとか)、計算をしてみると、

115時間×3か月=345時間

まぁこの辺が目指す勉強時間ということになるのかな、と思います。
そして、一応、カランメソッドは学習時間1/4をうたっているので(ホンマかいな、とは思いますが)、単純計算で86時間くらいでしょうかね。

で、換算表を見てみると、、、当たらずとも遠からず、といったところでしょうか。

       累積学習時間
ステージ1 10
ステージ2 20
ステージ3 30
ステージ4 40 KET(外国人と何とか意思疎通できる英語力)
ステージ5 55
ステージ6 70 PET(英語圏で何とか日常生活が送れるレベル)
ステージ7 85
ステージ8 100
ステージ9 115
ステージ10 130
ステージ11 145
ステージ12 160 FCE(英語を日常使用する仕事に就きたい人向け)


まぁやっぱり基本的にはコツコツ積み上げなくてはいけない、ということだと思いますが、あまり素振りばっかりやっててもつまらないので(というか基礎的な訓練ばかりやってても実戦で使えるか少々不安なので)、少し普通の英会話も混ぜてみようかな、と色気が出ている今日この頃。
Brentという学校の無料レッスンを2回受けたら、初回はちょっとアレでしたが2回目はかなり良い感じだったので、カランに飽きたらレッスンを取ってみようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

久々に英語ネタ

4900790052DUO 3.0
鈴木 陽一
アイシーピー 2000-03

by G-Tools
4900790079DUO 3.0 / CD復習用
鈴木 陽一
アイシーピー 2000-03

by G-Tools

DUO、有名な本ですが、なぜか今までスルーしてきました。
一応、世間的には単語本なんでしょうが、単語を詰め込もうというつもりはあまり無く。
例文がよくできているという話もあり、あとは英語のアウトプットに役立てば、ということで導入を決定しました。

下のCDは別売りで、ナチュラル・スピードとスロースピードで読んでくれる基礎用なんてものもあるようですが、コンパクトな復習用で良いかなと。


もう少し暇になったらコンつめてやろうかとも思ってますが、なかなかね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

英語でTwitter!

4789013979英語でTwitter!
有元 美津世
ジャパンタイムズ 2010-05-25

by G-Tools

久々に英語の話題を。
しばらく前から、一応英語でつぶやくつもりでツイッターをやっておりました。
最近はヘタれてきて、ほとんど日本語になってきてしまっていたのですが。。。
一口に140字といっても日本語と英語とでは情報量が大分違うということもありますが(日本語の140字の方が情報量が多い)、一番大きな理由は面倒くさい、につきます。
……すみません。

そんな時に見つけたのがこの本。
色んなシチュエーションの色んな例文が載っています。

今つぶやくとすれば、例えば……

寝る前にお風呂入るなう。
→Taking a bath before going to bed.
(p.92)

ホント、寝ないといけないんだけど、この本、すごくいい。
→I really need to go to bed but this book is so good.
(p.93)
とか。


とりあえずは、

言いたいことは何もないけど、とりあえずつぶやくなう。
→I have nothing to say, but tweeting anyway.
(p.138)

くらいの気分でゆるーくいきます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

New Year's Resolutions

いつまでが松の内だっけ、まぁいいや、ということで新年の抱負@英語編。

今年は実践英語をやります。
去年くらいから英語を使う機会が微増しているのですが、今年はもう少し増えそうな予感。
「書く」と「話す」を頑張らねばー。
洋書読書は仕事の本を読んでるので、それで替えるということで。

ひとまず、「英語5分間トレーニング」のテキストを買いました。
NHK語学学習


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧